CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
<< 好きな子イジメはほどほどに | main | 妄想少年オタク系!(笑) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
NGワードのハズだったのですが
犬ほど素敵な商売はない
犬ほど素敵な商売はない
榎田 尤利, 志水 ゆき


最近いろいろ他の方の書いたレビューを見るようになり、以前の自分なら手を出さずにいただろうな、という本も読むようになりました。今回の本もそのうちの一冊ですが、結論を言えば

「よかった…読めて!」


シャイノベルズ 榎田尤利 「犬ほど素敵な商売はない」


榎田さんは好きな作家さんなので結構買うのですが、今回は最初にあらすじを読んだ時点で

「わー、調教ー。パス!」

だったのです。
例えばちょっと縛るとか目隠しとか言葉攻めとか(笑)ソフトSMって感じなら全然大丈夫なのですが、

「犬」「調教」

ときたらやっぱり石黒和臣さま(ナチュラルにさま付け・笑)だと思うじゃないですか…。

なんか上記以外にも男娼・色子・陰間とかデートクラブなどはどうやら私のNGワードだと最近気が付きました…。

遊郭・花魁・ホストクラブはOKなんですけどね(笑)どうも現実逃避傾向が強いようです。


…話が逸れましたが、この本は純粋に犬なんです。SM的なエロ調教とかではけしてなく。

プロローグにあたる一文が飼い主となる轡田の心情を全て言い尽くしているようで切ないです。

さみしくてさみしくて気が狂いそうだったので、犬を飼うことにした。


身体の中で嵐のように行き場を無くした愛が荒れ狂っているのに、並の相手では自分が注ぐ愛に溺れて窒息してしまうのが解っているのでまともに人を愛することを諦めている轡田と、誰からも愛を与えられず、砂漠のように渇いてからっぽな自分を持て余す倖生は飼い主と犬として出会い、人間同士の枠組みから逸脱したところで「愛したい」「愛されたい」というお互いの欲求を満たしていきます。

最初そこに性的なニュアンスはないのですが、やはり本物の犬ではなく人間ですからね〜。

恋したら発情しちゃうのです、オトナだし!
私この言葉は大好きなのです、欲情より切羽詰まって自分でもどうにもならないって感じが(笑)


でもそこで人として倖生と向き合うことで倖生を束縛し、不幸にすることを恐れた轡田は一度手を離してしまうのですが、まあ最終的には無事甘々な恋人同士になりますのでご安心を。

私はとっても涙腺が弱いので轡田に捨てられた倖生と一緒にぐずぐず泣きながら読んでました。泣きどころはわりと多いと思います。

最後のバカップルぶりはほほえましくてよかったですよー♪岡の背中には黒い羽ととがったしっぽがみえましたけど(笑)
社長の操縦うますぎ!


あとみなさまに話題のめんたまベローリプレイですが、昔映画でそんなシーンがあった気が…BL系でもドライアイでコンタクトがはいんないんだったか目に入ったゴミを取るんだったかで舐めてる人がいたような?誰のどんな話だったかも今思い出せないんですが、どなたか心当たりありませんか?


割と目玉を舐めるって平気な人は平気なんでしょうか…。
ちなみに私は舐めるのも舐められるのもイヤですけどね(笑)


この本、絶対私と同じように「調教モノは苦手だから…」と敬遠してる方多いと思うんですよね。
でも一度頭から石黒和臣さまを追い出して(笑)ぜひ読んでいただきたい一冊です♪

拍手する
ゆちゅらぶ♪ | 榎田尤利 | comments(9) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
comment_area
ゆちゅらぶ様今晩は。
こちらには初めてお邪魔をさせて頂きます。

実は私もこの作品を読む際には、躊躇をしていた人間の一人なのです。

「犬、調教」

と言う言葉に、戦々恐々としていたのですが、読見終わった後に「榎田先生は上手い作家さんだなあ」と感心致しました。

危ういテーマと設定にも関わらず、人間関係と話の展開がしっかりしていて、読後は穏やかな気持ちになりました。大変に敬遠をしていましたが、読後に「読んで良かったなあ」と思いましたよ♪

更には、先日はコメントを頂きまして、ありがとうございました♪コメントを頂きました作品とは異なりますが、TBさせて頂きますね。
comment_area
(..)φ ハスイ
2006/07/14 9:12 PM

comment_area
ハスイさま こんばんは♪
コメント&TBありがとうございます!昼間ハスイさまのブログにTBさせていただこうと思ったのですが、どうしても送信できなかったのです…(泣)
私も初めてお邪魔しましたが萌えツボが似てる気がする…ので、未読だった「帝都恋華」購入しました♪読むのが楽しみです。
よろしければまた遊びに来て下さいね♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2006/07/14 10:25 PM

comment_area
ゆちゅらぶ♪さん今日は。
コメント+トラックバックを頂きまして、ありがとうございました。

コメントは当ブログで私が書いたものと内容が重複してしまいますが、当初は躊躇してしまったテーマなのに、読後の良さが素晴らしく思えました。

作風の振り幅を広くして、時には失敗をしてしまう作家さんもいらっしゃる中、榎田さんの振り幅の質の良さには驚くばかりです♪
comment_area
(..)φ ハスイ
2006/07/26 1:01 PM

comment_area
ゆちゅらぶ様、こんちわ。
萌えつぼの「ま反対」のはるです。
しかし、ゆちゅらぶさんのおすすめの「犬」読みたくなりました。切羽詰った人間関係ってスキです!!
持っているのにだめですね。読みます!!

