CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
<< Swing!Swing!Swing! | main | 5月の購入記録 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
NOW HERE〜ずっとここにいて〜
NOW HERE (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
NOW HERE (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
木原 音瀬
JUGEMテーマ:読書


木原さんのオッサン受でーす♪
楽しみに楽しみに、そりゃもう楽しみにしてましたよ、ぐふ★(≧∀≦)

そんでまたツタさんの描くオッサンのオッサンらしいこと!素晴らしいです!

表紙の淡いトーンで描かれた生気も髪も薄そうな、くっきりしてるのはシワだけというオッサンもさることながら、挿絵も鼻メガネやらアームカバーやら曲がった背中やら胸元に浮き出たアバラやら、これぞオッサン!という描写のいちいちがステキすぎます!
オッサンのスペシャリストだよな!(でも私ヘブンの館長は苦手。自分の可愛いげをわかってる腹黒いオッサンはNGだ!)

はあはあ、熱いぜ、オッサンに★(≧д≦)

でもやっぱり世間的に50歳童貞受はキツイのかな〜、萌えないかな〜?

同人誌よりさらに4歳も年齢アップという、このチャレンジ精神!
いいぞ、ホーリーノベルズどんどんハードル上げてくれ!(笑)
俺達の愛を試すがいいさ!(←ムダに挑戦状たたき付けるのはやめれ)

【あらすじ】
朝目覚めると、福山の隣にみすぼらしい中年の男が眠っていた。
酒に酔ってお持ち帰りしたらしい。
見覚えのある顔、細い綺麗な指。
…男はなんと、福山が勤める会社の経理部の部長・仁賀奈だった。
仁賀奈は五十歳の今まで童貞で、女性は勿論男とも付き合ったことがないという。
初心で化石のような男が新鮮で、福山は「年下の可愛い恋人」として付き合い始めるが…。

★特記事項:素股アリ(笑)
これ初出は2005年からの3回に渡って同人誌に掲載されてるんですね。
以前お友達からお借りした際に「読みっぱなしはいかん!」と一言感想を書き付けた“マイ木原メモ”があるのですが、なんせ鳥頭ですから程よく細部は頭から抜けています。
今回読了後にメモを引っ張りだして見てみたら最後の方の展開はけっこう違ってました。

どんな風に終わったか覚えていなかったものの、あまり幸せなイメージではなかったような気がしていてノベルズ化にあたりどうなのかな…?と心配していたのですが、今回はバッチリラブラブでした♪
そうか〜、同人誌の方は仁賀奈の気持ちが煮え切らないまま、福山に押し切られちゃったのでラストが曖昧なイメージだったんですね。

えっと、年齢も上がってるけど一応ラブ度も一緒に上昇してるみたいです。
展開としてはちょっと精神的にキツイ部分が減らされて、けっこう読み易くなってるんじゃないかな?
まあ毒気が抜けて木原さんにしては全体にヌルめに仕上がっているのでちょっと物足りないかな?と思わないでもないのですが。

この作品のオッサン、仁賀奈は地味でつまらない真面目だけが取り柄の純情青年がそのまーんま地味でつまらないオッサンになった、一途で純情だけれども小心で卑屈で年相応のズルさも持ち合わせる情けない男です。

攻の福山にいたっては見た目のよさに奢って、自分を愛してくれた相手をことごとく踏み付けにしてきた嫌な野郎で。

泥酔してうっかり手を出してしまった職場の上司とトラブルになるのを避けるためにあれこれ策を巡らせますが、いつの間にかミイラ取りがミイラになってしまい、本人もありえない!と思いつつ、もがけど抜け出せない恋の泥沼に為す術もなく嵌まっていきます。

最初は単なる好奇心だったセックスも、美しくもなんともないただのオッサンなのに性的なことにはまるきり初心な仁賀奈の初々しい反応にどんどんのめり込んでしまうんですね〜。

