CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
<< 超××戦隊!!ゆちゅらぶ♪ジャー!(T∇T) | main | お試しモブログ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
君に囁くトゥルース
DEADSHOT―DEADLOCK3
DEADSHOT―DEADLOCK3
英田 サキ

とうとうユウト、ディック、コルブスの三つ巴の闘いに決着がつきました。
英田さんがあとがきの中でカタルシスという言葉を使ってらっしゃいますが、このラストはまさにその一語に尽きるのでしょうね。
ユウトが、ディックが、コルブスが、それぞれ何から解放されたのか…。

多分盛大にネタばれしますので折りたたみます。

キャラ文庫 英田サキ 「DEADSHOT」


ディックを復讐の連鎖から解放したい――。
宿敵コルブスの逮捕を誓い、捜査を続けるFBI捜査官のユウト。
次のテロ現場はどこか、背後に潜むアメリカ政府の巨大な影とは…?
ついに決定的証拠を掴んだユウトは、コルブスと対峙する!!
ところがそこに現れたディックがコルブスの銃弾に倒れ…!?
執念と憎悪と恋情――刑務所から始まった三人のドラマが決着を迎える、衝撃のラストステージ!!

拍手する
最終巻、今まで謎に包まれていたコルブスと、彼を影で操っていた政府の黒幕との関係が徐々に明るみに出て、思った以上の大物からの圧力にユウトたちは苦戦を強いられます。

ほんのわずかな手懸かりを元に、上司のハイデンに嫌味を言われつつもコルブスの正体に近付くユウトとロブ。
MSC時代にフリッツ・ボナハムを名乗って教官をしていたことまでを突き止めますが国内の記録に該当の人物はなく、またもや捜査は行き詰まるかに思えました。

ところが恐らく結託して中南米のコカインルートをコントロールし、軍事支援を影から支えることで不安定なコロンビアの政情に影響を与えて軍需産業、石油産業、コカインルートを牛耳る一族のトップであり、コルブスと繋がりがあると思われる3人があるパーティーで一堂に会することを知り、その招待状を入手した矢先、一連の爆破事件の犯人を名乗る男が自首してきます。

ユウトは怒り、ハイデンも上層部に食い下がりますがFBIは男を犯人と断定、捜査は打ち切られユウトはアカデミーで訓練に戻るよう命令されます。

一度は諦めかけたユウトですが、コルブスから最後の大爆破を予告する電話が入り、さらにロブにも励まされて単独捜査を決行するためNYへ。

ユウトの勝手な行動を詰りつつも内心忸怩たる思いを抱えていたハイデンの口利きでNYPDの刑事からも協力してもらうことができ、いよいよ乗り込んだホテルでディック(仮)と再会です。

捜査のため黒幕の一人イーガンの姪に取り入り、睦まじい様子をユウトに見せつけるディック(仮)。

辛さにうちひしがれるユウトに普段の冗談まじりとは打って変わってロブはディック(仮)の身勝手さを責め、ユウトに激しい愛を突き付けます。

きつく抱きしめられ、口づけられて弱った心でロブを受け入れかけるユウトですが、気を取り直して拒絶します。
ディック(仮)に操を立てたというより、かけがえない友人であるロブを失いたくなかったから。

いつもジョークに紛らせたさりげない愛を示し、きつく張り詰めたユウトを労り続けてきたロブの見せた激しい一面が切ないです。
今回ロブとかコルブスとかの新たな一面を知る度にどんどん彼らに惹きつけられてしまって困りました。

だってロブやコルブスのほうが絶対ユウトに優しい…(T∇T)
ラストのディック(仮)のヘタレぶりを見るにいたっては「ユウトったらこんな男のどこがいいのっ!?」と暴言吐きかけましたが(笑)まあ人は優しくしてくれる相手を好きになるわけじゃないし。

ディック(仮)も復讐に取り付かれてる間ユウトに優しく出来なかった自覚があるので、海辺のビーチハウスで再会したあとも一歩ひいてしまったわけですが…それがヘタレだっつんだよ!!

