CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
<< 情熱は仮面の下に | main | Je Te Veux〜あなたが欲しい〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
恋する馬鹿野郎ども♪
素直じゃねぇな (B-BOY SLASH NOVELS)
素直じゃねぇな (B-BOY SLASH NOVELS)
英田 サキ

英田さんの一番お好きなテーマは

『恋をすれば、みんな馬鹿』

なんですって。

あぁ…なんかものすごく腑に落ちたって感じですよ。
ヤクザだの刑事だのハードボイルドな設定がお得意の英田さんなのにあまり殺伐とした印象を受けないのは根底にあるテーマが↑だからなのですね。

そうだよ、英田作品に出てくる男たちってどんなにシビアな世界を渡り歩いていようとも結局「おまえらみんなバカップルだー!」って叫びたくなるような奴らばっかりですよね…そこが大好きだー!(笑)

ビーボーイSLASH 英田サキ 「素直じゃねぇな」


恋人と別れたばかりの真路は、その手のバーで知り合ったセクシーで魅力的な男と寝てしまう。
そんなことしたことなかったのに、彼にだけ惹かれた。
甘く情熱的なキスに翻弄され、優しく奥を開かれる。
今まで味わったことのないような深い快楽を与えてくれる彼に、夢中になってすがりつく――。
もう会うこともないと思っていたのに、最低の再会を果たしてしまった!
そんな真路をさらなる事件が襲い!?
スリル&エロスなオール書き下ろし♪


奇しくも続けて変装もの(?)の感想なんですが、長年べったりで過ごしてきた側仕えが金髪ヅラ被ったくらいで判別つかないってのは実際どうなんだと思いますが、目が悪い上にヤクザだと思い込んでて怖くて目も合わせないようにしてる隣人が眼鏡かけて髪を整えたら…これはわかんないですよね?

いや自分ならどうよ?と思ったけど、隣の旦那さんが街で会った時メガネしてなかったら100%わからん自信あります!(笑)

それは普段からメガネで人を判別してるだけだろう…というツッコミはナシの方向で★

今回は犯人バラしますから続きにしますね〜。

拍手する
今まで英田さんの攻キャラは年に似合わずエロオヤジっぽいと思ってましたが、今回は年相応なエロオヤジっぷりを発揮。
いや、スケベオヤジとまで言われてますよ。

なにかね、エロオヤジはまだ可愛いげがあるんだけどスケベオヤジってイメージ的に40過ぎて脂ぎってそうで衝撃的ですよね。
でも己の欲望に正直な感じで好感持てるんですけどね、九門の場合。

なんでかわかんないけど隣の青年が気になるんだよな〜ともややーんとしていたところへ飛んで火に入るなんとやら。
捜査の為に変装して入ってみたゲイバーで当の本人と遭遇。
相手は全然気付いてないし、失恋したてでヘコんでるし誘われちゃったし男は初めてだけどいただいちゃえ!

…それでいいのか、刑事さん!(笑)

しかしそれで九門は自分が真路に惚れてることを自覚したし、普段はお堅くて男性経験も別れた恋人だけだった真路もほとんど一目惚れだった上優しく抱いてもらい、行きずりの人にこれ以上惹かれたくなくて黙ってホテルから逃げ出してしまいます。

しかし実は二人はお隣りさん。ここからどんな恋の駆け引きが…!と思ったら何事もストレートな九門、あっさりバラした上無理矢理キスして平手食らってましたね(笑)
いや、怒るだろ、そりゃ。

恋愛面に関しては素直じゃない真路に素直すぎる九門がずっと押せ押せで寄り倒し勝ち、って感じだったんですがそんな表明上のラブラブムードの影で真路は九門は他に好きな人がいると誤解してたり。
オッサン、浮かれ過ぎてて肝心な一言がまだですよー(笑)

