CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
<< イカせてやるぜ、プリンス!〜蝶宮殿の王子様〜 | main | 年頃バトン! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
オオカミさんと子羊ちゃん♪〜天使の祝福〜
天使の祝福 (ARLES NOVELS)
天使の祝福 (ARLES NOVELS)
花川戸 菖蒲
JUGEMテーマ:読書


ビスクドール・シンドローム」のスピンオフです♪
といってもそちらのシリーズを読んで無くてもまず問題はないかと。
ただ前作を読んでた方なら桃原がどれだけ藤池にアタック(?)しようと心配はいらないんだよ!!と心の中でひかりを励ますことができるという、まあそんなもんですwww

【あらすじ】
黒髪で澄んだ瞳をもつ“清楚で可愛い”幸田ひかりは、大好きな幼馴染の桃原相手に十二年も「兄弟ごっこ」を続けている。
優しくてかっこいい「兄」が無自覚にひかりをドキドキさせても、恋人を紹介されて胸が痛んでも、ひかりは「弟」をやめるつもりはなかった。
弟ならずっと傍にいられる――。そう思ったから。
でも桃原は栗色の髪と瞳をもった綺麗な男を「理想」といい始めて……。
悲しいくらい純粋な片恋の行方は!?

拍手する
これ以上なくいつもの花ちゃんテイスト全開なお話かと〜w
テーマは一貫して「大好きだからずっと一緒」、これです。

しかしひかりの場合は近すぎる関係の近所のお兄ちゃんにうっかり恋心を抱いてしまったことから、実に自覚してから十二年もの長きに渡り「大好きだからずっと一緒」を物理的に実行するために涙ぐましい努力を続けてきたんですね。
しかも恋を実らせることは諦めたまま、です。

二人の関係は実際にけなげでかわいいひかりの一方的な努力によって成り立っているといっても過言ではないと思うのですが、健全で単純な「お兄ちゃん」桃原はそのひかりの努力にはまるで気づいていません。
だからって想いが一方通行なわけではないんですよ?
桃原はひかりのことを「大事な弟」としてこのうえなく愛しています。

でもさー、見るからにこのひとたち、普通の兄弟なんかではないよ?
普通の兄弟は弟が25にもなってていっしょになんか、寝ないよ?

あくまで弟としか見てくれないのに、過剰すぎる桃原の愛情にひかりも息切れ寸前だったんですね。
そこにある誤解が生じて、ひかりは桃原が男を好きになったと思い込み、今までどんなに苦しい想いで恋を抑え付けてきたか、爆発しそうになってしまいます。

ギリギリだったひかりがぽろっとこぼしてしまった言葉で桃原はひかりの恋心に気づき、お兄ちゃんどうすればいいんだぁ〜っ!!とうろたえますww
まあね、ほぼ兄弟同然に過ごしてきていままでそんな素振りはかけらも見せなかった(と桃原は思っている)のに、そりゃパニくりますよねー。

でも何度も言うが普通の弟は兄のためにビーズストラップなんか手作りしてくれない!
こんなにかわいくおにいちゃんを慕ってなんかくれないぞー!!(笑)

つまりハタからみてれば今までだって年下のコイビトを猫かわいがりしてるようにしか見えなかったんですが、まあありがちといえばありがちなきっかけで、酔いつぶれて同僚に送られてきたひかりを見て桃原はキレてしまいます。

「兄です」と紹介されて「違うっ!」とか叫んでるしねー。
やっと気がついたか、ニブチンめ。

しかしこの人はそこからがすごかったよw
お互い兄と弟みたいに想いあって、そのままのふたりで恋してたことに気がついたんだから無理せず恋人になっちゃえばいいじゃん?と普通なら思うんですが。

一から手順を踏んでやり直そうとする桃原、まったく意図の通じていないひかり。
このあたりのギャップも面白いんですが、なにより本命デート仕様の桃原、キモチ悪いんだよ!!!(笑)

それまで散々アウトドア派でおうちっこのひかりを外に連れ出そうとしたり焼肉屋に引っ張っていってた男が妙にキメてイタリアンに誘ってみたり。
どうせ食事のあとは徒歩一分の近所のアパートに帰るのに「まだ早い」とかいってタクシー同乗を拒んでみたり。
ギャグか、ギャグなのか!?と桃原の行動のキザっちいアレコレに悶絶しましたw