思い切ることもさらいに行くこともできないくせ、ネトにハガキを送ってみたり犬にユウトの名をつけてみたりと未練たらたらでユウトにいつでも行動させておいて、告白は最後の最後。

ぐわー!どこまでヘタレやねん!

ちょっと一巻を再読しないとディック(仮)のカッコイイところを思い出せそうにありません(笑)

話は逸れましたが、一度ディックの目の前でユウトはコルブスに拉致されて、コロンビアの軍事訓練キャンプに連れて行かれます。

そこで今まで謎に包まれていたコルブスの過去、生い立ちを知り愕然とするユウト。
コルブスは子供の頃ゲリラの小屋で発見されてキャンプに引き取られ、現在副大統領候補であるビル・マニングのためだけに存在する人間兵器として育てられたのです。

ほんの小さな子供の時からマニングの命令だけに従うように訓練され、育ての親と言うべきボナハムまでなんの感慨もなくその手で撃ち殺したコルブス。
彼には人として当たり前の感情が大きく欠け、まさに壊れているとしか言えません。
でもそれはそうなるように仕向けられてきた当然の結果であり、ユウトはコルブスを哀れに思ってしまいます。

二巻の感想では私コルブスのこと散々ヘンタイ呼ばわりしてたんですが、もうとてもそんなこと言えません。

たいていの人はコルブスの生い立ちを聞けば不幸だと思うのでしょうが、コルブス本人には自分が不幸だということさえわかりません。

彼の内面は常人には理解しがたいほど壊れていて、愛されることも愛することも知らず、罪悪感も持ち合わせず、実は子供のままに無邪気なのです。
ユウトのことを好きだと言い、大事に扱っていますが邪魔になれば躊躇いなく殺せるというコルブス。

ディックが抱く憎悪の理由を聞かされてもその痛みを感じることもなく、執着の理由が分かったことを喜んでいます。
そしてコルブスに同情するユウトを「やっぱり君は俺の友人だよ」と満足しているのです。

しかし今まではマニングの言うがまま何でもしてきたコルブスが、ボスとしてのマニングを見限り、自分の意思で行動を起こそうとしたことでキャンプを全滅させるため特殊部隊が差し向けられます。

コルブスはユウトにボディ・アーマーを差し出し、明らかに足手まといになるユウトを連れて逃げるのですが、この時のセリフがすごく好きです。

「言っただろう?君は俺の友人だ。必要な時がくれば、俺の手で殺してあげる。でも今はまだその時じゃない。俺のプライドにかけて、君を他の奴らに殺させはしない」

うー、この後を思い出すと涙が〜(T∇T)

ユウトを連れて逃げる途中で子供の頃からの朋友も失うコルブス。
可哀相に思っても泣けないというコルブスのかわりにユウトが二倍泣いてやると言います。

ところがもう少しで逃げ切る、というところで目の前に立ち塞がったのはディックでした。

ディックはユウトを取り戻し、自分の手でコルブスの命を奪うためCIAの仲間と共に待機していたときにマニングの特殊部隊の急襲に鉢合わせたのです。

コルブスは全く抵抗する様子を見せず、マニングの兵士に殺されるくらいならディックに自分を撃てと言い、その執念に敬意を表し、殺されてやると申し出ますが、ディックにコルブスを殺させるのを阻止しようとユウトが間に割り込みます。
コルブスを殺して生きる意味を失うより、どんなに苦しくても前を見て生きて欲しい、と。

しかしそこにアメリカ兵が迫り、撃たれたユウトをディックとコルブス二人で抱えて逃げるのですが、ユウトたちがヘリに乗り込むのを援護していたディックが取り残されそうになり、仲間さえも銃の乱射に躊躇していたのを押し退けてコルブスがディックをヘリに引き上げます。

