CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
<< 「あいさんからの指名バトン」をいただいちゃいました♪ | main | 情熱ラブは船上で♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
夢とロマンで何度でも
BLACK SUN奴隷王
BLACK SUN奴隷王
小笠原 宇紀

ここ数日何をやってたかというとずーっとコメントにレスしてました。

あいさんからいただいたバトンでたくさんの方からコメントやTBをいただき、大変楽しくお返事させていただいてたんですが(ゆちゅぴんネタやマグロ漁船へ反応してくださってありがとうございます・笑)ふと気付くとまるで本が読めていない〜(T∇T)

今ゆちゅぴんの給食もなくて昼に帰ってきちゃうのでなかなか時間なくて…。

と言い訳が長いのですが、今ご紹介できる本がこれしかないんですよ。

もちろん大絶賛してもイイ!と思ってるんですが、お友達がみなさん紹介してらっしゃるので自分はもういいや♪と思ってたのに(笑)

弾切れのための苦し紛れには勿体ないほどの面白さでございました♪

ミリオンコミックス 小笠原宇紀 「BLACK SUN 奴隷王」


「お前一人が先に天国行きだ」

聖地へと続く巡礼ルートの攻防のさなか、美貌の司令官レオナールは仲間の命を救うため、帝国軍の常勝将軍ジェマル・ジャンに囚われの身となった。
清貧・貞潔・祈りをモットーとする修道院でありながら、昼夜を問わずジェマルに抱かれるレオナール。
奴隷の身から将軍にまで昇りつめた男、ジェマル。
敵同士でありながら、互いに惹かれるふたりだったが!?

拍手する
『イェニチェリ(新しい兵士の意味)は、支配下のキリスト教徒の中から強健・美貌の少年を選抜してイスラム教に改宗させ、厳格な訓練を施して組織された親衛隊である。身分上はスルタンの奴隷であるが、高位・高官に栄達する登竜門でもあったので、後にはバルカン半島の住民の中には自分の子弟を志願させる者も現れた。』

だ、そうです。
強健・美貌の少年ですよ!おお♪

しかし↑の記述は後に発展した形のもので初期はホントに奴隷軍だったようですね。
兵舎に住まわされ妻帯も禁じられていたというし。ニヤリ( ̄ー ̄)
それはそれで美味しいシチュエーションなのですが!

まあジェマルの場合は副官のイザークが妻帯していることからみてもだいたい上記の記述にあてはまる当たりだと思うので、奴隷といっても元々親衛隊として訓練するために育てられた少年の一人だったんじゃないかと思います。
だとしたら所謂『奴隷』という言葉から連想されるような酷い扱いを受けて育ったというわけでもなさそう。

奴隷からの成り上がりというわりにハングリー精神みたいなものが見受けられないというか、ギラギラした執着心をもたないように思えるのはそのせいなんですかね。

いや、彼の場合は執着心どころか羞恥心もないんだけど。
そして別のイミでハングリーとゆーか別のところはいつでも臨戦体制なんですけど(笑)

なんというかキング・オブ・攻!って感じでいろんな人に手を出してるんだけどおおらかで素直で、欲望に忠実で悪びれることがなくなんとも憎めないキャラでございます。
つーか有り体にいえばすごーくかわいい。
大好きだ、ジェマル!ヾ(≧∇≦)ノ

彼の「夢とロマンをもって何度でも言うぞ」には痺れました♪
大股開きでひっくり返ってても彼は攻。超絶攻なのです!
コーフンしまくりで喘ぎっぱなしのレオナールの気持ちもわかるよ(笑)

こんなに生々しく剥き出しなのにちっともやらしくなくて爆笑しちゃうのはなぜだ!(笑)

レオナールもすごく可愛い受なんですよ、ジェマルがイザークといちゃついてたらヤキモチ妬いて破壊行動に出たり(笑)

なのに今回初恋の人ラ・トゥール卿の言葉に動揺してジェマルを振り切ってしまったのでちょい株が下がり気味でしょうか。
次回は素直にジェマルのラブを受け入れて欲しいものですね♪

