CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
<< BLCD感想「料亭遊戯」 | main | 4月の購入記録 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
愛の誓いは三々九度で♪
i.jpg
極道の花嫁 (ガッシュ文庫)
バーバラ片桐

今回のバーバラさんは萌えの三題話なんだそうです。すなわち

「極道」+「花嫁」+「バカップル」。

いいねえ!(笑)
極道ってあまり私の萌えツボではないのですが、プラス花嫁、さらにバカップルとなるとこのトンデモな弾け具合がたまらんデスよ★

読み始めたあたりは「はぁ!?」と常軌を逸した設定に思わず奇声があがりますが、いつまでも気にしちゃノンノン♪
トンデモワールドは楽しんだもん勝ちなのだ!(笑)

ところで萌えの三題話、私なら差し詰め

「アラブ」+「花嫁」+「ヘタレおっさん」

か?…一体どんな話になるんだよ…(-_-ι)
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
考えてみた( ̄‥ ̄;)
     ↓
一人娘がアラブの王族の花嫁になることが決まり、婚礼のためにはるばる砂漠の国へとやってきたら招待客だった隣国の王子に見初められて誘拐&拉致監禁される冴えないヤモメおやじってどうだろう?

もちろん初夜は揺れるラクダの鞍上で♪(≧∀≦)

【あらすじ】
「てめえは家に来てもらう、俺の嫁としてな」

高校生の鈴本尚弥は、由緒正しい極道の御曹司。
でも、運営難の鈴本組には逮捕された組長の保釈金が払えない…!
突如、保釈金の肩代わりを申し出たお隣のライバル極道・渡瀬伊織に攫われた尚弥。
いやいやながらも鈴本組存続をかけて、伊織の豪邸で花嫁修業をすることに!
寝食のお世話や、いってらっしゃいのキスに挑戦しても、ドキドキして失敗ばかり。
なのに、夜のお勤めで身体だけ淫らになっちゃって…?
ラブで純真・極妻修業!!

拍手する
なぜかあらすじには1ミクロンも登場してませんが、冒頭では極貧任侠の跡取り息子がオヤジの保釈金を融通してもらうために組の顧問弁護士の養子になる!というシーンから始まります。

といっても借金のカタに…とかそんな悲愴なものではなく、本人はこれで自分もセレブなカタギの仲間入りだ〜♪とお気楽極楽浮かれてるんですが…ちょっとまてー!!Σ( ̄□ ̄;

組員も誰かとめれ!(笑)
30代後半の独身弁護士が美少年を養子に、ってあたりで誰もヤバイだろって思わないの?
あんたたち揃いも揃ってそんなピュアハートだから組が傾くんじゃない?
保釈金はあとから返ってくるって、まさか誰も知らない訳ないよね、ヤクザのくせに〜!
だいたいケチな恐喝未遂で2億なんてぼったくりがあるかーっ!(≧д≦)

とかそもそもツッコミ入れてしまうととてもこの先読み進められないのでここはスルーで!(笑)

結局やんちゃな若のカタギへの野望虚しく、獄中の組長とさっさと話をつけてきた隣のシマの若頭に弁護士や組員たちの目の前から掻っ攫われてしまいます。

でもこの二人、年は離れているものの伊織はちょーおバカだった小学生の尚弥に勉強を教えてやっていたいわば幼なじみのお兄ちゃん的存在。
伊織のオトナの付き合いを垣間見てしまった尚弥は無自覚のヤキモチから距離をおいてしまいそれからは疎遠だったのですが、いきなり尚弥を攫った伊織は「てめえは俺の嫁だ」と驚愕の台詞を突き付けます。

訳もわからず混乱する尚弥を、落ちぶれて潰れる寸前の鈴本組を救うためには跡取りである尚弥が自分と夫婦盃を交わすしかないと言いくるめる伊織。

夫婦盃って…三々九度じゃん?(笑)

ヤクザものでは兄弟盃を交わした相手は実の兄弟よりも固い絆で結ばれた関係とされますが、それよりも尚親密な、生涯相手のために尽くしちゃうぜ!みたいに誓うためのものだと言われて半信半疑ながら組を救うためにと嫁修業。

いや、どう考えてもおかしいって!(笑)

互いの組員たちもなにかフツーに受け入れていて、日本のヤクザがこんなハッピー野郎どもばかりならさぞかし平和な国になるだろう…とほほえましいトンデモぶりに思わず癒されかけましたが、一応まともにヤクザらしいおっさんも登場しましたよ!