しかしこの時コルブスは胸を撃たれていたのです。
ユウトにボディ・アーマーを着せたとき防弾チョッキを着ていると言ったのは嘘でした。

多分コルブスにとっては殺すことも自分が死ぬことも何の意味もないことだったでしょう。

しかしユウトやディックが収監されて出会い、人生を変えたようにコルブスにとってシェルガー刑務所での生活は人生で唯一の平穏な日々であり、そこでの出会いはわずかながらも確実に彼を変えていたのだと思います。

コルブスはユウトに身を守る術を与え、ディックを助けるために命を落としました。
彼なりにユウトが好きでディックが好きで、最後に友達のために死ねたことはとても満足してるんじゃないでしょうか。

本当の名前すら自分でも知らなかった哀しい男ですが、彼はきっとずっとシェルガー刑務所のネイサンでいたかったんですね。

友達のユウトが名前を呼んでくれて、自分がやりたかったことに気付いてくれてて、哀しい人生だったけど初めて幸せを感じたんじゃないかと思います。

ここまで長々書いた割にたいした感想になりません…。
ディック(仮)については途中脱線した時散々文句つけたからもういいや、って感じです(笑)
もう完全にコルブスとロブに食われちゃった気の毒な彼ですが、まあユウトを泣かせた報いってことで!

気になるのはディック(仮)の本名だ!
まあもう今更って感じもしますけどね…。
サイン会で聞いてみたら英田さん、教えてくれるかしら?

前半の息詰まる捜査の展開からコルブスの死まで、緊張感があって一気読みしてホントに面白かったです!
最後はおまけのメロドラマでしたが、ディック(仮)にはもう少し男前なところを見せてもらいたかった気も〜。

しかし高階さんのカラーもモノクロも美しいし、やっぱり期待通り楽しめましたよ!満足です〜♪

ゆちゅらぶ♪ | 英田サキ | comments(24) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
comment_area
ゆちゅ♪さん おはようございます☆

いよいよ明日は【英田サキ】さんのサイン会ですね!
参加出来ないのは残念です(やはり大阪ー名古屋の距離はね〜)が、同行されるみなさんと共に楽しんで来て下さい!!

些細なことですが…サイン会に参加される方は2冊所持することになりますね(笑)
当然結末が気になるからですが、サイン会までに予習したいしね。
売り上げに貢献だ〜!
サイン会、行ってらっしゃいませ〜
(≧▽≦)v
comment_area
(..)φ カズ
2007/06/29 7:57 AM

comment_area
こんにちは!ゆちゅ♪さん。
執拗に表記される「ディック(仮)」の表現に、大いに笑わせて頂きました♪
今回の展開はほぼ予想通りだったのですが、コルブスの描写にはもう少し紙幅を持たせて欲しかった感もありました…。
まあ、でも無事物語が終結して(&二人が結ばれて)くれて良かったです。
私の感想は、今回殆どストーリーには触れてませんが、TB頂きますね!
ではでは。

サイン会、楽しんできて下さいね〜。
comment_area
(..)φ tatsuki
2007/06/29 10:37 AM

comment_area
ゆちゅさん、こんにちは!

ゆちゅさん、事件の顛末を上手くまとめてあってすごいですね!私は途中まで、今までの事件の経過とか、キャラを思い出すのに必死で読んでました(^^;読んだ後も自分じゃ上手く整理できず・・・。

3巻はコルブスが目立ってましたね〜。あんな生い立ちと、死に方ですもんね〜。ディックもお株を持っていかれますね(^^;最後は焦れったいし〜。「おいおい、もうページ数ないよ!どうすんだよ〜。2人ともしっかりして〜!」みたいな(^^;

明日は英田さんのサイン会ですね!いいなぁ!レポ待ってます!
comment_area
(..)φ miku
2007/06/29 10:47 AM

comment_area
こんにちは、ゆちゅ♪さん。

私はまだカバンの中に入れて持ち歩いて読んでいる最中です。なのでゆちゅ♪さんのレビューも端折って読ませていただきました。

もう最終巻だと思うと読んでしまうのがもったいない気がします。

ディック(仮)はずっと(仮)なんですか(笑)
本名、分らないままなんですね。
気になりますっ。

英田さんのサイン会、楽しんできてくださいねvv
ディックの本名、聞けたらいいですね。

私も読んだらまた来ます〜!
comment_area
(..)φ
2007/06/29 1:52 PM

comment_area
カズさん こんにちは〜!