でもさー、途中であれ?と思ったんですけど、これってやっぱり兄弟みたいに育ってきた二人が大人の関係になるにはとっても効果的な演出なんですよね。

確かにそのまま兄と弟みたいに仲良しのままでも恋人同士にはなれると思います。
でも自分がひかりをちゃんと一人の男として捉えて、恋人として、欲望の対象として見ることができたときひかりにも兄じゃないってことをきっちり教えとかなきゃならないんですよね。
自分はやさしいだけのお兄ちゃんじゃなくてちゃんとひかりを愛してる男だから甘えても許さない部分があるよ?って。
兄なら泣いたら慰めてやるけど、ひかりが泣いても最後まで食うよ?ってことをね♪

そう思うと桃原ってもうひかりのまるごと全部手に入れなきゃすまない、なんて貪欲なオスなんだろうって思うんですよ。
結局自分でもかわいくてかわいくて、かわいすぎて手を出せないひかりが美味しく食べごろになるのを無意識に待ってたんじゃないか、って結論だしてますしね。
二人の初えっちはもう、飢えたオオカミさんと子羊ちゃんのまんまで笑えましたw・・・じゃなくて、赤ずきんじゃん!オオカミにだまされたのは!
・・・ま、いっか。

たぶん、もっと早くにひかりが諦めて手を離そうとしたり他の人間にちょっかい出されたりしてたら桃原は大慌てで手ェだして幼かろうがなんだろうが自分のものにしちゃってたと思うんですけど。
ひかりがムダに我慢強いのが災いしましたね〜ww

しかし藤池に対抗するためにちょっとイメチェンして綺麗になっちゃったひかり。
ラブラブ恋人同士になってもこれからの桃原はうかうか油断してられないんじゃないでしょうか?(笑)
今まで土偶になるほど泣かされた分、強力なライバルが登場したりして桃原がヤキモキしたりなんかするとちょっとスッキリしそうなんだけどなぁw
せいぜいかわいい恋人の心配するがいいよ、お兄ちゃん♪

ゆちゅらぶ♪ | 花川戸菖蒲 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
comment_area
ゆちゅ♪さん、こんばんは♪

ようやく届きまして、昨日読みました!
やっぱり花川戸菖蒲さん、好きですー。

>キモチ悪いんだよ!!!

爆笑。
そうそうそうそう!
私も思いましたよ、フェロモン垂れ流し(?)大人の本気教えてあげるモードの桃原は、なんかちがーう!
太陽の下が似合う男が、夜の帝王に(笑)
いや、でもこれが功を奏してますけどね。
確かに、桃原なりに、ひかりに本気で向き合うために考えた策だったんでしょうけど。
・・・でも、笑いました(笑)

>今まで土偶になるほど泣かされた分、強力なライバルが登場したりして桃原がヤキモキしたりなんかするとちょっとスッキリしそうなんだけどなぁ

そうですね、桃原にもちょっとはやきもきしてほしいですよー。
あんなにひかりはがんばったんだしー。
ということは、ハガキ出さないといけませんかね・・・。
愛読者ハガキがいかに重要かわかりましたけど、ちょっとハードルが高いです、私には。

今月は二冊も花川戸さんがでて嬉しいですよ!
でも、そろそろ便利屋さんが動き出してくれるといいですよね。

それではTBお願いします♪

comment_area
(..)φ
2008/06/30 7:50 PM

comment_area
棗さん こんばんは♪

>大人の本気教えてあげるモード

やー!だってマジで布団の上で転げまくりましたよ!(笑)
何が取り付いたの!?って(≧∀≦)

私も愛読者ハガキとかアンケートとか出したことないんです…私にできるのはBLの神様にお祈りするのみ!おりゃー!(≧д≦)

朱鷺色の続きはまだ読んでないんですが、あっちは泣ける準備とかしとかないと、と思って〜!
便利屋さんも続き読みたいですよね♪
そ、それこそ愛読者ハガキがいるんだったか…!

コメント&TBありがとうございました!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/06/30 8:30 PM

It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
天使の祝福:花川戸菖蒲
天使の祝福 (ARLES NOVELS)花川戸 菖蒲Amazonランキング:1070位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <あらすじ> 黒髪で澄んだ瞳をもつ“清楚で可愛い”幸田ひかりは、大好きな幼馴染の桃原相手に十二年も「兄弟ごっこ」を続け
(^ー゚)ノ 雪月花 | 2008/06/30 7:05 PM