CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
<< 二者択一バトン | main | 逆の手バトン! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
交渉人は疑わない〜お待たせしました、召し上がれ♪〜
交渉人は疑わない (SHY NOVELS)
交渉人は疑わない (SHY NOVELS)
JUGEMテーマ:読書


前作の感想はコチラ♪

ちょっと奥さん!!一年半もまあ、よく待ってたものですよ!(笑)
しかし待たされた甲斐はあったな〜、大満足、大変美味しくいただきました♪

おりよくバトンで萌えをいろいろ語らせていただいたところなんですが、兵頭ってほんと私の好みにジャストフィットな攻なんですよね〜♪
読み返してみたら前作の感想にもちゃんと好き好き書いてあるな、よしよし(笑)
メガネだし、敬語だし、「先輩」っつーのもイイ!!理想の年下攻ですわ!!

感想もテンション高めでイキますよ♪出遅れだけど!

【あらすじ】
元検事で元弁護士、そのうえ美貌と才能まで持ち合わせた男、芽吹章は、弱き立場の人を救うため、国際紛争と嫁姑問題以外はなんでもござれの交渉人として、『芽吹ネゴオフィス』を経営している。
ところが、ひょんなことから高校時代の後輩で、現在は立派な(!?)ヤクザとなった兵頭寿悦となぜか深い関係になっている。
嫌いではない、どちらかといえば、好き…かもしれない、だがしかし!! 焦れったいふたりの前に、ある日、兵頭の過去を知る男が現れて!?

拍手する
おめでとう、兵頭!!よかったね!!!(≧∀≦)

今回はいきなりななつもサバをよんでホストとして登場したアッキー(笑)に「芽吹ネゴオフィス、とうとう潰れたのか!?」と失礼なことを考えたのは私だけでしたか?
それとも兵頭の怒涛の攻めに耐えかねて歌舞伎町に身を潜めてるのかと思いましたよwww

確かに年齢的には妥当でもキヨちゃんにホストはつとまらんだろーが、わざわざななつもサバよんで(←しつこい)ホストにならなくても黒服とかでよかったじゃん、アッキー!

とはいえホストアッキー指名してリシャールいれちゃう太っ腹ヤクザが楽しくていいぞ、もっとやれ!と心の中で拍手喝采ですけどね♪
依頼人がホスト、って本編の前フリにしちゃ面白すぎるんだもん(笑)

しかしこうやって芽吹がホストの仕事を経験していて女性客との絡みや華やかに見える世界の裏側を理解して仕事に当たるんだ、という前提があるとないとじゃ話の深みが違ってくるんじゃないかと思うので、やはりそこを説明くさくしないで読者が入り込めるエピソードをさらっと絡める榎田さんの手腕はさすがだなぁ、と思います。

今回の依頼人であるホストの溝呂木は兵頭と過去に因縁のある相手で、芽吹の事務所で顔を合わせた時から一触即発状態に。
しかし何があっても依頼人優先の芽吹に事務所を追い出される間際の兵頭に溝呂木が吐き捨てた言葉は「――この人殺しが」というショッキングなものでした。

ここで芽吹は過去兵頭が自分を可愛がっていた兄貴分を殺して服役していた事実を知ります。
溝呂木はその兄貴分の実の弟で、ヤク中で暴れて内縁の妻を殴るようになってしまった兄を兵頭がわざと殺したと思い込んで憎んでいるのです。

たまたまもみ合いになって窓から落ちた先に運悪くマンションの柵があり、そのせいで命を落としてしまったという不幸な偶然だったのですが、ヤクザでも兵頭だけは他と違うと思い込みたがっていた芽吹は過失でも兵頭が殺人を犯した過去に動揺します。

でも芽吹のいいところは立ち直りが早いところ。
立ち直ってなくても立ち直ってるふりをして、そのうちほんとにちゃんと前を向けるところですよね。
落ち込んで立ち止まってても過去は変えられないし、そうしている間に未来を変えるチャンスを失ってしまうことのほうが怖い、ってちゃんと知ってるんだと思う。