そうですよ〜サイン会ですよ〜!今ちょっと天気が心配なんですが、もうドキドキ落ち着かないッス!(≧∀≦)

あ、あ、あ、英田さんにっ!何をお話すればいいんだろ〜。ディック(仮)の本名も聞きたいけど、小心者なので無理かもしれまへん(T∇T)

とりあえずサイン本は読まずに取っておきますよ〜!
明日は残念ですが、いずれ機会があればカズさんともご一緒できるとうれしいです♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/06/29 2:12 PM

comment_area
tatsukiさん こんにちは♪

ディック(仮)は「DEADHEAT」からしつこくやっているので(笑)たいがいにしろよとゆー気もしますが…。
あと記事タイトルも「昔の名前で出ています」にしようかと思ったけど最終巻だし…。

これはこれでよかったな、というラストですが、もう少しページ数取ってあるとよかったですよね。
「MONSTER」私途中までしか読んでないんですよー!tatsukiさんの感想読んでて俄然気になったのでまたラストまでちゃんと読んでみたいです♪

コメント&TBありがとうございました!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/06/29 2:22 PM

comment_area
mikuさん こんにちは♪

いや、ネタバレしますとは言え、はっ!Σ( ̄□ ̄;と気付くとこれは感想というよりダイジェストかな、と(T∇T)
何か国語の宿題のよーに書き始めたら途中でやめられなくなっていて、もったいないから削らずにアップしましたが、なんでもっと簡潔に言いたいことだけ言えないの〜!(>_<) とひそかに毎度落ち込みます…(┰_┰)

今回はホントに私コルブスにやられましたよ〜。
最初はどこかカフェででも読もうと思ったんですが、あいさんが「人がいなければ号泣していた」とおっしゃってるのを見て、私のヘタレな涙腺では我慢は無理だろうと思いまして。
家で思う存分泣きながら読みました(T∇T)

あの形が最良なんだろうな、と思いますが、切ないですよね…。

コメント&TBありがとうございました〜(^-^)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/06/29 2:49 PM

comment_area
桃さん こんにちは♪

そうですよね、シリーズものの最後って早く読みたいような読むの勿体ないような複雑な気分ですよね。
私の感想はネタバレどころかダイジェストなので読了するまで見ないでくださひ〜(T∇T)

でもでも涙脆い方はお外で読むのは危険かもしれませんよ?(笑)

ディック(仮)はでももうディック、って感じですよね〜。
いまさら本名聞いて「デイブです♪」とか言われたらショックですよ(T∇T)

ではでは桃さんの感想も楽しみにお待ちしておりますね♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/06/29 3:07 PM

comment_area
ゆちゅさん、こんばんは。CDネタに走っている(オイ)このごろでちょっとご無沙汰しております。

「DEADLOCK」シリーズ、とうとう終ってしまいましたね。
面白くてイッキに読んでしまいましたが、とっても名残惜しいです・・・。キャラたちが生き生きしていて、フィクションとは思えない。。。紆余曲折を経て、最後に白い砂浜の家でめでたく天然のローションで(^^)Hを果たした二人に乾杯です♪

サイン会、いかがでしたか?うらやましいvv
感想楽しみにしてます〜〜〜!!!

TBよろしくお願いします☆
comment_area
(..)φ あい
2007/06/29 9:19 PM

comment_area
あいさん こんばんは〜♪

えぇ、田舎はピザの宅配にも時間がかかるから(笑)
しかしキッチンにあるだろ、オイルくらい!と思わないでもないのですが。
犬の名前は予測はついてましたけど、英語で「Come one,dog.」ならあまり気にならないけど「来い……犬。」ってかなり笑えましたよ!(≧∀≦)

最後まで笑いを提供してくれてありがとう、ディック(仮)!