しかし、今まで付き合う相手を蔑ろにしてきた福山にとっても初めて味わう蜜月は、仁賀奈によって突然あまりにもキッパリと拒絶されてしまいます。

読んでて福山って、自分の都合でしか物を考えてなくてヤなヤツ〜!とずっと思ってたんですが、結局自己チューなのはお互い様。

特に福山はどんどん仁賀奈を好きになってしまってから、実は仁賀奈が自分を好きなハズだというのは全くの勘違いだったことでプライドも傷つけられただろうし、初めて振られた痛みも相当のものなんじゃないかと思います。

常に仁賀奈に対して「〜してやってる」というスタンスでいた福山の自業自得ではあるんだけども、ダメだと思いつつ期待することをやめられないで仁賀奈の動向に一喜一憂するのが可哀相で可愛くて。

いくらヘタレ受オッサンスキーの私でも仁賀奈酷い!(T∇T)と福山に同情してしまいましたよ…。

でもね、情けなくてもズルくてもそんなことわかっててそれでも好きで好きでどうしようもないんですよね。泣いて縋り付いてどんなにみっともなくても引き留められればそれでいいと思うくらい。

欲をいえば二人がちゃんと気持ちを通じあってからがかなりあっさりなのでもうちょっとラブラブを堪能させていただきたかったな…ergoのアンケートにはもう間に合わんだろうか?(笑)

しかし50歳オッサン受といっても描写こそ控え目ですがわりと福山は容赦なくて、けっこうえっちあります。
オッサンな身体を労っての素股なんかもありましたが、仁賀奈に夢中でメロメロな福山は朝まで絡み合ってたりとか入れっぱなしだったりしていて、仁賀奈ただでさえ精気薄そうなのにこのままじゃ干からびちゃう!とか身の危険を感じたんだな、きっと(笑)それで捨てられたんだ!(≧∀≦)
敬老精神は大事だぞ♪

しかし今回あらためて木原メモを見返すと木原さん、ほんとにオッサン率高いな〜(笑)
自分の感想メモがまた…

『オヤジ受ベリキューッ!!…(中略)あんあん♪可愛くあえぐ愛らしいオヤジを見たいものだ…』

なんかもう、痛すぎるね!
オッサニストの病は深いようデス…(T∇T)

拍手する
ゆちゅらぶ♪ | 木原音瀬 | comments(8) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
comment_area
ゆちゅさん、

ゆちゅさんの感想メモに大爆笑です。
「痛すぎるね」って(笑)。
素直な感想ですね。
私も見たいものです。
NOW HEREで、にがなサンがのあえぎが、「おっ」とか「うっ」とか色気のないものだった、ってとこには笑えましたけどねー。

TBさせていただきました♪
comment_area
(..)φ ふうう
2008/06/02 1:05 PM

comment_area
ゆちゅらぶ♪さん、こんにちは〜

いやぁ、オッサンだからツタさんの挿絵だったのかーと妙に納得してしまいました(笑)
ツタさんの描くオッサンは、容赦なくオッサンなんだけどかわいげがあって、「よいオッサン」だと思います。

同人誌のときとはちょっとラストが違うんですかー。
確かに木原先生にしてはヌルいですが、オッサン萌えが無い私にとってはこのくらいがちょうど良いですヨ!
あまり容赦ないと楽しめません…。

ということで、50歳童貞オッサン、美味しく頂きました♪
TBさせていただきますね。
ではでは〜
comment_area
(..)φ にゃんこ
2008/06/02 5:39 PM

comment_area
ふううさん こんばんは♪

福山は最初はともかく今は仁賀奈の「白髪ひとすじ、シワひとすじすらも愛しい♪」と思ってるだろうから「おっ」でも「うっ」でもノープロブレムでしょう♪

ブログに感想書く場合にはやっぱり多少表現控え目にする場合もありますが(あれでか!?)メモは読んだ直後の萌えの迸しりなので(笑)激見苦しいですよ〜(≧∀≦)

コメント&TBありがとうございました♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/06/02 10:11 PM

comment_area
にゃんこさん こんばんは♪

ドラマCDにとってBGMが大きな役割を果たすように、BL小説に挿絵は重要ですもんね〜!
今回は挿絵の魅惑のオッサンイラストで木原さんの小説がいっそう燻し銀の魅力を放っていましたね♪

