CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
<< 部屋でネクタイにエプロン♪ | main | モジモジ♪ボ〇・サップ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
バイオレンスでイキな
浸食 (B-BOY SLASH NOVELS)
浸食 (B-BOY SLASH NOVELS)
萩野 シロ

最近どうにも筆が乗らないというか、書きかけで放り出すクセがついてしまったようで…しかも鳥頭なので放置してるとどんどん忘れちゃって感想など書けたものではありません。

ホントは砂原さんのシャイの新刊途中まで書いてたんですが、私…健気受苦手なのかも。

いやいや徳馬はめちゃめちゃ健気じゃん!
多分、健気な受がかわいそうなのが耐えられないんだと思います。
そんなわけで「恋雪」はお蔵入り決定。

かわりにまたちょっと毛色の変わったのいきますよ!(笑)

ビーボーイノベルズスラッシュ 萩野シロ 「浸食」


「そそられるって言ったろ。やりたくてたまらない」

幸村会の西垣は、雄の魅力を持った御曹司・槙野から人捜しを依頼される。
その裏に潜む厄介さを理由に無下にあしらう西垣を、槙野は無理やり凌辱した。
情欲の笑みを湛えながら身体の奥を暴く男から与えられる、溶けてしまいそうな愉悦と陶酔。
はしたなく蠢き悦ぶ身体は熱を孕み、槙野が欲しい、ただそれだけの本能に喰われていく――。
御曹司×ヤクザのリスキーラブ、オール書き下ろしで登場!


えっと、受の西垣がちょっと他では見ないくらいバイオレンスなにーさんでビックリしました(笑)

初読みの作家さんだと思うんですがすみません、正直言うと文章とか読みづらかった…。
読むのにとっても時間が掛かってしまって、だからすごくおススメかというとそうでもないのですが〜。
ストーリィ自体とは別のところをいろいろピンポイントで楽しんでました。

幸村会で若頭の補佐的な立場として一目置かれる西垣のもとに、個人的な依頼としてある人物を探して欲しいと企業の社長の御曹司である槙野がやってきます。

捜索して欲しい人物とは西垣が死ぬほど嫌いな男の一人息子。
財閥系企業体トップである外川の御曹司で、西垣にとっては何の情動も湧かない相手なのですが実はどうしても生きていてもらわなければならない理由があります。

それでも最初は断るつもりだったのが、バリバリのヤクザの西垣を恐れもせずに口説いてきた槙野に力尽くで気を失うまで凌辱されてしまいます。

ところがこの西垣、目が覚めた途端シャワー中の槙野のところに乱入して、取り乱すでもなくナイフで腕を切り付けます。

ヤラれるくらいたいしたことないがヤクザに手出しした分は痛い目みてもらう、みたいな冷静さがたまりません。

スラッシュだし、あらすじとか帯をみる限りヤクザがボンボンに身体で落とされちゃってエロエロだけどラブラブでー!みたいに思うじゃないですか?

全然違います。
真面目な話、もうちょっとあらすじとかアオリとか考えようよ、リブレさん。

もうこの西垣という人は確かにカラダはエロいらしいんですが、メンタル面でウェットな部分が少なくて始めは槙野のことも本気でウザがってるしとにかく男前というよりバイオレンスな人だった…。

槙野は初めての時に切り付けられても全く懲りなかったらしく、その後も手を出しては殴られたり殴られたり殴られたりしてます(笑)

そして西垣に殴られたの は子猫が撫でた程度だったのかしら?と錯覚する程西垣の親友であり若頭の幸村や補佐の比佐野には殴る蹴るされて痛い目見てるし、最後は鉛弾も食らってるし…あの、ホントに御曹司なの?(笑)

作家さんご本人もあとがきで「なんちゃって御曹司×なんちゃってヤクザ」とおっしゃってますが、どちらかというと幸村会の企業舎弟っぽい西垣がなんちゃってヤクザかはともかく、槙野は初対面で、しかも財閥トップとなんらかの繋がりがあると思われるヤクザを強姦するわ素人のクセにチャイニーズマフィアの頭吹っ飛ばそうとするわ、無鉄砲というか既に電波と言っても差し支えない感じ?

ラスト槙野が探してたハズの弟分ともいえる外川の息子を助け出すため、西垣が危ない橋を渡ろうとした時には、西垣大事のあまり「(外川が死ぬのは)自己責任」とか言い出すにおよび、いい具合に人でなしだよな〜、と笑ってしまいました。
いや、受至上主義っていいじゃない(笑)

でもこの本でホントに私が萌え萌えしたのは西垣の親友、幸村です♪

西垣とはベッタリな仲じゃないんですけどお互いを特別な位置に置いていて、それは恋愛感情ではないんですが槙野が西垣に手を出したことがバレたら一番マズイ相手が誰か?ってのに西垣は自分で幸村の名前を出してるんですよ。

実際槙野の依頼絡みで西垣がチャイニーズマフィアに拉致監禁され、暴行を受けたときの怒りは凄まじかったようで、槙野は容赦なくボロボロにされてます(笑)
恋愛感情はなくともお互い若気のいたりで肉体関係はあったらしいし…(≧∀≦)♪
こういう親友以上の関係って萌えますよね!

