CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
<< 胡蝶の誘惑 アーサーズ・ガーディアン〜あなたをもっとしり、たくて〜 | main | マグロ第2話公開ですよー♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
美女と野獣と紳士〜愛と混乱のレストラン2〜
美女と野獣と紳士~愛と混乱のレストラン2~ (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 た 2-12)
美女と野獣と紳士~愛と混乱のレストラン2~ (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 た 2-12)

前作の感想より抜粋。

>理人のかわいいところを知ってどんどんメロメロになるがいい…。(`∀´)Ψ

呪い、効き過ぎた(笑)

理人のあまりの可愛さに前回から既にめろめろだった私やきっと同じように思われた他の読者さま方の念が強力すぎたのか、急展開でエライことになっております〜。

ドSにロックオンされたびくびく野ウサギちゃんは酷い目に遭うってことよね…(T∇T)

しかし!腹ペコオオカミさんにはちゃんとしっぺ返しもあるものですw
作者さまの尻馬に乗っかって言わせてもらうぜ!

次巻が出るまで反省し続けるがいい…ふふふふふ★

今回タイトルが長いから表題にはしませんでしたが、ゆちゅ的にサブタイつけるなら

『野ウサギのレゾンデートル』

ってことで♪

【あらすじ】
久我をシェフに迎え、再スタートを切ったフレンチレストラン『ル・ジャルダン・デ・レーヴ』。
「君が必要なんだ」――そう言って店を辞めようとした修司をなりふり構わず慰留した理人だが、彼には老舗の『ゴルド』を手中にするという野望があった。
食への興味を持たず、上司の叶の助力を得てそれを成し遂げようとする理人。
久我はそんな理人に対して嗜虐心と、心から料理を美味いと言わせたいという相反する気持ちが芽生えてしまう。
お互いを意識し合う二人。
ところが久我のフランス修業時代の恋人が店に現れて――

拍手する
相変わらず桃ちゃんに癒されています…♪(*´▽`*)

彼はホスピタリティに溢れたステキなギャルソンだなぁw
堅苦しいのは嫌いだけれど、こんなお店でなら特別なひとときを過ごしてみたいものです。

さてさて〜、またもや出遅れ班長ですがテンション高めでいきますよ!

前回でラブフラグは立ったものの、イケズなドSシェフ×ヘタレツンデレディレクトールの恋の道行は長くて険しそうだなあと思っていたのですが…なんにつけワイルドなシェフは恋愛方面もかなり野性的でした。

つーかほぼ頭で考えるより先に手ェ出しちゃってるよね!?(笑)

それでウサギを取り逃がしてたら意味ないんですけど〜。
ホントに反省とはあまり縁のない人生を送ってきたであろうことは想像に難くないけど、今後野ウサギと愛の巣を築くためにもいっぺん海より深く反省しやがれ、ですわ!

一作目でいろいろと謎だった部分が今回かなり明らかになり久我の元カノまで登場したわけですが、もっとガツンと絡んでくるかと思ったサラちゃんがほんとに当て馬扱いというか、彼女とのやりとりで久我の無神経さがあからさまになっただけでしたわねw

でもそんなサラちゃんにも無意識に嫉妬しちゃう理人がか〜わ〜ええ〜♪

夏バテのせいで弱っているのもあったのかもしれませんが、ドS久我に結構弱いところに無理やり触れられて頑なな外側に罅が入ってた理人は今回痛々しいくらいいろいろなことにかき回されてかわいそうでいとしくてたまらなかったです。

必死で取り繕ってた堅い殻を壊しといてそこから垣間見えるやわらかな部分に否応無く惹かれていっちゃう久我も、ほんとの自分を見せることに慣れなくてとまどうばかりの理人も見ていてじれったくてもやもやして激萌えた!!(笑)

お互いの気持ちもはっきりしないままキスだけが熱を帯びていく、不器用な恋愛がほんと胸キュンものでした〜♪

しかし近づいていく二人の距離に危機感を覚える人が。
そう、素敵中年・叶本部長です。

つーかさ、私叶本部長は絶対妻子もちだと思い込んでいて怪しいと思いつつ安全パイ扱いだったのに、いつのまに独身に!?
え!前から独身て書いてあった?私なに勘違いしてたんだろ・・・?