あーもージェマルは裸馬のシーンも愛人発言も全てがかっこよかったです♪
もうなんでもイイ!剥き出しでも!(笑)

この作品は脇を固める登場人物たちもなんとも言えず魅力的なんですよ。

絶対君主として君臨するスルタンである陛下もジェマルを可愛がっていて公正で面白がりなヒゲのオッサンでステキですし(ゴキ〇リちっくな髪形がなんとも言えません・笑)そのお小姓?(というには年が…)ニコライデスも突き抜けたバカさ加減がいっそ可愛いです。

そして副官のイザーク。
この人とジェマル×レオナールの関係性を見て、吉田珠姫さんの書かれる石黒和臣さまのとこのバンドやってる弟を思い出しましたよ。
苦労性だなあ(T∇T)

この作品は皆様散々ステキ感想を語ってらっしゃるので違った角度から攻めるぜ!と思っていたのですが結局いつもとあんまり変わんないですよね(┰_┰)

わざわざイェニチェリについて調べたのは、昔友人が激しくイェニチェリ萌えしておりまして。
彼女からイェニチェリには去勢された兵士がいると聞いてたのですが、今回調べた限りではそんな記述は全く見当たりませんでした。

果たしてそれは事実なの?それともイェニチェリに萌えるあまりのそうだったらいいのにな♪という彼女の妄想だったのでしょうか。
事実をご存知の方がおいででしたら教えていただけると嬉しいです♪

とにかくこちら、今年の自分ランキングBLコミック部門では圧倒的一位です、いまのところ。
ホントに面白かったです!
ゆちゅらぶ♪ | 小笠原宇紀 | comments(20) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
comment_area
ゆちゅ♪さん、おはようございます。

小笠原さん、相変わらず絵が美麗ですよね。
私は彼女の某コミックの軍の航空隊員のお話が大好きだったのですよ。
しかし、どんだけ露骨な描写でエロエロしく描いてあっても、なぜか絵の美麗さに目を奪われるせいか…うわ、エロいと思ったことがありません。
私だけでしょうか?
石黒さんとこの弟さんって、天にとどく樹のGNOSISの彼ですよね?
私、あのシリーズが和臣様シリーズより大好きなのですが、なかなか知っている方が少なくて寂しかったのです…

イニチェリ萌えは、確か世界史萌えな友人が語っていたような…
でも彼女の中心萌えは英国史とチェーザレ・ボルジアと中国史だったしあまり語ってくれませんでした…
私自身はあまり詳しくないので真実は分かりませぬ。
話は変わるかもしれませんが、高校時代の先生が、去勢を行うのは騎馬民族で農耕民族にはその習慣がない。
といった話を熱くなさっていたことをふと記事を見て思いだしましたヨ。

スミマセン、コメントが長くなりまして…
comment_area
(..)φ 真琴
2007/04/12 8:38 AM

comment_area
ゆちゅ♪さん、今日は!

この作品は、メインから脇役まで、おいしい人物が沢山いて楽しかったですね。

エロがエロ過ぎて、「誰がどこで絡み合っていても、日常風景の一環にしか思えない」ように思えて来るのが何とも言えません(笑)。

こんなに攻が(あらゆる意味で)剥き出し、曝け出しの作品も珍しいかと思うのですが、今から続編の発売が楽しみでなりません♪

ではでは、TBさせて下さいね!
comment_area
(..)φ ハスイ
2007/04/12 10:21 AM

comment_area
こんにちはー。
ゆちゅさんの感想待ってました〜。
これは…評判がいいみたいですね(^^)
面白いと思いますけど、相変わらず好みの分かれる作風のままだから…ちょっと驚いてるこの頃です〜。

私も真琴さんが仰るように、モロ出しのエロばかりだけどちょっと違うんですよね〜。そこが好きでもあるんですけどv
エロいなと思うあのシーンは志水さんとかですね(^^*)
その差は何でしょうか?
裸の教科書っぽいのかな(笑) どんな教科書なんだろw

ゆちゅさんの前で散々この方について叫んだので、くどいと思われてるかもしれない;
退散〜〜〜ε=ε=┏(;´□`)┛

TBお願いしますね!
comment_area
(..)φ
2007/04/12 11:33 AM

comment_area
真琴さん こんにちは!

