CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
<< ショウがはねたらキスしよう | main | ベイビー、悪党の黒いチョコレートをこえてFOOL >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
きみのそばで泣きたい
甘い棘の在処 (B-BOY SLASH NOVELS)
甘い棘の在処 (B-BOY SLASH NOVELS)
萩野 シロ

今回はリブレなんだけど珍しく期待値が高かった作品です♪
萩野さんは最初あれほど読みにくかった文章に目が慣れてきたというか、少なくとも行きつ戻りつしなくてもよくなってきました(笑)

ネタ的に記憶喪失って料理しだいで陳腐にもなりかねないし、逆に定番ならではのよさもあるかと思いますが、今回は見事に設定を逆手に取ってけっこうBL的に驚愕のオチが!(笑)

実をいうとかなり突っ込みたいところも満載なのですが、読後はかなり満足感を味わえました。
いや、落ち着いて考え出すとアラがみえてくるのですが円陣さんのイラストも綺麗ですし(ちょっとだけ裸ネクタイの気分を味わえますね・笑)、ちょっと切なくなって泣いちゃったし、うん、やっぱり面白かったです!

【あらすじ】
事故で記憶を失った達也。
唯一執着を憶えたのは、従兄弟の敦だけだった。
だが、敦は達也を冷たくあしらう。
寂しくて悲しくて――でも側にいたくて、縋るように同居を続ける達也に、敦が告げた残酷な過去。

「無理矢理犯った。ハメ撮りの写真一枚でおまえを従えた」

組み敷かれ、繋がったそこから熟れていく身体。
蕩けるように甘い愉悦を貪り、疼いた身体も心もただ敦だけに纏わり付く――。
拍手する
えーと、大変重要なネタバレしますからこれから読んでみようかな、という方はパスしていただいたほうがよろしいかと。
いいですか?いいですね?
叫びますよ?核心に迫るそのポイントを。

せーの、 リバ受ー!!ヾ(≧∇≦)ノ
よもやまさかそんなオチが用意されていようとは…(笑)
さすがですね、萩野さん。

萩野さんといえば以前黒ラキで出されていた攻×攻がすごく面白かったんですけども、↑このパターンだと腐っても元攻、お互い積極なので話もよく転がります。

それに引き換え、キミたち6年も何やってたの!?と膝詰めで2時間くらい説教してやりたくなるような男二人。

…思うに、彼らって二人とも気質は受なんですよ。
身体はともかく精神的に受×受なカップルなので一向に前に進んでいかないわけですね(笑)

冒頭のサービスシーンはおいといて、ストーリィは事故で記憶を失った達也が病院で目を覚ますシーンから始まります。

目を開けて初めて達也が見た男・木島敦のことも達也は覚えてはいませんでしたが、達也はなぜかこの無愛想な男が慕わしく、強烈に側にいたいと思ってしまいます。

後に敦とは従兄弟同士で現在にいたるまで6年も同居していたことを聞かされ、達也は躊躇いもなく両親より敦と暮らすマンションへ戻ることを選びました。

しかし何も覚えていない達也に対して敦は迷惑なそぶりを隠しもせず、冷たい態度をとり続けます。
達也はどんなに冷たくあしらわれてもなぜか敦の側にいたいという気持ちを捨てきれず、なんとか敦との距離を縮めようと努力するのですが、報われない思いが辛くなり「記憶なんて戻らなくてもいい」と言ってしまいます。

それを聞いた敦は切れ、

「(過去に)無理矢理犯った。ハメ撮りの写真一枚ありゃ、主導権を奪うのなんか簡単だ」

と言って達也を犯します。
それからは達也のことは昔から嫌いだったといっていいように嬲られ、奉仕を強要されますがどれほど酷い扱いを受けても消えない敦に対する慕わしさを達也は疑問に思い始めます。

そうですよねえ、記憶をなくす前6年もそんな扱いを受けていて尚且つ今の達也のように「敦、好き好き♪」だとしたら、そのひとの心には黒い羽が生えてるんだと…(笑)←byヤマシタトモコさん♪

…実は逆だったんですね、この人たち!!
ハメ撮り写真で脅されて6年も奉仕を強要されていたのは敦の方だったわけです。

記憶をなくす前の達也って、真面目で優秀ではあるけれど感情の起伏が極端に乏しいタイプだったらしく正直何を考えてそんなに長い間達也をひざまづかせてきたのかちと意味不明…。
最後まで抱いたのは初回の写真を撮るためだけだったようなので、ホントいうと敦にずっと抱かれたかったんだろうか。

敦も敦で、ホントなら体格差にものを言わせてもっと早くに立場逆転できたんじゃないでしょーか。
なんで唯々諾々と言いなりになってるんでしょーか。
気が長すぎ。あいや、ヘタレすぎ。
だから受け気質だっつーんだよ。