何か理人の父と関係があるんじゃないかとは思っていた彼に実はそんな過去があったなんて・・・それで20代で独身だった彼が男の子一人を影ながら援助し続けるというのは少々理由として心もとない気はしますが、今の感じを見ているとどうにも同情だけとは思えないなぁ・・・。

いつまでも落ち込んでる場合じゃないぞ、久我ァ!!(笑)

てゆーか、久我は理人がレストランを憎んでることは気付いててもその理由までは知らないんですよね?
それなのにいつでも理人の弱い部分にさっくり切り込んでいくのはまさに野生の勘なのかw

久我のように生気に満ちていて生きることを楽しむことにも貪欲なタイプは正反対のタイプの理人を見るともどかしくてたまらなくて、理人は理人で怖がりながらも久我に惹かれてるんでしょうが、捕食関係にあるような対極の二人は隙をみせたら食われちゃうしかないんですね、いまのところ。

一番弱い部分であると同時にすべての生きる支えでもあった父親に関する事実が明るみに出たことで壊れる寸前だった理人を、知らずに捕らえて隙だらけになったところをいただいてしまった久我。
それもこれも本能なのか、恐ろしい!w
いや、笑い事じゃないんですけど。

目の前で素敵中年に掻っ攫われた理人を無事取り戻すことが出来るかどうかは待て!次号です。
ほんとに反省だけならサルでもできるんだからしっかりして欲しいよ!
そしてかわいそうな子供のままの理人に暖かい場所と、美味しいごはんを食べさせてあげられるのは俺しかいねえ!くらいの勢いでことにあたらないと、相手は手ごわいぜ!(笑)

すごーく気になってた一と湯原の話もどうやら別に一冊書いていただけるようで楽しみが増えましたね♪

とりあえず久我がなるべく早めに反省をきりあげて理人をさらってくれるように、またみんなで夢の庭を眺めながらしあわせな食事ができるように今度はBLの神様にお祈りしておきます♪
ゆちゅらぶ♪ | 高遠琉加 | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
comment_area
こんばんは!
ゆちゅ♪さんの感想を読んで、またまた読み返したい衝動にかられてます(笑)。
最近は再読ばっかりで、新規作品を読んでないなー。

そういえば、私は叶本部長は元々独身貴族だと思い込んでました。
あれ?何でだろ?しいて上げれば、高遠さんの作風かなあ?
そして、叶本部長はシャレードのメルマガで不敵なコメント残していたので、余計に期待が膨らみます(笑)。
理人がというより、久我に反省と脅威を与える存在として強力な紳士が台頭してきたんだなあ、と思いました。
この作品も、続きが読みたーい!!
いずれにせよ、このシリーズは私の今年のマイベストの最有力候補です。

では!
comment_area
(..)φ tatsuki
2008/12/10 11:16 PM

comment_area
tatsukiさん こんにちは♪

多分本部長のことはよくある私の勘違いだったと思うのですが、前作の感想で「妻子持ち」と断定していることには誰も突っ込んでくれなかったよ…(T∇T)
不敵なコメント気になりますが、私はこーいう落ち着いたナイスミドル(そして多分企み系)は苦手なんですよねぇ…。
ただ、久我はほっとくと付け上がりそうな暴君の一面があるのでそれに対抗する抑止力としては頑張ってほしいな(笑)

続きが早く読みたいのはやまやまですが、桃ちゃんたちの生き生きしたお仕事ぶりはもっと長く楽しみたかったな〜。
ホント、結婚式じゃないフレンチに一度は行ってみたくなりました♪

コメント&TBありがとうございました!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/12/11 1:48 PM

comment_area
ゆちゅ♪さん、こんばんは〜

かなり出遅れちゃいましたけど、2008年そこかしこで目にしていたこの本の面白さを今頃知っちゃいました…!
いやぁもう激萌えしますね。
理人の必死なツンデレ武装がどんどん壊され、翻弄されている姿にキュンキュンしちゃいました。
でも、予想以上に重い展開で胸を打ち抜かれてしまいましたよ。
叶さんの衝撃の告白の威力がすごくて吃驚です。

うーん、生殺し状態でいつまで放置されるのか…。
早いうちにこのふたりの幸せな姿を見られるといいですね! 祈っておきますv

TBいただきます〜。
それではまた!
comment_area
(..)φ にゃんこ
2009/01/24 2:15 AM

comment_area
にゃんこさん こんにちは♪

私もこのシリーズはどちらかといえば麻生さんの挿絵に釣られて購入したクチですが、いやー面白かったですー!

>叶さんの衝撃の告白の威力がすごくて吃驚です。

前作でなんとなく理人のお父さんに関わりのある人なのかなあ?と思っていましたが、まさかあんな衝撃展開とは…いっそ理人パパ叶本部長愛人説のほうが平和だったなあ(´∀`)

シリーズは次の巻を待つのがつらいですが、久我にも反省させないといけないし(笑)じれじれと続きを待ちたいですね♪

コメント&TBありがとうございました!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2009/01/25 8:34 AM

It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
美女と野獣と紳士
某タイヤメーカーによる超高級グルメガイド本の発売日と、見事にガチでかぶってました(笑)。 シャレードさんはこの日に狙いを定めてきたん...
(^ー゚)ノ la aqua vita | 2008/12/10 11:04 PM
美女と野獣と紳士 -愛と混乱のレストラン2-
美女と野獣と紳士~愛と混乱のレストラン2~ (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫)高遠 琉加 二見書房 2008-11-21by G-Tools えぇぇ…! そんなと...
(^ー゚)ノ にゃんこのBL徒然日記 | 2009/01/24 2:15 AM