小笠原さんは実はコミックス初読みなんですよ〜!
「Nightmare〜」とか連載してたとき知ってたのにもったいないことをしました・・・(T▽T)
ほんとに美しいですよね!なんだか×××も造詣がきれいなので美術モデルみたいでやらしい感じがしません・・・だって本人ちっとも恥ずかしくないんだし!(笑)

そうそう、GNOSISの彼はネタが古すぎてお分かりの方もあまりいないかと思ってたんですが、さすが真琴さん!
私もこちらのほうが好きです。

しかしイェニチェリ萌えってやはりあるんですねw
歴史って奥が深い♪

関係ないけどオー○ンド・ブルームの十字軍映画も見ましたが私はビゴの小汚いオッサンの砂漠レースの方が好きです・・・。
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/04/12 12:58 PM

comment_area
ハスイさん こんにちは♪

ほんと、私おバカに対する萌えはあまり感じないんですけど突き抜けすぎてニコライデスがかわいくてしょーがないんですが(笑)

本人たちはのびのびと楽しそうですが、ジェマルの屋敷の使用人は苦労が絶えないでしょうねw
続編はもう、心待ちにしたいと思いますが、いつ出るんでしょうね・・・。それまでにがんばって小笠原さんの既刊本を探したいと思います!

コメント&TBありがとうございました♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/04/12 1:11 PM

comment_area
空さん こんにちは♪

実は「Nightmare〜」は雑誌でちょっと読んだときになんかあまりのスゴさに一瞬でひいてしまったというか・・・(笑)
でも今なら楽しく読めそうです!ここしばらくでラブレスとかラクダとかハゲパンとか私も鍛えられたし!!
作画の美しさはまさに眼福ですよね〜♪
ギリシャ彫刻を鑑賞しているつもりでみれば剥き出しの×××もぜんぜんOK♪ダビデくんのは起ってないけど(笑)

コメント&TBありがとうございました!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/04/12 1:18 PM

comment_area
ゆちゅさんの奴隷王レビュー待っていたんですよ!

10人いれば萌えも10通りありますから、これからもそんな遠慮なさらず、エロ…じゃなくて萌えをどんどん語ってくださいませ!

小笠原さんよかったですよね。絵がきれいなのにナニはモロだしだし、かといって読み応えはありだし。

ゆちゅさんのミニ知識も楽しかったです。

パソコン復活したらトラバいれさせてください!ではでは〜
comment_area
(..)φ okapi
2007/04/12 7:20 PM

comment_area
ゆちゅさん、こんばんは。

マグロ漁船とちゅちゅぴんちゃんに、みんなで食いついていましたね(笑)。レスお疲れさまでした。

イェニチェリ萌えのお友達…マニアの匂いがして素敵です。
昔のトルコの軍隊って男臭くて禁欲的で、絶対素敵なこと(笑)があったに違いないですよ〜!
きっと去勢もありだったと思います(オイ)。

TBよろしくお願いします〜☆
comment_area
(..)φ あい
2007/04/12 10:21 PM

comment_area
okapiさん こんばんは♪

お待たせしました!とゆーかこんな記事で待ってていただいか甲斐があるのかどうか(T∇T)

今回は私エロ萌えとゆーよりナニ萌え…いやいや、ジェマルの剥き出しの男前ぶりに萌えてましたんですのよ♪&美ケツ(笑)

見れば見るほどかっこよくて2巻発売が待ち遠しいですね♪

コメントありがとうございました、TBもお待ちしてますね!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/04/12 10:32 PM

comment_area
あいさん こんばんは♪

先程ウィキで「イスラーム世界の少年愛」という項目がありまして、なんてタイムリー!とさっそくクリックしたのですが容量オーバーで携帯からは閲覧できなかったのです(T∇T)
つーかそんなに大容量になるほどあるんだ、少年愛…( ̄ー ̄)★
イェニチェリ候補の強健・美貌の少年たちも夜はスルタンのハレムに侍っていたのですね、きっと。

と、このように小笠原さんのおかげでイスラム世界に新たなる萌えを見出だせました(笑)
アラブに飽きたらトルコがあるさ!