それは今回の依頼者である溝呂木に対しても同じで、実は溝呂木が芽吹に近づいたことには裏があり、調べていくうちに明るみに出た今までの行状はかなりひとでなしな行為も平気でやってきたクズのような男なんですが、それでも芽吹は最終的に溝呂木を信じることに決めます。

溝呂木が芽吹についたたくさんの嘘の中から自分でひとつだけ隠されていた真実を見つけ出し、果てには溝呂木自身にすら知らされなかった事実にもたどり着いた芽吹。
この人は本当にお人よしなんですよね。

まずは疑って掛かる、というのでは決して見つけられないものを芽吹が手にすることができるのは、人を信じているから。
人が変われる力を持っていることを信じているから。

そういう芽吹に兵頭は絶対適わないと思い続けているんだろうなあ。
兵頭が芽吹に敬語を使っててちっとも儀礼的に感じないのは、兵頭自身が心底芽吹の男気に惚れて敬意を抱いてるからだと思うんですよ。

それなのに色男、金と力はなかりけりの典型で芽吹ってば腕力ないしどっか抜けてるでしょ?w
だから兵頭や七五三野みたいに例外的に金も力もある色男がほっとけなくなっちゃうんだろうなぁ♪

しかし腕力ないぶん頭と人脈を有効利用する術を知っているしたたかなこの人は、案外猛禽ちゃんなのかも?
男三人振り回したうえノンケも勃たせてましたね!!(笑)
そして鵜沢父との交渉っぷり!!ラストの鮮やかな手腕にはしびれたよ!!

ところがようやく一件落着かと思ったところでまたもやマリオのバカが〜!
チンピラともみ合って窓から落ちかけた芽吹を助けた兵頭は、そのことでトラウマを刺激されただろうけどこれがひとつのカタルシスになっているんではないかと。
あの時大事な人を助けられなかった自分が、最愛の芽吹を今度は助けられたことで救われるものがあったんじゃないかと思います。
芽吹はわざと落っこちかけたわけじゃないと思いますが、こうしてますますワンコ兵頭をとりこにしていくんだね!(榎田さんはほんとそゆとこ上手いな、多少あざといけど)

さて、溝呂木を匿う条件としてとうとうセカンドヴァージンを差し出すことを約束しちゃった芽吹ですが。

だいたいその約束してたのだってめっちゃ普通に舎弟の前ですよ?
そら姐さん言われるわ!(笑)
兵頭はもういまさらだけどさあ、芽吹・・・前作のナイーブで壊れかけてた高校時代の片鱗も見えんよ。
臆面もなく「俺たちセックスしまーす♪」って宣言してんのと一緒ですよ?つーか宣言してんのかw
兵頭、絶対舎弟たちに「まだヤラせてもらってなかったのか・・・」って同情されてる!同情されてるよ!!

でね、二人の間の認識にはけっこうな差があるわけですが、やせ我慢してスネてる兵頭がかわいいの〜♪
ああ、もうこーゆーとこ年下だよね!
普段どんだけ俺様な態度取ってても結局いつも自分抑えて退いちゃって、芽吹の気持ちにはちっとも自信が持てないでいるんですね。

そんな兵頭が、とうとう報われましたっっ!!
おめでとうおめでとう、よかったね!!(T▽T)
前作の時どれだけ「早く兵頭が本懐遂げられますよーに♪」ってBLの神様にお祈りしたことか!(笑)

いや、私から見れば前からじゅーぶんラブラブバカップルだったんですけど、もう今回は初手から甘あまだったじゃん!芽吹、兵頭に許しちゃってるじゃん!ア○ル以外は!