自分なりに解釈すれば達也は敦のことが子供の頃から好きで好きでたまらなかったのが思い詰めすぎてヤバイ方向に暴走してしまい、側にさえいてくれれば自分がどう思われるかすら関係ないとまで思っちゃってるんですね。

作品中では結局最後まで達也の記憶が戻ることはありませんし、根っこの気持ちは変わらなくても性格的には敦が戸惑うほどには素直で可愛いげが出て来たようで、つまり表面的にはほぼ別人くらいの変化があったようです。

唯一元の達也の気持ちが垣間見られたのは事故の夜、敦に別れを告げられたあとの行動で、この時の達也の虚無感を思うと切なくて泣けてしまいました。

が、それ以外の部分では悪いけどどちらにも共感できないよ…。
ほぼ以前の達也は記号のようにしか登場しないので、理解しがたい行動をとり続けていた意味を推理するきっかけすら与えられておらず。

現在の二人についての行き違いはかなりわかりやすいので、不器用な敦にじれじれしたり達也の切なさにシンクロして涙したりとかなり萌え展開で面白いんですけどね。
一読して、面白かったー♪と本をとじた後でどんどんいろんなことが気になりだすのですよ(笑)
これも話に引き込まれてるといっていいのだろうか?

どうやらb-boyモバイルのほうで敦視点の話が読めるらしいのですが、私は会員登録してないので未読なんですよ。
うー、気にはなる!(笑)
読まれた方、また感想教えていただけると嬉しいです♪

ゆちゅらぶ♪ | 萩野シロ | comments(8) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
comment_area
ゆちゅ♪さん、こんばんは〜。

私はこの作品を読み終わった後もこの人たちの気持ちがイマイチわからなくてモヤモヤした気分でした。
結局、記憶を失う前の達也の気持ちは分からないままでしたしね〜。

>精神的に受×受なカップル

このご意見には納得しました〜。
6年間も写真1枚で拘束される敦のことが納得できなかったのですが、受け気質ゆえだったのですね〜。
敦視点のほうを読めば、もっと納得できるのですかね?

comment_area
(..)φ はーこ
2008/01/20 2:04 AM

comment_area
はーこさん こんにちは♪

確かに現在の達也はともかく、元の達也と敦は一体何を考えて6年もあんなギリギリライフを送っていたのか、理解しかねます…。
敦だって、いまさらヤリ返すくらいならいくらでもチャンスはあっただろうにねー?
6年てスパンが長すぎるんですよ。6ヶ月ならここまでツッコミいれなかったと思います!(笑)

敦視点の話は読んでみたいのはやまやまですが、会員登録面倒臭い…(-_-ι)
はーこさん読んだら感想聞かせてね♪←他力本願。

コメント&TBありがとうございました!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/01/20 12:14 PM

comment_area
こんばんは!ゆちゅ♪さん。
ゆちゅ♪さんのブログの最近のTB受信先がウチのブログばかりで申し訳ないです…。
でも、近日中にもう1〜2件飛ばしそうな予感大です(笑)。

それにしても、既読の私ですらゆちゅ♪さんの盛大なネタばれにびっくりしてしまいました。
いや、でも換言するとリバ受けですよね、この二人は。
円陣さんのイラストがまたブラフとして効果的なんですが、改めて見直すとメガネ着用時の敦は、特に何というか受け志願者にしか見えない感じですよね?
そう思っちゃうのは私だけですかね?(笑)

そして、実はラストの意外な甘々な展開が、『浸食』程では無いのですが私的には激萌えでした。
萩野さんのクールな筆致が本当に大好きです。
ではでは!
comment_area
(..)φ tatsuki
2008/01/20 10:37 PM

comment_area
tatsukiさん こんばんは!

>ゆちゅ♪さんのブログの最近のTB受信先がウチのブログばかりで

いやいやいや…いつもおいでいただけてありがたいです♪
そのうちFC2も携帯からのTBを受信してくれるようになると嬉しいんですが(笑)
こちらこそまとめて突っ込みに行ってすみません(T∇T)

ネタバレについては(笑)
どうしようか迷ったんですけどね〜。
一応ご案内はしましたよー?と思い切り叫んでしまいました。
受×受説を語るなら言っとかんと!(笑)

私はヤマシタさんの感想でも盛大に叫んでいるようにもはや受の容姿にはこだわらないのですが、ビジュアル重視のお嬢様方には受けても許せる美しい攻を描けるという点で円陣さんの起用は大変に重要かつブラフとして有効だったと思います。
メガネの敦、萌えますよね、ぐふ♪(≧∀≦)

モバイルサイトについてのアドバイスありがとうございました!
倒産前は登録してたのですけどね…。
最近は積ん読たまる一方なのでとても携帯サイトをチェックする余裕がないというのがホントのところなんですが。
モバフラの水城さんみたいに絶対読みたいお目当てがあればそれしか読まなくても勿体なくないかと思うんですが、壁紙とかもそんなにいらないしな…(T∇T)
熟考してみます〜。

コメント&TBありがとうございました!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/01/20 11:49 PM

comment_area
ゆちゅさん、こんばんは♪
面白かったですね!
記憶喪失ネタって大好きなのですが、すばらしいオチがついていて大喜び!!