そして幸村がオイシイのはそれだけじゃなく、補佐の比佐野との微妙な関係がまたたまらんのですよ!

幸村は弱冠二十歳のときに幸村会の会長だった父親の仇を討ち果たし、名目上は若頭ですが実質会を任されたのですが、実はこの仇討ちは比佐野のためだったんですよね。

比佐野は義理堅く真面目で忠義に篤い男で、先代が殺されたとき幸村が先にやらなければ比佐野が仇討ちに行ったものと思われます。
しかし、実子である幸村なら大義名分がありますがただの組員がそんなことをしたら必ず粛清されてしまう。

そこまで読んで、幸村はなんとも思っていなかった父親の仇討ちに行ったわけですよ。
比佐野を死なせないためだけに!キャ〜(≧∀≦)

私はてっきり実直な比佐野攻×ドS受幸村だと思っていたのですが、比佐野受なんですって!
34歳、年上のいかちー受、28歳美形ヤクザ・ドS攻。

ええ、受でも攻でも幸村は美形なドSです。
予定があるかどうかはわかりませんが、ぜひこちらのカップルで続きを読ませていただきたいものですね(*´▽`*)

かなりドライに槙野に対して振る舞っていた西垣ですが、やはり自分自身気付かないうちに槙野に身体ばかりか心まで浸食されて憎まれ口叩きながらもラブラブでいい感じです♪

ちと幸村萌えを語っていたら長くなってしまいストーリィそのものにはほとんど触れられませんでしたが、そんなにエロばっかな感じでもなかったと…(笑)

気になった方はどうぞ読んでみてくださいね♪
ゆちゅらぶ♪ | 萩野シロ | comments(10) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
comment_area
ゆちゅ♪さん おはようございます!

私コレ買ったんですけど、少しブログ徘徊をして拝読して「ラブ極少、ないかも?バイオレンスが主」といった感じっぽいので読む順位が下がってました!

でも、ゆちゅ♪さんの記事を拝見して、かなり繰り上がりました〜!っつーか早く読みたい(笑)!
行き過ぎる親友・過去に肉体関係アリ、なんだかオイシイ匂いがしますぅ〜!恋人じゃないけど錯覚するぐらい心配したりしてくれる親友関係にラブ♪こういうの大好きです。
挿絵が桜城ややさんだからイイよ〜!もう1組のリンク作が出たらいいですね♪

萩野シロさん作品は今は亡き“黒ラキ”を2冊持ってます。内容はエロでハードです(笑)。挿絵が苦手な方なので未読箱に深く収まってます(汗)。
今回リブレ新刊を買ったのは桜城ややさんだからなんですよね〜。
comment_area
(..)φ カズ
2007/07/27 7:53 AM

comment_area
こんばんは!ゆちゅ♪さん。
この作品は読んでいないのであまり語れることが無いのですが、荻野さんの文章って読みづらいですよね…。
私は岩本薫さんとかごとうしのぶさんの文章がどうにも許容できない心狭い人間なんですが、荻野さんはまた違った意味で非常に読みづらいです。
小説ビーボーイで読むたびに、この特徴が気になって仕方が無いです。

ではでは!
comment_area
(..)φ tatsuki
2007/07/27 8:15 PM

comment_area
カズさん こんばんは♪

萩野さんて名前は見たことあるような気がしてたけど、黒ラキの方でしたか!
私も黒ラキあたりは挿絵が苦手な方だと手に取らないからな〜。

確かに受の西垣がかなりドライでクールな人なのでラブ度は低めに見えるかもしれませんねえ…。
それに槙野ってあ、あんまりカッコイイとこないかも!(笑)
エロは頑張ってましたけど、やっぱり幸村の方が数段格上です♪

買ってね♪とは言えませんが、お持ちなら読んでみてくださいね(≧∀≦)!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/07/27 8:59 PM

comment_area
tatsukiさん こんばんは♪

私は今回初めて読む作家さんだったんですが、特徴がわかるほど鋭くはなく「なんかわかんないけど読みにく〜い(T∇T)」という程度なんですよ〜。
ま、読みづらかったけどなかなかいないタイプの受が見られて面白かったですよ♪

tatsukiさんは岩本さんダメなんですか?
私はエビリティ以外はかなり読んでますよ〜(^-^)

ところで萩野さんの特徴ってなんなんでしょ?言われたら気になります(笑)

ではではまた♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/07/27 9:46 PM

comment_area
ゆちゅ♪さん、こんばんは。

萩野さん、私も読み辛かったです…

ごとうさんは初期のタクミくんから読んでいるせいで慣れたのと、岩本さんはADコンプレックスのあたりは文章がこなれていない感じでダメだったのですが、最近のロッセリーニやエビリティのあたりは文体より設定への萌えが凌駕して読めるようになりました。だいぶ文章も昔よりは読みやすい感じがしますが…。