心もカラダもいつのまにか準備万端整えて、そろそろいいかなぁ〜?ってホント、あきら、アンタって子は!!(笑)
・・・やっぱ猛禽やったん?www

それでもいっぱい好きって言ってもらってさ、兵頭甘やかしてもらってるなぁとホント嬉しくなっちゃいましたよ、バンザイ♪←すみません、妄想でした(笑)

ラストのさゆりさんモノローグもいいんですよね〜。
兵頭のことは、まあ真相はそんなことだろうと最初から思っちゃいましたが。
兵頭、いいやつだなぁ。まあそーなると溝呂木はともかく兵頭があそこまで溝呂木を嫌うのは単にほんとにウマが合わないんだなw

ところでこのシリーズ、まだ続くんですってね!!わーい♪
今回組長がちっとも出てこなかったのも残念ですし、兵頭と七五三野の対決も見てみたいし、なによりキヨちゃんと智紀のデコボココンビ(?)のロマンス(で、いいのか?)の行方も気になります♪

次回は一年半も待たなくていいみたいだしね!!
これからも楽しみでーす!!
ゆちゅらぶ♪ | 榎田尤利 | comments(12) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
comment_area
ゆちゅ♪さん、こんばんは!

私も相当盛り上がってしまいましたが、

>おめでとう、兵頭!!よかったね!!!(≧∀≦)

今作はその一言に尽きますね。あの後帰宅をした兵頭は、舎弟達とともに、リアルにお赤飯でお祝いをしているような気がします。(笑)

さゆりさんのやんちゃ時代や、キヨと智紀の今後も気になりますが、この作品に続編予定があるのは嬉しいですね♪

ではでは、TBさせてくださいね!
comment_area
(..)φ ハスイ
2008/11/07 7:40 PM

comment_area
某所で開催中の3Pアンケートで、好きなパターンとして「ふたりがやってて、ひとりがそれを見ている(もしくは手伝っている)」と書いた私。
「オススメ作品は?」の設問で「あったら教えてくれ」と書いた私。

ここにあったYO★ヾ(≧∀≦)ノ

いやあ、久しぶりにエロで萌えまくっちゃったよ!
そのときは本番はなかったけど、そんなのぜんぜんノープロブレム!
溝呂木くんか〜わいいw(←そこかい)

このシリーズ初読みですけど、おもしろかったです♪(榎田さんは当たり外れが大きいからなかなか買えないんですけど、今回は全サにつられました)
攻めも受けもカワユス〜。
私特別年齢差萌えってないし、敬語萌えもないんですが、「敬語+あんた」コンボには弱いのっ!
兵頭イイよ!

>「まだヤラせてもらってなかったのか…」って同情されてる!同情されてるよ!!

ぎゃはは!
でもきっとみんな、そんなボスが大好きなんだよ(笑)。
お赤飯おいしかっただろうなあ。
comment_area
(..)φ くろみみ
2008/11/07 11:35 PM

comment_area
ハスイさん こんばんは♪

>リアルにお赤飯でお祝いをしているような気がします。

それどころかホールケーキにローソクたてて兵頭がドアを開けたとたんクラッカーの嵐でもって迎えられてもこいつらならやりかねん、と納得してしまいそうです。
伯田さんには尾頭付きの鯛でも焼いていただきたいものです♪

頭からクラッカーのテープを垂らしていてもきっと兵頭はいい男♪

…すみません、悪ノリしすぎました。そのくらい浮かれてます♪
浮かれてコン〇ーム付け忘れた兵頭くらいは浮かれてますよ!
さすがエダさん…エロにまでオチをつけてくれますね(笑)

シリーズがまだ続くということで私も赤飯炊きたいくらいですが(赤飯好きなんです)次回はぜひ組長を!じじラブ派の切なる願いです。

コメント&TBありがとうございました♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/11/07 11:54 PM

comment_area
おみみちゃん こんばんは!