コメント&TBありがとうございました♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/04/12 10:41 PM

comment_area
こんばんは!ゆちゅ♪さん。
私もイェニチェリについて少し調べてたら…歴史好きの血が騒いで止まらなくなってしまいました(笑)。
実は、オスマン帝国にまつわる入門書を持っていたことを思い出したので、こちらを取り急ぎ再読して、近いうちにブログにアップできればなと思っています。
どうも、「ひげなしミハル」というキリスト教&ムスリム双方の住民から人気があった英雄がいたらしく、彼が恐らくジェマルのモデルだったのではないかと思っていたり。
ちなみに、ジェマルは所謂イェニチェリ登用制度以前の奴隷登用制度から、スルタンの随一の家臣にまで登りつめた奴隷軍人のような気がします。
(そして、この奴隷と言う単語は我々がイメージするそれとは少し違っているみたいです…が、話し出すと長くなるので割愛)
残念ながら、私もイェニチェリの去勢云々の記述はみつけられませんでした…。
が、所謂「後宮」ハーレムには黒人宦官と「内邸」(スルタンと小姓<イェニチェリ含む>がいる!)には白人宦官が配置されていたらしいので、むしろこの宦官達が去勢されていた可能性は高いかもしれないですね。
(これは私の個人的な予想で未検証デス)
私は、この作品を殆どファンタジーと思って読んでいたので今まであまり気にしてこなかったのですが、ゆちゅ♪さんの感想を読むと史実と比較するのも楽しそうです。
今から作業が楽しみ♪

今まで萌えトークばかりでしたので、今回はちょっと硬めのお話で失礼します。
ではでは!


comment_area
(..)φ tatsuki
2007/04/12 10:56 PM

comment_area
tatsukiさん こんばんは!

わーいtatsukiさんもイェニチェリ調べてらっしゃるんですね!またそちらの記事も楽しみです。
歴史モノみたいなのはもちろんBLとしての萌えもあるんですが、背景とか気にしだすとまたキリがなく。楽しいですよね♪

先程あいさんのコメントに記述してるのですがウィキペディアに面白そうな項目があって…またパソコンからみてみようと思っているのですがよかったらtatsukiさん参考に覗いてみてください〜(笑)

ところで!全く余談ですが常日頃のtatsukiさんの知識への探求心からして、寛子さんのブログはお気に召すんじゃないかと思ってました。ふふふ〜♪

コメント&TBありがとうございました!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/04/12 11:15 PM

comment_area
こんばんは!

皆様博識ですね〜!いろいろとタメになりました!皆様探究心がすごいです!

いや〜、ガン攻めジェマルには本当にやられました!おバカでも、いつも臨戦態勢で丸出しでも、アホなことやってても、かっこいいものはかっこいい!!!あそこまで羞恥心がないといっそすがすがしいものすら!
そしてレオナールも美しい受けなのに、アソコが臨戦態勢で練り歩いても、かわいいものはかわいい!!!
もう、アレはエロでなくて芸術かと・・・(と、アソコをガン見していた自分に言い訳してみる)。

この続きもですが、他の作品も楽しみです!他のも探してみます〜!

TBお願いします!
comment_area
(..)φ miku
2007/04/12 11:33 PM

comment_area
mikuさん こんばんは♪

ガン攻…(笑)言えてる!
ジェマルの一日は朝飯前の一発から始まるんですもんね!(≧∀≦)
とゆーことはレオナールも起きぬけから…ってことで。一日中対戦できるレオナールも実は相当絶倫ですよね(笑)

レオナールがもっと素直になれればかわいいラブラブカップルだと思うので、次はラトゥール卿のイヤミにめげず頑張って欲しいですね♪

コメント&TBありがとうございました!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/04/12 11:44 PM

comment_area
はじめまして!
「腐女子の漫画・小説・アニメのオタク感想文」という無駄に長いブログのさくらと申します<(_ _)>

あいさんのブログのTBで「夢とロマンで何度でも」という同じ台詞で萌えているのを発見して飛んで参りましたw

同じく痺れすぎる台詞に、無駄に何度も読み返しています!