その二人のカラダから始まっちゃった(と真路は思い込んでいる)ラブに絡めて若い男性を狙った連続暴行事件、真路を付け回すストーカーが絡んでいくわけですがこの犯人については私あっさり英田さんの手口に引っ掛かっちゃいまして(笑)

最初にこの二人のどちらかだろうと思った片方が怪しい行動を取ったとき、

「やっぱりおまえかー!このマイホームパパの仮面を被ったドS野郎がー!」

とか思ってしまったのに犯人、違う人でした…(T∇T)
なんだよ、吉崎さん、ホントに気遣い溢れるめちゃめちゃいい人じゃん!(≧∀≦)
これからも美人の奥さんと可愛い子供たちを大事にしてください(笑)

あとは九門の同僚、相羽さん。
クールな美形で謎めいてて、絶対この人にも男の恋人がいるに違いない!と思っていたけど…まさか九門に切ない恋心を抱いていたなんてー!
それもわかんなかったよ。九門のにぶちんを責められませんよ。
彼にも包容力のあるステキな恋人をぜひ作ってもらいたいものです〜。

編集さんは相羽と田丸で♪と思ったらしいけど、私は純情素朴な田丸くんにはやさしい彼女と吉崎さんちみたいな幸せファミリーを築いていただきたいものだと思います♪

とゆーか、受にしろ攻にしろ田丸くんに相羽は荷が勝ちすぎると思うのですよね(T∇T)

まあラブも事件もアッサリ展開という点では英田ファンには物足りなく思われる向きもおありでしょうが、純情スケベオヤジがキャラ的に私にはツボでした♪

読みやすかったしあまりヤキモキせずにラブが楽しめたので面白かったですよ〜♪(≧∀≦)
ゆちゅらぶ♪ | 英田サキ | comments(6) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
comment_area
こんばんは!ゆちゅ♪さん。
今回はTBPに表示されたタイトルで、この作品だとピンと萌えアンテナが立ちましたヨ♪
絶対こいつらのコトだ!って思いましたもん(笑)。

吉崎さんには、私もしてやられました。
この人、結果的には一体何の為に登場していたんだか…。
どうも、プロットの段階でイロイロ重要な部分を落としてしまって、(結果的に意味が無い)フラグだけが残ってしまった小説という印象がありますねー。
あの真犯人の存在(理由)も、すごく消化不良気味ですし…。

いえ、こういうことはこの作品で深く考えちゃいけないですよね(笑)。
九門が久々クリーンヒットの私的理想のオヤジ攻めキャラだったので、もうそれだけで大満足な作品でした!
コレだけでご馳走様なとっても美味しい小説でした♪

ではでは。
comment_area
(..)φ tatsuki
2007/10/25 8:22 PM

comment_area
tatsukiさん こんばんは♪

ありがとうございます〜♪
TBPで気付いたと言っていただけるとしてやったりというか、ひそかな試みが報われた達成感に小さくガッツポーズ!という感じです(笑)

吉崎さんについては実は奥さんたちはとうに愛想を尽かして実家に帰っており、家中を真路の写真だらけにして虎視眈々と隙を狙っているとばかり思っていたので逆に今の世の中あのいい人ぶりが謎の人ですよね〜。

他にも犯人に関しては飲食店の店長のどこにそんなヒマがあるんだとかツッコミ入れ出せばキリがないんですが、そうですよね、瑣末に捕われずせっかく好みのオヤジなので楽しく読まなきゃですよね!(笑)

クロスの方はこれから読むんですが、泣いちゃうとマズイので仕事の前日はやめておきます★
でも楽しみ〜(*´▽`*)

ではではコメント&TBありがとうございました♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/10/25 10:08 PM

comment_area
ゆちゅ♪さん、こんばんは〜

>オッサン、浮かれ過ぎてて肝心な一言がまだですよー(笑)


本当に、浮かれ過ぎて大事な一言を言ってませんでしたね。
カラダは正直でしたけど〜(笑)
さすがスケベオヤジです。
まあ、確かに相羽としては面白くないよなあ〜とか思ったり。
だから、彼には素敵なエリート署長とかと出会ってほしいものです。
田丸君でなくてね〜。
続編があるかどうか分かりませんけどね♪

いろいろ言ってますけど、面白いことは面白いのですよ。リブレだからちょっと…というのはあるのですけどね。
読みやすかったのは事実ですね♪

TBいただきました♪
ではでは〜
comment_area
(..)φ はーこ
2007/10/26 1:48 AM

comment_area
はーこさん こんにちは!