サイン会はとうとう明日ですよ〜!
めっちゃ緊張してますが、今日はとりあえずゆちゅぴんにみなさまへのご挨拶を仕込みました★

サイン会レポも頑張りますねー♪

コメント&TBありがとうございました(^-^)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/06/29 10:15 PM

comment_area
ゆちゅ♪さん、こんにちは!

ついに最終巻を迎えてしまいましたね。「漸く終わった」と言う気持ちと、「もう終わってしまった」と言う気持ちが同時に走り、嬉しいやら残念やらで大変です。

「復讐の連鎖」は断ち切る事が出来た事は良かったかとは思いますが、コルブスの最期は本当に切なかったです。

最期の方は、強引な展開でラストを迎えてしまったので、機会に恵まれれば、コルブス視点での短編が読みたいものです。(お願いします英田先生!っと影響力のないお願いをしてみたり)

ディック(仮)の本名も判明すると良いですね。サイン界でのゆちゅ♪さんのお尋ねに対し、英田先生がどう回答して下さるのか楽しみです。

感情のままで突っ走っているので、「感想」と言うものからは過分に反れてしまって申し訳ありませんが、TBさせて下さいましね!

ではではまた〜
comment_area
(..)φ ハスイ
2007/06/30 2:22 PM

comment_area
ハスイさん こんばんは!

ヘタレですみません…(T∇T)
ディック(仮)の名前は聞けませんでしたよ…。
というわけで私の中で彼はこの先も「エッチの時にピザを頼む男・ディック(仮)」です(≧∀≦)

>コルブス視点での短編が読みたいものです。

そうですよね。コルブス自身の立場からみたユウトやディック(仮)の存在など、機会があれば読んでみたいなぁ、なんて。
まだ全プレ小冊子やフェア配布小冊子がありますから可能性がなくはないかも♪
申し込んでも届くのはしばらく先になってしまうんでしょうが、ささやかに期待しつつお待ちしたいと思います♪

コメント&TBありがとうございました(^-^)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/07/01 1:15 AM

comment_area
こちらにもこんばんは
って気が付いたらこんな時間…早く寝なきゃ^^;)

>だってロブやコルブスのほうが絶対ユウトに優しい…(T∇T)

言えてますよね〜(笑)
ほんと言えてます。

でもきっとこれからは優しくして上げられなかった分だけ優しくしてあげるんですよ、ラブラブな2人で100年たってもきっとラブラブなおじいちゃん達なんですよ〜(笑)

でも、やっぱりロブはいい奴過ぎて不憫なので早く可愛くて優しい彼氏を見つけて欲しいですね。

ドラマCDも買っちゃうかもな…
お金ためとかなきゃ…。

TBさせていただきました
では、また!!
comment_area
(..)φ Jura
2007/07/01 3:24 AM

comment_area
Juraさん こんにちは♪

>でもきっとこれからは優しくして上げられなかった分だけ優しくしてあげるんですよ、ラブラブな2人で100年たってもきっとラブラブなおじいちゃん達なんですよ〜(笑)

ほんとにそう願いたいものです〜(笑)
それにはまずディック(仮)にちゃんと就職してもらわなきゃー!
ふたりでLA警察のおまわりさんもいいかなと思いましたが、警察はゲイに風当たり強いような気もするしね・・・。

二人で探偵事務所とかどうだろう!?
なんにせよもうあまりユウトを泣かせないでくれればそれでいいやと思いますw

ロブも多分いいひと過ぎていつも損しちゃうんでしょうか〜?ほんとにネトにラブってことはないですよね?その場合どっち希望なんだ、ロブ・・・。

コメント&TBありがとうございましたー!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/07/01 3:44 PM

comment_area
こんばんは

>その場合どっち希望なんだ、ロブ・・・。

えっと、その場合ロブ受け希望で…
でも、あの2人ならリバでもいいや(ぇ?)

