CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
<< 君は僕のPOPSTAR☆ | main | ネコ屋じゃないですよ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
ナマステ!マイ プリンセス♪
王子様の正妃
王子様の正妃
夜月 桔梗

ぎゃ〜〜♪来たっ!とうとう来ましたよ!

以前から度々「だれか〜書いて〜」と念を送り続けた甲斐あって、とうとうBLもインド進出です。ナマステー!ヾ(≧∇≦)ノ

アズノベルズ 夜月桔梗 「王子様の正妃」


ミヤタ家の五人兄弟は、それぞれ天才的頭脳と技を併せ持つ怪盗たち。
ある日、四男の真紫はロンドンのホテルでいきなり民族衣装姿の超色男から求婚される。
なんと魔女のお告げでクシルナート国のディファトゥーラ王子のお妃に認定されてしまったらしい。男なのに…!?
双子の兄・真黄とともに王子の国を訪れた真紫は、期日までに二人を見分けろと課題を出すのだが…。


双子っ!花嫁っ!ツンデレっ!

うはははは、顔のニヤケがとまらんくらい楽しかったです!(笑)

アラブものは大好きなんですが昨今は猫も杓子もアラブアラブと、日本の美青年はねこそぎ砂漠の潤いとして中近東に流出してしまうのかと憂えておりました。

つーかぶっちゃけ毛色の変わった話も読みたいのよ。
とゆーわけで次はインドだ!と言い続けた願いをBLの神様がお聞き届けくださり、こうしてうきうきと皆様にもレビューをお届けすることができます。
このままインドからのスパイシーな風がしばらく続くと嬉しいなあ♪

この本実は王子さまシリーズ第二弾でありまして、前回は欧州を舞台に末っ子の浅緋と金髪王子のラブロマンスでした。

私は金髪に対する興味が薄いので前の本に関しては朧げではありますが、記憶喪失で王子の元にいる末弟を兄ちゃんズが揃って奪い返しにくるあたり人魚姫みたいと思ったような…。

今回も荒唐無稽よん?なんたって

『魔女のお告げ』

によって怪盗ファミリーの四男坊が王子さまの正妃として世界的指名手配されてしまうハメに。

王子と真紫の初対面シーンなんて、ターバン巻いてるんだよー!ひー!(≧∀≦)
最近カフィーヤ被ってる人は別に?というように感覚が麻痺してましたが、ターバン…。

まあ冷静に考えるとカフィーヤ被ってラクダに乗ってたシークがターバン巻いて象に乗ったラジャに変わっただけなんですけどね…。

話のほとんどが王宮で展開されてるので、アラブとインドですごく違いがあるかというとそうでもない気はするのですが(苦笑)お告げにより選ばれた正妃は男で双子で怪盗ファミリーの一員という三重苦を乗り越え、ディファ王子は見事真紫を妃に迎えることができるのか!?とエンタメ度は高く私的な萌えツボがたくさんあったためあまり細かいところを気にせず楽しく読みました。

魔女の予言には逆らえないけどそう簡単に男のヨメになんかなりたくないから、と双子の真黄を伴い一週間の期限つきでディファ王子の「我が妃はどっちだ!?」―正解者には嫁を進呈―が始まります。

そして様々な双子の妨害にも関わらず本物の真紫を見分け、晴れて結婚と相成るのですが。

この時点では王子に降り懸かる呪いを避けるための契約結婚であると誰もが思い、ディファ自身もしかたないようなそぶりで真紫には至極紳士的に接していました。

それが豹変したのは一日めの儀式が済んだ初夜のベッド。

今まで我慢していた真紫に対する欲望をさらけ出し、例え縛ろうと従者たちに手足を押さえさせようと想いを遂げるから諦めろというディファ。

彼は世界的に名の知れたチェスのグランドマスターで、欲しいものを手にいれるために作戦を練り、姑息に罠をかけることができる策士だったのです。

一目惚れではなかったけど、今では真紫を選んだ運命の神に感謝しているというディファに驚愕し憤ったものの、頭のいい真紫は抗ったところで必ず思い通りにされてしまうだろうことを理解し、怒りに燃えた眼で睨み付けながらも次第に無垢な身体は甘い愛撫に溺れていくのです。

身体から溺れちゃったといえばそうなんですが、運命が結び付けた二人のようやく身も心も繋がったわけですから燃え上がるまでに時間はいりませんよ?