>ふたりがやってて、ひとりがそれを見ている(もしくは手伝っている)

おおお、さすがシバリーヌ様!ドS!(笑)
私も某3Pアンケートに熱くサンドイッチ萌えを語りにいったらエラー出て投稿できなかったヨ(T∇T)
ほとぼりさめたら再チャレンジ!(笑)

ところで兵頭、かわいかろう!そうそう、「あんた」もいいのよ〜(≧∀≦)
これ前作読んでないの?
芽吹が壊れる前のせんしちぶなティーンズラブ♪も味わえて一挙両得よ。
前作からの破裂しそうな(どこが?)我慢ぶりを見ると今回の兵頭が余計いじらしくて愛しくなるよ(笑)

ブクオフでいいからゲットして読んであげて〜♪
赤飯赤飯書いてたら久しぶりに「赤飯まんじゅう」食べたくなってきたなー。
おみみちゃんとこにも売ってる?(笑)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/11/08 12:07 AM

comment_area
>ふたりがやってて、ひとりがそれを見ている(もしくは手伝っている)

あのね、これはね、アンケートには書かなかったけど、「見ている人」(溝呂木にあたる役)がメインなんですよ。
SMだったら、「アンタはそこで見てなさい」って放置プレイ中なの。
緊縛されて「待て」してる目の前でイチャコラされてごらんなさいよ、Mならハァハァしちゃうこと間違いなし!(≧∀≦)

露出狂の受けが無理やり見物人用意して、見たくない、けど見ずにはいられない、人前でやるなんてやだ、でももう止まらない(笑)とほかのふたりがビビりつつも否応なく協力しちゃうというパターンも好きですがいーかげん私もいばら道だよねほんとに(笑)。

サンドイッチもいいよね…同盟作りますか(笑)?
受けを通すことでしか愛しあえない攻めふたり…。
萌えます…。

あ、うち赤飯まんじゅうは扱ってないです〜。
ちなみにお赤飯は予約制なので、「うちのボスがついに本懐を遂げた! 赤飯用意しろ!」と駆け込まれてもすぐにはご用意できません、あしからず。
この時期は予約多いんだよ〜、七五三で。
comment_area
(..)φ くろみみ
2008/11/08 1:02 AM

comment_area
ゆちゅ♪さん、こんにちは(^-^)!
『交渉人』シリーズも面白いけど、ゆちゅ♪さんの感想(想像)も素敵〜(≧ω≦)b

事後の祝いっぷりがマジにあり得そう(爆)で…ホールケーキにローソクとかクラッカーの嵐とか尾頭付きの鯛とか…吹き出しましたよ〜。
業務日誌みたいなものに、『ボス本懐遂行祝い』とか書いてる奴居そう…。
もちろん写真も撮って、伯田あたりが芽吹ネゴオフィスに持参するのよ♪
comment_area
(..)φ まるあ
2008/11/09 11:28 AM

comment_area
シバリーヌ様、お預けプレイなら2Pで!
私これはタイマンなら割と萌えシチュなんですけど!(笑)

ヘタレMを緊縛しといて目の前で見せつけながらオ〇ニーショウとかはむはー!(*´д`*)ですが、メインが「見ている人」の3P放置プレイはなぁ〜。

って、時々あたいは一児の母としてゆちゅぴんにとても申し訳なくなるよ…(T∇T)

サンドイッチ同盟はぜひ!(笑)
これは真の攻×攻の愛を模索するためにこれからも訴えていくよ!(≧∀≦)

赤飯まんじゅうは時々食べると美味しいです♪
まあ赤飯は予約でないと炊くの時間かかるもんねえ。
でも二人が部屋にしけこんだ時点で電話しとけば兵頭が事務所に戻るまでには用意できるよ!
折り紙の輪っかで飾り付けもバッチリ♪

ぜひパーティーの模様をハンディカムで録画して芽吹に送りつけるくらいして欲しいですw
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/11/09 7:12 PM

comment_area
まるあさん こんばんは♪

こんなあほな想像…てゆーか妄想にご賛同いただきありがとうございます♪

業務日誌!業務日誌いいですねえ(笑)
兵頭が見たら怒るどころかボーナスの査定があがりそうです♪
写真も伯田さんがいそいそとアルバムにしてくれたりしたら嬉しいですね〜。

だってさ、もともと事務所に常務の想い人(♂)の特大ピンナップ貼ってあった会社ですからね…あながちあほな妄想だけじゃないかも!って思いますよね(≧∀≦)