>もうあまりユウトを泣かせないでくれればそれでいいやと思いますw

うんうん、あんまり泣かせてたら他の奴らが黙っちゃいないでしょうよ、きっと(笑)

それにしても、ディックはやく(仮)が取れるとイイねvv
では!!
comment_area
(..)φ Jura
2007/07/01 7:10 PM

comment_area
ゆちゅ♪さん、こんばんは。
サイン会お疲れ様でした&楽しまれたようで幸いでした。
いいな…あたしもさっさと都会(にほど近い処)に進出したい(笑)

この本は本当に良かったのですが読後私が悩んでいることがディック(仮)の本名と併せてもう一つ。
どこかのBL本かはたまた少女マンガか、映画で
『暗殺者に育てられた暗殺者が依頼人の求めに応じて育ての親である暗殺者を殺して、親の二つ名を継承する』という話。
しかもその育ての親の暗殺者は死に際に養い子に向かって「これでお前も立派な暗殺者だ」とかなんとか言うんです。

そのシチュエーションはどこで見たのかが気になって気になって。ツーリングEXPでもないし…なんだろ…う〜ん…みたいな。
全く関係ないことに頭を悩ましている最近でございます。
ゆちゅ♪さん、なんか心当たりありませんか?(他力本願)
すみません…なんか関係ない話題で。
comment_area
(..)φ 真琴
2007/07/01 10:16 PM

comment_area
Juraさん こんばんは!

再びありがとうございます(笑)

私は意外性でネトの男前受が…って、トーニャがすごく笑うかすごく怒るかどっちかですね♪

ディックの(仮)は取れる日来ますかね…!?
小冊子が後日談なら期待できるんですけどね♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/07/02 1:11 AM

comment_area
真琴さん こんにちは♪

私が住んでる場所も大概田舎ですので、だからこそこんなに付近に腐女子が潜んでいたことにびっくりというか(笑)

私も今回コルブスの境遇にチラリとツーリングとか神背とか頭を過ぎりました。
まあスナイパーと兵士ではまた違うんですけど…。
真琴さんがお尋ねのシチュエーション、私もどっかに「あれれ?」と引っ掛かるものは覚えますが、浮かんで来ないよ〜(>_<)
なんでしたっけ?あう、気になる〜!

思い付いたらまた!真琴さんも思い出せたら教えてください〜♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/07/02 10:31 AM

comment_area
こんばんは、ゆちゅ♪さん。

やっと読み終えました。

>実は子供のままに無邪気なのです。

ゆちゅ♪さんのこの言葉の意味が読み終わって痛いほどよく分かりましたよ〜。
きっとコルブスは幸せなまま逝ってしまったのではないかと思います。

心残りはロブの幸せなんですけど(笑)
是非、年上ツンデレ美人さんを捕まえて攻めとして幸せになって欲しいというのが私の望みなんですけど、それて続きが出ないかなあと願ってます。

TBさせいいただきましたのでよろしくお願いしますvv

comment_area
(..)φ
2007/07/02 8:41 PM

comment_area
桃さん こんばんは♪

コルブスは恐るべきテロリストで彼が今までしてきた行為は到底許すことはできないんですが、彼の境遇を知り、ただの狂信者や愉快犯ではないことがわかればその立場に一番共感できるのはディックだったと思うんですよ。
兵士として命令されたことには疑問すら抱かずに従うことを経験していたから、事情が知れればもうそれ以上コルブスを憎むことはできなかったんじゃないでしょうか。
そしてその憎しみから解放されたとき、ユウトとの未来をやっと考えられるようになったんだろうな〜と思います。
そして本来のディックはヘタレ野郎だった、と(笑)

私も絶対ロブの方が幸せになれるのに〜!と思いましたが、ホントにロブとデキちゃってたら烈火の如く怒ったに違いない(笑)
読者って勝手ですよね〜、ごめんね、ロブ♪(笑)