>彼の場合は執着心どころか羞恥心もないんだけど。

まったくです!!
軍人辞めたいくらいだし、あんなところで大股広げられるようでは羞恥心もないですよねw
なんか、その突っ込みに笑ってしまいましたw

ジェマル格好よすぎでドキドキです!
次巻は(いつだ?)レオナールはちゃんと彼の愛を受け止めてやって、早く私を悶え死にさせて頂きたいものです(爆)。

TB頂戴していきます★
comment_area
(..)φ さくら@腐女子のオタク感想文
2007/04/25 1:04 AM

comment_area
さくらさん はじめまして、こんにちは♪
雑草園にようこそいらっしゃいませ(^-^)

きゃ〜、このセリフ痺れますよねえ!
ジェマルという男のスケールの大きさがこの一言に集約されているように思います。
そうだよなー、好きな男とのセックスに夢とロマンを求めるのは素晴らしいことだ!(笑)

先程さくらさんのところにもお邪魔してコメントさせていただきましたが、ひょっとして文字化けしてるかも(T∇T)
TBも無理だったようです。
哀しきモバイラーの身ゆえなかなか不自由もございます…(T-T)
また後日あらためて伺いますね!

コメント&TBありがとうございました♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/04/25 11:04 AM

comment_area
こんばんは〜
あんなに頻繁にやってるのに見てて嫌にならないっていうかそれそのものが笑いの種っていうか(ぇ?)
こういう漫画も珍しいんじゃないかなって思いました。

ジェマルはエロエロ大魔神なのかと思ったらそうじゃないところもちゃんとあって、すごくかっこよくて理想的な攻め様だわ〜。

確かにあの絶倫男と対等に遣り合えるレオナールも凄いですよね。受けの方が体力使うと思うのに……
ジェマルがこの先一人に決められるかどうかはレオナールがどう動くかによって変ってくるのかな〜

TBさせて頂きました
では〜
comment_area
(..)φ Jura
2007/04/25 9:32 PM

comment_area
Juraさん こんばんは♪

ラブレスなやりっぱなしとか根幹となるストーリィなしでやりっぱなしはキツイですが、ジェマルからは全編に渡りレオナール好き好きオーラが感じられましたよ(笑)

なぜそんなにもサカるのかと問うたらそこにレオナールがいるからだ、と剥き出しで胸を張られてしまいそーなジェマルにめろめろです(≧∀≦)♪

レオナールも一人寂しく涙にくれるくらいなら次こそは素直にジェマルラブを叫んで欲しいですね〜ライバル多いんだし!

コメント&TBありがとうございました(^-^)!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/04/26 12:44 AM

comment_area
ゆちゅさん、こんにちは〜。

ジェマルの格好よさには本当、惚れ惚れしますよね〜。
ナチュラルに裸で剥き出し(笑)ですけど、なんかもう飾らないうつくしさ(笑)
あと攻めなのにお尻がとってもプリティ(笑)

私は全然歴史とか詳しくなくてイェニチェリ?何それ?ってな具合ですが、そういうのわからなくても充分に堪能させていただきました〜。

あとやっぱり陛下の髪型は黒い虫みたいですよね・・・。
ワンシーンだけ頭髪が全部出てましたが、結構渋いジャン!とかって、陛下のファンになりそうでした(笑)

だらだらすみません。TBお返しさせてくださいね。
comment_area
(..)φ 秋月
2007/05/16 8:59 AM

comment_area
秋月さん こんにちは♪

私もなぜか友人が萌え萌えしてなければナニソレ?ですよ〜。しかも間違ってるし・・・。
しかしBLのおかげで毎日がトリビア生活、楽しいです♪

陛下の触覚はどう考えても邪魔なような気がしますが、ごはんの時はどうするんだろうと瑣末なことが気にかかります・・・。
ジェマルのきれいなおしりとか素敵な×××とかも出しっぱなしでちとアレですけども、個人的にはたったままふらふらしてるレオナールのコンニチハ状態の方が変態くさいというジェマルの意見に賛成ですw
早く二巻がでるといいですねぇ・・・。