あ、バトンとまとめてあとでこちらからもお伺いします!
よかったらTBとかも遠慮なく飛ばしちゃってくださいね♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/11/09 7:24 PM

comment_area
こんにちは、ゆちゅ♪さん。

かなり周りから出遅れて読みましたが、まさに「やったねvv兵頭」でした。

H、気持ちよさそうでしたね。

しかし、その記念すべき1枚を写メし損ねたとは、用意周到な兵頭らしくなくておかしかったです。そう思うと、本のタイトルのイラストが芽吹の寝顔写メなのは、兵頭の執念を感じましたよ〜。

七五三という、なかなか面白そうなキャラも噛んできて、ますます盛り上がってきたこのシリーズ。今から次回作が楽しみです。

TB、よろしくお願いします。
comment_area
(..)φ
2008/11/10 2:41 PM

comment_area
桃さん こんばんは〜♪

今回兵頭はカメラを用意しわすれる、コン〇ームをつけわすれるその余裕の無さが愛おしいのですよ〜ん♪
それに下手にハメ撮りを遂行していたら途中で殴られて逃げられてまたお預けだったかもしれないし…(-_-ι)
ま、チャンスはこれからいくらでも!(笑)
翌朝のかわいい寝顔はしばらく待受になってそうですね♪

二人の仲もしっくりきて、次からの夫婦漫才がますます楽しみです!(≧∀≦)

コメント&TBありがとうございました♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/11/11 12:48 AM

comment_area
お言葉に甘えてまたお邪魔してしまいました♪

私のいいたいことをゆちゅさまがすべて書いてくださっていて、そうそう、そのとおり、とうなずきながら読ませていただきました♪

このシリーズは一年に一回くらいでいいからぜひずっと読みたいと思います。まずは次が楽しみですね〜。
私もアレ、待ち受けにしちゃおうかしら(爆)。
comment_area
(..)φ いもこ
2008/12/07 1:26 PM

comment_area
いもこさん こんばんは!

過分なお言葉ありがとうございます〜♪
私などまったくたいしたものではありませんのでどうぞ「さま」づけはおよしになって〜、またいつでもお気軽に遊びにきていただけたら嬉しいです。
まあ大半トンチキ記事なんですけど(T∇T)

待受はぜひチャレンジしてみてくださいよ(笑)
謹んで勇者の称号を進呈いたします♪

…私も今ロマンチカのFlashなんで人様に見せられないんですけどね…(-_-ι)

コメント&TBありがとうございました!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/12/08 12:37 AM

It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
交渉人は疑わない
交渉人は疑わない(2008/10/30)榎田 尤利商品詳細を見る 【あらすじ】 元検事で元弁護士、そのうえ美貌と才能まで持ち合わせた男・芽吹章は、...
(^ー゚)ノ +synapse∞type-bee+ | 2008/11/07 7:40 PM
交渉人は疑わない
交渉人は疑わない (SHY NOVELS 213)榎田尤利/著 SHYノベルズ 待ってましたvv『交渉人は黙らない』の続編となります。 前回の感想は<こちら>です。 前作に続き、交渉人を仕事とする芽吹の弁舌は絶好調。今回は、芽吹の人間としての懐の深さに惚れ惚れとしまし
(^ー゚)ノ 桃の楽園 | 2008/11/10 2:41 PM
『交渉人は疑わない』榎田尤利
シリーズ前作(『交渉人は黙らない』)から待つ事およそ1年半。 当時はそんなに待たなきゃなのかぁ…って思ったものの、気がついたらあっという間に発売日でした(笑)。←その間に他のBL本にうつつを抜かしてたから? 挿絵の奈良さんの絵柄が変わってしまって残念(前
(^ー゚)ノ 仮タイトルって事で(笑) | 2008/11/11 8:23 PM
交渉人は疑わない 榎田尤利著(SHY NOVELS)
で、二作目。 さらにコメディ化が進んでいる・・・。ほんっと面白いわ。 芽吹のセルフつっこみにはさらに磨きがかかり、下っ端くんたちの...
(^ー゚)ノ 神保町の片隅で | 2008/12/07 1:28 PM