>攻めとして幸せになって欲しいというのが私の望みなんですけど

え?じゃあ桃さんもネト受?←そんなわきゃねえ!(≧д≦)
ネト受は半分くらいしか本気じゃありませんが、これからのロブの幸せは願ってやみません♪

コメント&TBありがとうございました〜!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/07/02 10:58 PM

comment_area
ゆちゅ♪さん、こんばんは〜

このままラブなしで物語が終わるのではないかと疑ってしまうほど、ラブが少ない話でした。
全てはどこかのヘタレのせいだと思いますけどね〜(笑)
ロブの株が急上昇というか、ディックの株が急暴落のため、もうこのままロブでいいじゃん!!流されちゃいなよ!!と思わずにはいられませんでしたよ♪
まあ、100年幸せに過ごしてくれ!!と思わずにはいられませんでした。
サイン会もお疲れ様でした♪
うらやましいですよ〜。
福岡もそれなりに都会だし、福岡在住の作家さんもいらっしゃるからサイン会してくれればいいのにと思わずにはいられません。
BL作家さんのサイン会自体それほどないから仕方ないのですかね〜。

TBもいただきました♪よろしくです。
comment_area
(..)φ はーこ
2007/07/04 12:04 AM

comment_area
はーこさん こんばんは♪

まずはじめにごめんなさいです!
はーこさんのコメント欄に記した情報に誤りがありました。
ディックのムショ話である「遠い夜明け」は書店配布のためのショートだそうです。
全サは完結後の二人とのことなので、ひょっとしてヘタレの本名が明かされる可能性もあったりするのでしょうか?

なんにせよ、エスの小冊子でみなさん味をしめてますからね〜、本編の薄味を補うこってり甘いラブを期待したいところです。

サイン会は岐阜もありえませんけど名古屋が近いのが幸い。とりあえず本州の真ん中なので交通の便はいいですからね〜。

都会度でいえば福岡も大きな街だなぁと思うのですが、やはり海越えがネックなんでしょうか…(T∇T)
いずれはーこさんにはお会いできるかしらと今から期待しております♪
(私の期待の源は先日400試合出場をはたしたあの方で合ってますか?)

コメント&TBありがとうございました(^-^)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/07/04 12:43 AM

comment_area
ゆちゅさん、こんにちは!

>思い切ることもさらいに行くこともできないくせ、ネトにハガキを送ってみたり犬にユウトの名をつけてみたりと未練たらたらでユウトにいつでも行動させておいて、告白は最後の最後。
どこまでヘタレなんだディック…!!
ディックを追いかけてユウトはFBIにまで入って奔走したのに…。
ユウトの方が断然漢前だよ!と、突っ込みたくなりましたよ。
迎えに行くくらいの気概を見せろよディック!!
再会のシーンは、違う意味でテンション上がってしまいました(笑)
そして、こんなヘタレなディックに勝てないロブが、可哀想でなりませんでした(^^;)

TBさせていただきます!
ではでは〜
comment_area
(..)φ にゃんこ
2007/07/08 3:20 PM

comment_area
にゃんこさん こんばんは〜!

>再会のシーンは、違う意味でテンション上がってしまいました(笑)

全くですよ!名古屋でもつい興奮しちゃいましたが、私はあの時ユウティになりたかった…!そしてヘタレディックの背中に跳び蹴りしたかったですよ(笑)←犬は跳び蹴りしませんからU^ェ^U

確かにロブは気の毒でしたけど、やはりユウトくらい男前受だと甘やかされてダメになりたくない、ってブレーキ掛かっちゃうと思うのでディック(仮)くらいのヘタレを甘やかしてやるほうがいいんですよ、きっと(≧∀≦)

小冊子配布は来週からですかね〜?
昨日メイト行ってみたけどやはりまだでした(T∇T)小まめにチェックが必要ですね!