伊織の組が手打ちをすすめている対立組織の幹部が乗り込んできて、騒ぎを起こすために尚弥を挑発するシーンがあるんですが、それまでポップな極道モノ(それってどうなんだw)だったのに物凄い罵詈雑言で、仮にも美少年設定の受がここまで悪し様に罵られるのはあまり見ないような気が…。

自分への卑語にはなんとか耐えた尚弥も伊織までけなされてとうとうキレてしまいます。

愛だね…(*´▽`*)

その後前述の弁護士(実はどSのショタ野郎)に監禁されてオモチャにされているところに伊織が乗り込むのですが、そのまえからそうじゃないかとは思ってたけどめちゃめちゃ子供っぽいんですよこの人〜。

やむにやまれぬ事情のため「伊織なんて嫌い!」と心にもないことを言ってしまう尚弥に「俺だって、てめえなんて嫌いだ」などと!

ぐわ、大人げねえ!(≧д≦)

とはゆーものの、伊織の気持ちはイタイほどわかるのよ…大好きな子に嫌い!なんて言われたら傷ついたぶん傷つけてやりたくなっちゃうのよ…。←実感こもってます。

だってゆちゅぴんが最近「ママなんてだいきらい」とか言いやがるんだもーん!(TдT)
そんで「あっそう。嫌いでけっこう」って言ってやると泣くんだよー!
ママだって傷ついてんのじゃー!(≧д≦)

…あ、大人げないのは私でしたか?

しかしこの話、最後の大団円がトンデモなくキワモノなんですよ(笑)

無事鈴本組の組長も保釈され、互いの組の絆を固めるために盃を交わすことになったわけですが…まて、何故尚弥は白装束?

いや、打ち掛けじゃなかっただけマシなのか…。

そして揃いに揃った組織の親分さん方が居並ぶ前で取り交わされるは三々九度。

…あの、それって祝言だよね?(笑)

なんかいろんな不安な話を先に聞き過ぎて未だ購入出来ずにいる子蛇続編の不穏な極道とギャップありすぎだね!
きっとバーバラさんちのはパラレルなおとぎの国の極道ちゃんたちなんだね♪
うっかり癒されたぜ!(≧∀≦)

伊織もそれほど強烈な電波ではなく…微弱電波くらい?
でもイジワルに見えてもバーバラさんいわくヤバイくらい受ラブ!好きすぎて悶えるくらい尚弥ラブ!らしく、そういうのはいいよね!ツンデレ攻なの♪(*´▽`*)

尚弥にはイジワルしか言わないけど尚パパにはちゃんと「息子さんをくださいっ!」て土下座までしてるんですよー!いいね!萌えるね!(笑)

トンキワ(byハスイさんw)は読んでみたいけどあんまり強烈なのはちょっと…と言う方には癒し系トンキワラブコメ、いいかもしれません♪

ゆちゅらぶ♪ | バーバラ片桐 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
comment_area
ゆちゅ♪さん、こんばんは。

トンキワ探訪家のハスイです(早速何でしょうか、この挨拶は)。

それはさておき、先日はこの作品をお勧め頂きましてありがとうございました!大分出遅れて読み終えたのですが、本当にトンキワですね。(笑)

それ程痛々しい展開は無い上に、妙にほのぼのしている所(極道の割にはうっかりとほのぼのが服を着たような鈴本組の人達等)があって私も癒されました。トンキワな部分に関しては、ナチュラルトンキワなので特に突っ込む事もありませんが、楽しんで読めましたよ。(笑)

私の感想と言えば、毎度のようにアレですが、お勧めを頂いたついでにTBさせて下さいね!

ではでは〜
comment_area
(..)φ ハスイ
2008/05/04 8:14 PM

comment_area
ハスイさん こんにちは!

トンキワ探訪!(笑)
ハスイさんが各地のトンキワを訪ねて「いやー素晴らしいトンキワですね!レトロな雰囲気の中にも斬新でモダンな空気を漂わせる、そんなトンキワにお邪魔しました」とか紹介してくれる、トンキワ探訪。ぜひ拝見してみたいものです♪

今回のほのぼの極道ちゃんワールド、極道とは道を極めると書きますが何の道を極めたんだおまえたち!!と聞いてやりたい気分でいっぱいですねw
ハスイさんの普段のトンキワとはあまりに畑違いなので心配しましたが、ちょっとは癒しになったのでしょうか?

コメント&TBありがとうございました♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/05/05 9:10 AM

It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
極道の花嫁
【あらすじ】 「てめえは家に来てもらう、俺の嫁としてな」 高校生の鈴本直弥は、由緒正しい極道の御曹司。でも、運営難の鈴本組には...
(^ー゚)ノ +synapse∞type-bee+ | 2008/05/04 8:03 PM