<せーの、リバ受ー!!ヾ(≧∇≦)ノ

まさに核心!でしたね。私もリバ受け、そして円陣さんの美麗キャラに激しく萌えました。結構ビジュアル重視な自分です…。

リバ受け〜〜私はホントに過去のハメ撮り事件のあたりをもちと詳しく読みたかったです(え、しつこい?汗)

モバイルサイト、はりきって読もうとしたら「BOYS倶楽部」でした…涙。

comment_area
(..)φ あい
2008/01/21 1:30 AM

comment_area
あいさん こんにちは♪

私あいさんの記事を読むまではハメ撮り事件のあたりのことはあまり気にしてなかったんですが、そういわれればそうだよね、とすごく気になってきました!(笑)

達也は最初から乱れまくりでしたが(!)敦の時はどうなのかな、とか。
敦は達也にご奉仕しながら自分も欲情しちゃったりしなかったのかな、とか。(←ヲイ)

モバイルサイトは残念でしたね(笑)
この機会にb-boyモバイルも登録しちゃいます?うふ♪

コメント&TBありがとうございました♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/01/21 7:50 AM

comment_area
こんにちは、ゆちゅ♪さん。

>b-boyモバイルのほうで敦視点の話が読めるらしいのですが

そうなんですよね。私も会員登録してないのですが、読みたくなってモバイルサイトに行ってみました。やっぱり、会員じゃないと読めないようです、ケチッ(当たり前か・・・)。

あの衝撃のリバ事件の真相を是非是非知りたいです。双方が怪我するくらいだから、そりゃあ壮絶な強姦だったんだろうなあ。

久々にハードで衝撃的なBLを読んだ気がしました。読後も何かと考えさせられるお話でしたね。
あのまま、記憶喪失にならなきゃ、二人の関係は永遠にすれ違ったままなのかなあとか。

TB、宜しくお願いしますvv
comment_area
(..)φ
2008/01/21 9:57 AM

comment_area
桃さん こんばんは♪

わははwダメもとで私も見にいきましたよ!
考えることはみな同じですね…(T∇T)←登録しろよ、って(笑)

>双方が怪我するくらいだから、そりゃあ壮絶な強姦

ですねえ〜!
そりゃ自分より体格の勝る男を無理矢理押さえ付けるんですから死に物狂いですね。逆なら流血沙汰も極一部で済んだでしょうが(笑)

TBはこちらからも送ったのですがうまくいかないようです…(T∇T)
コメント&TBありがとうございました♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/01/21 8:43 PM

It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
「甘い棘の在処」著者:萩野シロ イラスト:円陣闇丸
前作が気になりながらも買うのに踏み切れなかった萩野シロさんの新刊。 今回買うのを踏み切った理由は云わなくてもわかるかと思います。 素晴らしきかな、円陣マジック!! 甘い棘の在処 (B-BOY SLASH NOVELS) 萩野 シロ JUGEMテーマ:読書 【あらすじ】
(^ー゚)ノ こんな本よみました… | 2008/01/20 2:04 AM
甘い棘の在処
本日は、とっても楽しみにしていた萩野さんの新刊です〜♪ 相変わらず文章にやや癖があってとっつき難く、内容が少し分かりづらい部分もあっ...
(^ー゚)ノ la aqua vita | 2008/01/20 6:33 AM
荻野シロさんの「甘い棘の在処」BL本感想
荻野シロさんのBL本「甘い棘の在処」を読みました♪ 記憶喪失もの。 円陣闇丸さんの美麗なイラストに惹かれてゲッチュしましたが、面白くてサクっと読めました♪ 萩野 シロ 甘い棘の在処 (B-BOY SLASH NOVELS) CP:敦×達也 メインの二人は、同
(^ー゚)ノ ボーイズラブ・オタクなあいのひとりごと | 2008/01/21 1:22 AM
甘い棘の在処
甘い棘の在処 (B-BOY SLASH NOVELS)萩野シロ/著 ボーイスラッシュノベルス 萩野さんといえば、かなり濃いお話を書かれる作家さんだというイメージがあります。そこにもって来て、スラッシュノベルズ。こりゃ、かなり濃いお話が期待出来る〜と飛びついて買いました。
(^ー゚)ノ 桃の楽園 | 2008/01/21 9:59 AM