同人誌の方ではどうにももやもやが残る結末だったので私も二人がちゃんとくっついてくれてよかったと思いました〜(*´▽`*)
しかし50歳童貞はやはり最高齢でしょうかね?(笑)

コメント&TBありがとうございました〜♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/06/03 12:31 AM

comment_area
ゆちゅ♪さん、こんばんは〜

この作品、半分以上は同人誌のほうで読んでいたため、ラスト等は違うけど展開はわかっておりました。
しかし、ツタさんのイラストでそんなこと帳消しとなっております。
仁賀奈のプチシルバーぶりが素晴らしいの一言です。
木原作品のイラストは素晴らしいのが多いので、そういう意味でも楽しみだったりします。

TBいただきましたので、よろしくお願いしますね。
comment_area
(..)φ はーこ
2008/06/04 12:13 AM

comment_area
はーこさん おはようございます♪

作品の感想を書くだけでは飽きたらずシルバーアンケートまで作ってしまうはーこさんのシルバーへの愛、お見それいたしやした!
私も恥ずかしがらずに精進したいと思います♪

木原作品はそういえば絵師さんにも恵まれていますよね。あんまり合わない…とか思ったことないなー。
今回のツタさんはまた格別でした(笑)
はーこさんのシルバーアンケート、結果を楽しみにしてますね♪

コメント&TBありがとうございました!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/06/04 7:56 AM

comment_area
続けてこちらもTB送りっぱなしですいません!

いや〜とうとうゆちゅ♪さんも素股の国へようこそ!

50歳童貞受、ツタさんの挿絵がイメージ増幅装置になって、仁奈賀を美形だと思い込もうとしたBL腐女子に枯れおやじっぷりを叩き込みましたね。

読んでる間は、福山の勘違いっぷりにイラっとしてましたが、後半、俄然可愛くなってしまった。
好きなのか〜そうかそうか、という。

同人誌のときはまだ40代受だったんですね…それが今回は半世紀。でも可愛いおっさんに見えるだなんて、おそるべし木原マジック。
comment_area
(..)φ あねこ
2008/06/06 10:40 PM

comment_area
あねこさん こちらにもコメント&TBありがとうございます♪

>読んでる間は、福山の勘違いっぷりにイラっとしてましたが

私は先におおよその顛末を知ってたので、イラっというより勘違いぶりが恥ずかしくていたたまれなかったです〜(T∇T)

ちょっと自惚れが強くて自己中でしたけど、仕事もちゃんとしてるし福山って木原攻の中ではかなりマトモなんですよねー。
フラれたときはすごくかわいそうでしたよ(T∇T)

しかし木原さんの書くミラクルな可愛いげのオッサンに素敵絵師さんがつくと最強ですね!(笑)
みんなマジックにやられてオッサニストになってしまえばいいと思います♪(≧∀≦)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/06/07 12:01 PM

It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
『NOW HERE』木原音瀬
昨日車を運転していたら、前の車のナンバーが「69・48」でした。 それを指摘して、「狙ってるよねー」と夫に言ったら、 彼はしばらく考えて...
(^ー゚)ノ いってしまうわ | 2008/06/02 1:05 PM
NOW HERE
NOW HERE (Holly NOVELS) 鈴木 ツタ Amazonで詳しく見る by G-Tools だから挿絵がツタさんなのか…と、あらすじを読んで納得しました(笑) オッサンは受け...
(^ー゚)ノ にゃんこのBL徒然日記 | 2008/06/02 5:38 PM
「NOW HERE」著者:木原音瀬 イラスト:鈴木ツタ
プチシルバー世代…。 まさか、51歳受けを商業誌で読めるとは思いもよらなかった…。 同人誌版より年齢を上げるとは…。 木原さんだから…。 またもや、このセリフで納得できるんだから凄いよなあ〜。 NOW HERE (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) 木原 音瀬 JUG
(^ー゚)ノ こんな本よみました… | 2008/06/04 12:09 AM
NOW HERE/木原音瀬
連日男子バレーに釘付けのあねこです。コシカワがご贔屓です。女子ではサオリンが好きです。 16年前のバルセロナ五輪を覚えているのは上田監...
(^ー゚)ノ 日々是BL | 2008/06/06 1:52 PM