結局家族が反対しよーが怪盗技を用いて二人の愛の夜の邪魔をしよーがそこから先はラブまっしぐら、大変お熱うございました♪(≧∀≦)

真紫は兄弟随一のクールっぷりを誇っていたのがエッチのときはかわいーのなんのって、VIVA!ツンデレですよ♪

兄弟たちはみなブラコンだし、一番おっとりしてたかに見えた5兄弟の母美紅さんが実はかなりしたたかで油断のならない人なのもイカしてました(笑)

どうやら今後真紫とディファの拠点は欧州に移ってしまうようでちと残念なのですが、シリーズということはまだ残りの兄弟がどこかの王子様と…って展開だと思っていいんでしょうか。

わーい、次はどこの国の王子様かなっ♪
でもなるべく毛色の違う王子希望です。

夜月さん、ひとつアラブ以外でよろしくお願いしま〜す!(笑)
ゆちゅらぶ♪ | BL 小説 | comments(9) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
comment_area
ゆちゅ♪さん こんばんは〜 (^_^)v

私もインド辺りそろそろ来ないかな〜と思ってましたッ!世界経済産業でもインドはきてるし、BL界でも…ね?舞台としては欧米は普通だし、アラブや中国も浸透したし、残るはインド?
最後の秘境はアフリカの○○族(具体的な名前は浮かばない)!?それは色々設定が厳しいし萌え度も低そうだから諦めます…。

前作読んだ時に、ドロボー兄弟に記憶喪失って、“「キャッ○・アイ」かッ?”と思ってしまいました(笑)。(美人姉妹で、こちらは最後の最後に記憶喪失)シリーズ化だろうな〜、まさか「受」兄弟?と想像してました。

インドは昔読んだ、あすかコミックス『蒼のマハラジャ』で憧れました。第二次世界対戦中だからキラキラは無いですが。
私の外国設定、王家とかが好きなのは少女漫画の影響が大きいです。アラブ方面が好きなのは『王家の紋章』や『天は赤い河、地のほとり』や【碧ゆかこ】作品の影響なんです。

まだ読んでないですが、サラッと読めそうだから順番繰り上げようっと!
comment_area
(..)φ カズ
2007/03/04 3:20 AM

comment_area
カズさん こんばんは♪

ええホントにさらっと読めて楽しめました!
もうヨーロッパやアラブの王子は巷にあふれているのでインド嬉しいです〜♪
中国系だとやはり香港か時代ものだということを考えると、アフリカも〇〇族は難しいかもしれませんがエジプトの時代モノはいいかもしれませんね〜♪
ファラオ×奴隷とかローマの将軍×ファラオとか(笑)

現代ものシリーズだからエジプトはムリだとすると、ヨーロッパアラブを除外して王制のとこ…タイ?地理は苦手であまり思いつきません(T∇T)
あとはチベットでダライ・ラマ候補の少年と恋に落ちちゃうとか!…仏罰がくだりそうです…(┰_┰)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/03/04 10:08 PM

comment_area
こんばんは!ゆちゅ♪さん。
この作品、もうどうしようってくらい別の意味で楽しかったです(笑)。
官能小説読んでいるおっさん方のように、ハァハァしながら読んでました(死)。
前作読んでいないので、この設定がイマイチ良く分かっていないのですが、
あんまり深くは考えないで良さげな気もするので、あえて突っ込みません。
アズレーベルは割とイロモノ率高いですよねぇ。

そういえば、私はアラブにしろインドにしろ神坂智子さんの作品を想起します。
というか、アラブは特に『T.E.ロレンス』ばりのクオリティ期待しては、
外すことが多くて最近は殆ど読まなくなってしまいました…。
まあ、今回も全然コチラとは勝負どころが違っておりましたが、
ツンデレ受けに萌え過ぎて、全てがどうでも良くなっております。

素敵な作品を紹介して下さって、ありがとうございました♪
TBの方もよろしくです!ではでは!

comment_area
(..)φ tatsuki
2007/03/05 7:02 PM

comment_area
tatsukiさん こんばんは〜♪

ツンデレ気に入っていただけたようでよかったです!(≧∀≦)