コメント&TBありがとうございました(^-^)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/07/08 10:54 PM

It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
DEAD SHOT
たとえ世界の半分が構造的に飢えているにしても、我々が出来ることは殆ど何もないのでしょう。 フィクション世界の彼らなら、何か一波乱起こしてくれるのではないかと期待していたのですが、 ユウトもディックもコルブス
(^ー゚)ノ la aqua vita | 2007/06/29 10:28 AM
DEADSHOT
あぁ・・・待ちに待った「DEADLOCK」シリーズ最終巻!発売も待ったけど、最後まで行き着くのも・・・(^^;BL枠を超えたハードボイルド?ハードボイルドの中のBL要素?的な・・・骨太な作品でした。 DEADSHOT―DEADLOCK3英田 サキ
(^ー゚)ノ BL本の日記 | 2007/06/29 10:40 AM
英田サキさんのBL本「DEADSHOT」
英田サキさんのBL本「DEADSHOT」を読みました♪ 第二弾「DEADHEAT」 の感想はコチラです。 読んだのは発売日なんだけど、そろそろ感想があがってきたので、少々ネタバレしてもOKかしら・・・と。 口絵をめくれば、二人の未来が一目でわかるのだけど(笑)、これ
(^ー゚)ノ ボーイズラブ・オタクなあいのひとりごと | 2007/06/29 9:14 PM
DEADSHOT DEADLOCK3
【内容紹介】 ディックを復讐の連鎖から解放したい──。宿敵コルブスの逮捕を誓い、捜査を続けるFBI捜査官のユウト。次のテロ現場はどこか、背後に潜むアメリカ政府の巨大な影とは…? ついに決定的証拠を掴んだユウト
(^ー゚)ノ +synapse∞type-bee+ | 2007/06/30 2:12 PM
DEAD SHOT(DEAD LOCK 3)【英田サキ / illust 高階佑】
英田サキさん、キャラ文庫からDEAD LOCK第三弾の「DEAD SHTO」です。終わってしまいましたね〜寂しいです。でも、今回は終わらせるのがもったいなくなっちゃって…なんて途中で失速しないように頑張って読みました...
(^ー゚)ノ 詞の音 | 2007/07/01 3:17 AM
DEADSHOT 英田サキ
DEADシリーズ完結編です。 『DEADSHOT』、よかった。よかったです・・・。ほぉお(魂の抜ける音)。『DEADLOCK』は、おお、こんな骨太な作品が現れた、今後が楽しみだとわくわくし、第二弾の『DEADHEAT』は、ああ、盛り上がってきたわ、コルブスって一体何なのか
(^ー゚)ノ 貴腐人の館 -BLマンガ・小説 | 2007/07/01 10:54 PM
DEADSHOT−DEADLOCK3−
DEADSHOT―DEADLOCK3英田サキ著。キャラ文庫。 待ちに待っていた『DEADLOCK』最終巻です。もうあちこちのサイト様ですでにレビューが書かれているので今更私が下手な感想をグダクダと書くのもなんだなあ〜と思いつつ、でも書かずにはいられなくてやっぱりグダ
(^ー゚)ノ 桃の楽園 | 2007/07/02 8:35 PM
「DEADSHOT」著者:英田サキ イラスト:高階佑
『DEADLOCK』シリーズの最終巻。 発売を楽しみにしていたのに、実際手にしたら読むのが怖くなり後回しにしてしまいました。 馬鹿ですね〜。 DEADSHOT―DEADLOCK3 英田 サキ 【あらすじ】 ディックを復讐の連鎖から解放したい──。宿敵コルブスの逮捕を誓い
(^ー゚)ノ こんな本よみました… | 2007/07/03 11:40 PM
DEADSHOT -DEADLOCK3-
DEADSHOT―DEADLOCK3-英田 サキ Amazonで詳しく見る by G-Tools ついにこのシリーズも完結です。 予想以上に話が大きくなっていて不安になっていたのですが…。 そうきましたかー。 シリーズ既刊本はコチラ→「DEADLOCK
(^ー゚)ノ にゃんこのBL徒然日記 | 2007/07/08 2:54 PM