コメント&TBありがとうございました!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/05/16 1:15 PM

It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
BLACK SUN 奴隷王
【内容紹介】 『お前一人が先に天国行きだ』 敗者は殺されるか…奴隷になるか…。神に身を捧げる修道騎士レオナール。快楽を好む、大胆不敵な常勝将軍ジェマル。敵として出逢った二人だが!?聖地へと続く巡礼ルートの攻防
(^ー゚)ノ +synapse∞type-bee+ | 2007/04/12 10:07 AM
BLACK SUN 奴隷王
BLACK SUN 奴隷王 BLACK SUN奴隷王小笠原 宇紀 (2007/03/29)大洋図書 この商品の詳細を見る 内容紹介:転載 「お前一人が先に天国行きだ」 聖地へと続く巡礼ルートの攻防のさなか、美貌の司令官レオナールは仲間の命を救うた
(^ー゚)ノ Moon stone | 2007/04/12 11:34 AM
BLACK SUN 奴隷王
小笠原宇紀さんの新刊です!十字軍時代をベースに起こした歴史ファンタジーみたいですヨ。 本来なら、キリスト世界VS.イスラム世界というかなりシリアスな設定図式な筈なんですけどね…、 BL的サービスシーンが旺盛で、
(^ー゚)ノ la aqua vita | 2007/04/12 7:26 PM
小笠原宇紀さんのBLコミック「BLACK SUN 奴隷王」
小笠原宇紀さんのBLコミック「BLACK SUN 奴隷王」を読みました♪ 宇紀さん素敵〜〜〜〜!!! 興奮しすぎで夜中眠れなくなりました・・・(〃∇〃) 日増しに私、ヘンタイ度がUPするようで嬉しい不安です。。。 小笠原 宇紀 BLACK SUN奴隷王
(^ー゚)ノ ボーイズラブ・オタクなあいのひとりごと | 2007/04/12 10:14 PM
BLACK SUN 奴隷王
初読み作家さんです!空さんとあいさんのレビューで気になっていたのですが、大当たりでした!!! BLACK SUN奴隷王小笠原 宇紀 (2007/03/29)大洋図書 この商品の詳細を見る あらすじ 聖地へと続く巡礼ルートの攻防のさ
(^ー゚)ノ BL本の日記 | 2007/04/12 11:21 PM
BLACK SUN奴隷王 小笠原宇紀
BLACK SUN奴隷王小笠原 宇紀 (2007/03/29)大洋図書 この商品の詳細を見る将軍×とらわれの司令官 皆さまの感想から、肌色率高い…下半身丸出し…などの踊り文句(?)にウキウキと購入しにいったアホ1名。帯が薄々ですよ!!薄
(^ー゚)ノ 備忘録 | 2007/04/13 5:43 PM
[+] 小笠原宇紀「BLACK SUN奴隷王」
ミリオンコミックスの小笠原宇紀さんの「BLACK SUN奴隷王」です。 【 あらすじ 】 敗者は殺されるか…奴隷になるか── 聖地へと続く巡礼ルートの攻防のさなか、美貌の司令官...
(^ー゚)ノ 腐女子の漫画・小説・アニメのオタク感想文::青 | 2007/04/25 12:57 AM
BLACK SUN −奴隷王−
聖地へと続く巡礼ルートの攻防のさなか、修道騎士の司令官レオナール・ド・ランブールは仲間の騎士達の命を救うため、自ら帝国軍の敵将ジェマル・ジャンに囚われの身となった。清貧、貞潔、祈りをモットーとする修...
(^ー゚)ノ 詞の音 | 2007/04/25 9:25 PM
『BLACK SUN 奴隷王』
「BLACK SUN 奴隷王」   小笠原宇紀 大洋図書ミリオンコミックスHerZシリーズ (2007.04) 【あらすじ】 中世オスマントルコと十字軍の戦いをベースにしたファンタジー作品。 伯爵家嫡子、美貌の司令官レオナール・ド・ランブールは、包囲された
(^ー゚)ノ 月と凌霄花 | 2007/05/16 8:43 AM