もうリブレに関してはここまでくれば諦めモードというか…これがこのレーベルのカラーなんだと思うしかありませんね。
作家さんにとっても読者にとってもお手軽に息抜きできる一冊、ということでいいんじゃないかな〜。

それに実は英田さんのこーいう軽いラインも好きですよ、私(笑)
バカ犬とかも!

スピンオフで相羽の話も読みたいけど、リブレじゃない方がいいような気がしますよね!ツンデレ!(≧∀≦)

コメント&TBありがとうございました♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/10/26 8:28 AM

comment_area
ゆちゅさん、こんにちは〜

>なんでかわかんないけど隣の青年が気になるんだよな〜ともややーんとしていたところへ飛んで火に入るなんとやら。
この表現に思わず爆笑してしまいました(笑)
もややーん。そう、最初はもややーんと思っていただけだったんですよね。
喘ぎ声エロいなぁ、うはぁ。と思っていた相手が飛び込んできたら、そりゃ喰ってしまうでしょう…。

吉崎さんは私も「お前だったのか…!」と思ってしまいましたよ(笑)
でも家庭があるしいい人そうだし、どう話をまとめるのかしら…なんて思っていたので、犯人じゃなくてホントよかったです。
疑ってゴメン!って感じでした(^_^;)

TBさせていただきますね〜
ではでは!
comment_area
(..)φ にゃんこ
2007/10/26 3:27 PM

comment_area
にゃんこさん こんばんは♪

もややーん。
九門さんてば喧嘩の時には怒鳴り込んでった癖にエロい声(笑)は「うはー、たまんねーなこりゃ」とか言いながらバッチリ聞いてた訳ですね!(≧∀≦)
そらー気になりますよね♪

吉崎さんにはホントやられましたよー。
奥さん実家に帰ってる間浮気もせず、ご近所さんとささやかに飲み会希望してただけのいい人なのに、おもいっきり疑って申し訳なかったです(T∇T)
真路たちはよいご近所に恵まれてよかったですよね〜♪

コメント&TBありがとうございました(*´▽`*)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/10/26 10:11 PM

It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
素直じゃねぇな
本日は、英田さんのビーボーイノベルス(リブレ)の方の新刊を紹介します。 またも出遅れ気味な感想というこの状況からも察せられるように、実は1週間ほど寝かせました。 前回ご紹...
(^ー゚)ノ la aqua vita | 2007/10/25 7:12 PM
「素直じゃねぇな」著者:英田サキ イラスト:桜城やや
え〜、今月2冊目の英田さんの御本です。 カバーイラストとあらすじを初めて見た時から、この言葉を感想の際に云うのでは?と思っていましたが、アタリでした…。 「リブレだからね…」 まあ、このセリフで、どういう内容か分かる方は分かるのでは…。 素直
(^ー゚)ノ こんな本よみました… | 2007/10/26 1:40 AM
素直じゃねぇな
素直じゃねぇな英田 サキ Amazonで詳しく見る by G-Tools 英田先生にしては珍しく、表紙が羞恥プレイですね…。 裏表紙も…あわわわ。 スラッシュ仕様になってます。 【素直じゃねえな/英田サキ/桜城やや/SBBN(2007年)】
(^ー゚)ノ にゃんこのBL徒然日記 | 2007/10/26 3:26 PM