私は個人的には、非常に抽象的な表現になりますが、文章が流れていないというか、さらりとながれていかない感じの文章なのかな、と思いました。
文章を読んでいて、特にどの表現が、というわけではないのにどっかで引っかかってしまうような、そんな感じ。
それも突き詰めれば個性的な(誉め言葉で)文章となるのでしょうけれど、まだどこか荒削りな感じも受けるからそれが違和感になるのかしら、と考えてみたり。
comment_area
(..)φ 真琴
2007/07/28 9:57 PM

comment_area
真琴さん こちらにもありがとうございます♪

うあー、流れが悪いってのはあるかもしれませんね。
私普段は読み始めたら一息に読んでしまうか、やむを得ず中断されたらうずうずしてしょーがないのに行きつ戻りつ3日くらいかけて読んだかも(笑)

まあその作家さまの何かが自分の琴線に触れれば文体とかかなり我慢できるので、私。…文句は言わせてもらっちゃいますが。
そして岩本さんのエビリティ読んでないのは挿絵のせい…不破さん、なぜか苦手です…(T∇T)

それにしても私の読み方が悪かったのかな、と思ってたんですがやはり読みづらいんですね、みなさん(笑)
幸村萌えで読みましたけどね!(≧∀≦)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/07/28 10:25 PM

comment_area
こんにちは、ゆちゅ♪さん。

私は以前の黒ラキの時に萩野シロさんが気に入って(もろ男同士のガチンコラブって感じでした)、以来チェックしてるのですが、あまり多作な方ではないようですね。
受けがクールでバイオレンスで強気なのが好きな私にはすごくツボなお話でした。攻めが受け至上主義でちょっとワンコ入っているのも私的にはツボです。
幸村攻めのお話はでるのてしょうか?濃いお話になりそうですね。あの幸村を攻めるというのもなかなかハードそうです。

そうそう、こんなとこでなんですが、今月シャレードの愁堂さんのマグロ漁船のお話は読みました?私はちょっとビビッて立ち読みで済ませてきました(汗)いつものゴージャスな愁堂さんのお話とは180度違って、かなりびっくりでした。イラストが山田ユギさんなのがよかったです。
comment_area
(..)φ
2007/07/30 8:43 PM

comment_area
桃さん こんばんは♪

萩野さん以前は黒ラキってことはやはりハード&バイオレンス&エロ♪ってイメージなんでしょうか?
ラキアは黒もピンクもチェックしてたレーベルなのにあまり覚えがないってことはよほど苦手な挿絵だったのかな…(-_-ι)

今回メインカプより私完全に幸村萌えですね(笑)
しかしややさんの挿絵でドSな綺麗受だと思ってたのにな〜、比佐野のビジュアルも気になります(≧∀≦)

マグロ漁船BLは購入して読みましたよ〜!
また後日感想を認めさせていただきます♪

それでは、コメント&TBありがとうございました(^-^)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/07/31 12:01 AM

comment_area
こんばんは、ゆちゅ♪さん。
やっと『浸食』読み終えましたー、面白かったです!!
この作品、シリーズ化されないかしら?
スピンオフもいいけど、メインCPのプチ探偵モノでも十分に面白いお話が期待できそう…。
大体、主人公の両親関連のネタはまだ問題が残っている筈ですよね。

ちなみに、西垣は今年読んだBL小説の中でベスト萌え受けキャラかもしれない…。
あ、木原さんの暁も捨てがたいんだよな〜うーん。
スイマセン、すんごいどうでもいいことに悩んでしまいました…。
にしても、私って本当恥ずかしいくらい暴君女王様受けに萌えてますね。
某アベ君と言い…我ながら好みがはっきりし過ぎでお恥ずかしいです(笑)。

ではでは!
comment_area
(..)φ tatsuki
2007/10/27 11:16 PM

comment_area
tatsukiさん こんばんは♪

西垣、お好きでしたか(笑)
BLにはなかなか類をみない温度の低い感じの、しかもドライな受ですよね〜!かっこよすぎます♪
今気がついたんだけど私の中では金髪紫瞳の某破戒僧とイメージ被ります…大好きだ(≧∀≦)

しかし萩野さんはこれだけ読みにくいと文句つけながら結局その後も読んでるわけで…そして今黒ラキを探してるわけで(笑)
この時?のままだった萩野さんの特徴をtatsukiさんが簡潔に解説されているのを読んで読み方が少しわかった気もします。
暴君女王さま受は私も好きだと思いますよ♪

コメント&TBありがとうございました!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/10/28 1:07 AM

It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
侵食
浸食 (B-BOY SLASH NOVELS)萩野シロ著。ビーボーイスラッシュ 萩野シロさんと言えば、以前読んだ本は相当濃くて最近年のせいか濃いものはすぐに胸焼けする私はどうしようと思っていたのですが、貸していただきました。あいさん、ありがとうございます〜 やっぱ、濃か
(^ー゚)ノ 桃の楽園 | 2007/07/30 8:36 PM
浸食
本日はゆちゅ♪さん流のサブタイトルも考えてます、マゾヒスティック・サティスファクションで。 うわあ、楽しかったデス!目下私の内なるM魂に火がついてしまって、興奮冷めやらず...
(^ー゚)ノ la aqua vita | 2007/10/27 10:53 PM