しかし、鬼畜なはるとしましては無意識に「石黒和臣様」を検索かけてました・・まだまだ知らない話があるなと、関心しながら購入リストにいれました。。ふふふ。
ありがとうございました。
comment_area
(..)φ はる
2006/08/29 2:12 PM

comment_area
はるさん こんにちは、いらっしゃいませ♪

そうか!はるさんには和臣さまの方をおススメするべきでしたか!(笑)

私は途中でついていけなくなってリタイアしてしまったのですが、確か今月の花丸でも新刊出てますよ♪

吉田珠姫さんも結構痛い系ですね、そーいえば。
今タイトル出てこないんですが、昔の白泉社のノベルズで出してたシリーズもかなり人間関係痛いです。
私はもう少しソフトに旦那さまシリーズとかが好きですけど(笑)
多分ノベルズも絶版で手に入りづらいかと思いますが、遭遇したら読んでみてください。
あ、犬本も読んでくださいねー(笑)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2006/08/29 2:24 PM

comment_area
ゆちゅらぶ♪さま、はじめまして。
某所では良くお見かけしておりますokapiと申します。
この話し、先日読んで、私も「犬」「調教」というので敬遠していたのです。読んで目からウロコでした。こう来るか!!という感じで。すっかり甘々を堪能させていただきました。

> 目玉を舐めるって平気な人は平気なんでしょうか…。

私もその表現だけは辞めてもらいたかったです。引きました。いくら好きでも目玉はなめないですよねーー(TДT)

TBお願いします!
comment_area
(..)φ okapi
2006/11/03 4:35 PM

comment_area
okapiさま はじめまして、こんばんは♪

コメント&TBありがとうございます!このようなイロモノブログに…(笑)

そうですよね〜、目玉はね〜。愛があってもベローリできるかどうか…いや、それは愛が足らないんでしょうか(笑)

私はブログを始めてまだ日が浅いんですが、前なら読まなかったハズの名作に巡り会える機会も増えましてやはりやってみるって大事だなーと痛感しております。

あ、私のことはゆちゅでかまいませんよ〜(^-^)♪
どうぞよろしければまた遊びに来て下さいね!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2006/11/03 9:30 PM

comment_area
ゆちゅさんこんにちは〜

調教モノは大好きです、SMも拘束もソフトだろうがハードだろうが大好物です!!(声を大にしていう事じゃない…)
だって自分でも書いてるんだもん、今更嫌いだとか苦手だなんて言えないわ〜(監禁モノも調教の一種だろうといわれたんデス (^^;)

>発情

いいですよね、他のカップルにもどんどん発情していただきたい(笑)

めんたまべろりんプレイ
……なんかスルーしていたのかすっかり記憶から抜け落ちてました。

TBありがとうございました。
こちらからもさせていただきます。

ではまた!!
comment_area
(..)φ Jura
2007/03/02 5:07 PM

comment_area
Juraさん こんにちは♪

コメント&TBありがとうございました〜!

私の方はモバイルメインでなかなかコメントにも行けずごめんなさい(T∇T)
しかし!先程確認いたしましたがTBは初めて成功しているのですね!うわーいヾ(≧∇≦)ノ♪

私はこの本のようなメンタルな調教とか監禁の方はまだ耐えられますが、いわゆるエロ調教みたいのは苦手…お道具が好きじゃないからだと思うんですけどね〜。やっぱり愛あるエロは生身がイチバン♪(≧∀≦)

交渉人も近日中には読みますよ〜!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/03/02 9:21 PM

It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
『犬ほど素敵な商売はない』
犬ほど素敵な商売はない  榎田尤利/志水ゆき   大洋図書シャイノベルス 2006.06 榎田さんは本作で50冊目となるそうです。かぞえてみると内訳はボーイズラブ41冊、ライトノベル9冊(メモリアル本は含まれていないようです)。秋月が全部コンプリートしている作
(^ー゚)ノ 月と凌霄花 | 2006/07/11 10:26 PM
犬ほど素敵な商売はない
【内容紹介】 悪い子だ。発情してしまったのか?自覚のあるろくでなし・三浦倖生は、うだるように暑い夏のある日、会員制のデートクラブ『Pet Lovers』から『犬』として、寡黙で美しい男・轡田の屋敷に派遣される。そこで倖生を
(^ー゚)ノ +synapse∞Type-Bee+ | 2006/07/14 9:04 PM
犬ほど素敵な商売はない 榎田尤利
犬ほど素敵な商売はない榎田 尤利 (2006/06/26)大洋図書 この商品の詳細を見る社長×ホストくずれのワンコ その昔…といっても最近まで「将来の夢は?」と聞かれたら「黒レトリバー!」と言って周囲を呆れ返らせていたアホな私
(^ー゚)ノ 備忘録 | 2006/11/03 4:30 PM
犬ほど素敵な商売はない【榎田尤利 / illust 志水ゆき】
漫画家シリーズと同時期に読んでそのままになっていた榎田尤利さんの作品。榎田尤利さんのは他にも何冊か読んでいて読んだまま感想を描いていないのがあります。面白くなかったわけでは絶対なくて、感想を書きたい...
(^ー゚)ノ 詞の音 | 2007/03/02 5:03 PM
犬ほど素敵な商売はない
榎田さんの作品て、きれいにまとまっていておもしろいけど、なんかちょっと足りない、とのことで最近あまり読んでなかったのですが、ちーさんにお借りした、『犬ほど素敵な商売はない』、これはなかなかよかったです。
(^ー゚)ノ いってしまうわ | 2007/04/28 1:21 AM