私も普段は細かいことをねちねちと気にするイヤ〜ンな読者ですが、萌えは全てを凌駕するものですね!
真紫の愛らしいツンデレぶりにはホントやられましたよ…。

神坂さんはあんまり読んでもいないのですが、私的にはシルクロードシリーズでしょうか?
最近おみかけしないのでなんだか懐かしいですね♪

コメント&TBありがとうございました〜(^-^)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/03/05 9:41 PM

comment_area
インド…
ゆちゅさんのレビュー読んだら凄く気になるんですけど。
たまにはコテコテのこういう花嫁もの読みたくなります。

PS。プロフのjugem宛にメール出したのですが、届いているでしょうか…?
comment_area
(..)φ okapi
2007/03/06 11:24 AM

comment_area
ごめんなさい。メール再送してみたのですが、教えていただいたアドがプロフにある「jugem」と同じだったのですが、これでよかったのでしょうか…。
以前、孫さん携帯って聞いていたもので、もしかしたらまた届かないかな?と思いまして…。
comment_area
(..)φ okapi
2007/03/06 12:16 PM

comment_area
okapiさん こんにちは♪

いろいろご迷惑おかけしております・・・すみません(T▽T)

コテコテインド花嫁も素敵でしたよ〜♪tatsukiさんお墨付きのツンデレなので、ツンデレスキーにはたまらないかと(笑)あまり細かいとこを気にせず読めば前作未読でもOKだと思います。金髪王子好きには前のもいいですけどね☆

comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/03/06 1:38 PM

comment_area
ニャマステ〜!

読み始めるまでが大変でしたが、いざ読み始めたら止まりませんでした! どうにもならない魔女さまのお告げでも抗えるだけ抗い、貰えるものはふんだくっていこう!という真紫真黄(&ミヤタ家)に萌え!

ディファは一見紳士そうに振る舞って相手を油断させつつ、実は策士な部分に萌え。妃が確定したら、お子様もびっくりな独占欲全開な部分にも萌えました。

そのほかディファが惚れた弱みで尻にひかれまくっている部分とか(そのように見せているの?)いざ妻になっても自由奔放に世界を動き回る真紫の気の強さにも惚れ惚れです。これはこれで焦らしプレーというか、当人同士は楽しんでいるようなので勝手にしてくれ!(笑)て感じでしょうか。

素敵な作品を勧めてくださってありがとうございます!パソコン復活したらTB入れに来ます〜
comment_area
(..)φ okapi
2007/04/16 11:29 PM

comment_area
にゃは〜♪okapiさん こんばんは!

これもタイトルに捻りがなさすぎて割と手に取りづらいとゆーか…勿体ない気がしますよね、こんなに萌えどころ満載なのに!!

しかしインドって深くつっこんでいけば相当美味しいネタ宝庫だと思うんですけどねえ…。
アーユルヴェーダで(性感)オイルマッサージとか!
インドにはかの有名なカーマ・スートラって性典がありますし(聖じゃなくて性!)さっきウィキ見てたら5大性典と言われるもののうち3つはインドなんですよ!ヾ(≧∇≦)ノ

ディファ王子にはぜひ正妃の心得とかいってインドの古典でもあるカーマスートラの実地講義を真紫に…(笑)

次はインド萌え普及委員会設立を目指します♪

TBもお待ちしてますね〜♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/04/17 12:32 AM

It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
王子様の正妃
ツンデレ花嫁テラモエス〜♪ アラブモノならぬ、インドモノBLはこのジャンル初でしょうか?とっても楽しかったですヨ。 全く機能していない双子トリック 泥棒一家(?)ミヤタ家の全貌 魔女のお告げでお妃認定されるク
(^ー゚)ノ la aqua vita | 2007/03/05 6:49 PM
王子様の正妃 夜月桔梗
王子様の正妃夜月 桔梗 (2007/03)イースト・プレス この商品の詳細を見る三高王子×ツンデレ怪盗 お久し振りの花嫁祭りですが、意外にも皆さまが花嫁レビューに期待をしてくださっている事を知って驚きのokapiです。今回は
(^ー゚)ノ 備忘録 | 2007/04/18 8:55 AM