CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
<< マリンポリスは溺れっぱなし? | main | じーさんショック。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
ベッドでお茶を
英国紳士
英国紳士
あすま 理彩

あすまさんはプラチナのエンドレス・エロには手を出し損ねたのですが紅茶につられてこちらを読んでみました。

ビーボーイノベルズ あすま理彩 「英国紳士」

「他の男には抵抗しなさい、いいね」

新米社員の菜生が英国で出会ったアイスグレイの瞳の公爵エドワード。
クールな貌に反して強引で情熱的な彼から紅茶のレッスンを受けることになった菜生は、完璧なマナーだけでなく、熱いキスまで教えられてしまって…!
練習室、ベッド、夜のティーガーデン…あらゆる場所で与えられる彼の愛は菜生を紅茶色に染め上げ、甘く激しいエッチは恥ずかしいほど熱く…♪憧れの公爵と一生の恋♪


いや、こちらもなんとゆーか十分めくるめくエロでした。ごちそうさま。お腹いっぱい。

各社のレーベルによってそれぞれ得意分野ってありますよねー。
例えばプラチナならエロとかショコラならアラブと貴族がやたらに多いとか。あ、オークションネタも多いな。
そうしてみるとBBNはやはり元祖BL、正統派乙女心をくすぐるシンデレラストーリィが多いな、と感じます。

この本も仕事や家族との関係に苦労しながらも一生懸命がんばる健気な受ちゃんが、英国貴族の公爵さまに見初められて教育を受けるマイフェアボーイなラブストーリィですね。

失礼ながらあすまさんと言えば凌辱っ!と答えてしまうくらい私の中では無理矢理イメージの強い方なのですが、今回は一切ナシ!
あまあまに蕩かされて毎回毎回メロメロエッチなのですよ。
つーか公爵さま、少しお控えください…(T∇T)

内容的にはこれといって指摘すべき点も特にないのですが、正統派乙女ちっくラブなわりにエロがっつりで二度美味しいといえばそうなのかも。

私としてはもう少しエロを抑え目にして菜生とお祖父さんの関係を書き込んでくださるとストーリィ的にも落ち着いて印象深い話になったのでは、と少々残念な気もします。
けして私がジジイフェチとかそういう訳じゃなく。

あと今回読んでてすごく気になったことがあるんです!
最近の作品をあまり読んでなかったあすまさんなのですが、久しぶりに読んでみて「あれ?こんな書き方される人だっけ?」と疑問に思ったことが。

それはエロを書くときの×××の表現方法なのですが。
フツーは作家さまによってだいたい決まった表現がありません?
ファ〇スとかぺ〇スとか。お腰の剣なんてのもありましたが(笑)

あすまさんて、ものすごーく表現方法多くない…?
普通の方は一つの作品なら多くても2種類くらいの表現で書かれるんじゃないかと思うのですが、読みながら「あれっ?」と思って数えてみたらあるエッチシーンでは2ページで5種類もの違う表現でソレを表していらっしゃるのですよ!
さらにその次の2ページと合わせた連続する4ページ中では合計で7つに!

すごい!すごいです、あすまさん!(笑)
いっそ本一冊で何種類の×××表現がでてくるのか数えてみたい気がします。やりませんが。
やはりこれはokapiさんも購入されたという例の辞典は必携なのでしょうか。
てか、あすまさんていつもこんなにいろんな×××を書かれる方でしたっけ?プラチナの方はもっとスゴイのかな〜、気になるな〜(笑)

しかしうっかりこれが気になりだすとつい数えちゃったりして肝心のエロに集中できず困りましたよ(T∇T)

そして今回はあまり出番がなかったんですが、執事のヒューさんのストーリィも予定されてるとか。
どちらかというと一筋縄ではいかなさそうな執事攻、けっこう楽しみかもしれません♪
ゆちゅらぶ♪ | あすま理彩 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
comment_area
ゆちゅ♪さん こんにちは o(^-^)o

『他の男には抵抗しなさい、いいね』
って…!あの〜男なんすけど…そうそう男を狙ってくる男なんざ、いないと思うんすけど!
と雑誌掲載の時も思いました(笑)。

全サか何かがきっかけで少し前から『小説b-BOY』を購入してるんで(今月号の「豪華客船」の挿絵蓮川愛さんエンツォはセクシーショットでウハウハ♪)、馴れ初め編は読みまして、続編目当てで購入。どっちにしても【あすま理彩】さんは作家買いなんですが。

あすまさん=激しいエロッ!ですよね?この作品は、あすまさん的にはヌルイかな〜と思いました(笑)。もう、私の感覚が麻痺してますか?

(*^▽^*)あはは〜ゆちゅ♪さん大爆笑ッ!私はそんなこと(部分?)考えながら読んだことないですぅ〜(照)。そんなにいくつ(?)も表現が変わってるんですか?

執事のヒューさんは気になる〜♪きっと鬼畜攻め様だ〜( ̄∇ ̄)

以下小声で読んでね?(笑)
挿絵の明神さんはアタシ的にはちょっと…(汗)。明神さんのイメージは学園モノのキャピキャピ♪なので、大人モノは…。
comment_area
(..)φ カズ
2007/02/20 12:57 PM

comment_area
カズさん こんにちは♪

あすまさん、多分私は控え目作品選んでます(笑)
如月さん挿絵の花丸とか好きだったな♪
挿絵はやっぱり重要ですもんね〜。ちょっと英国貴族とはイメージ違ったかもしれませんね。

あれ、他の本ではそうでもないんですかね?
そんなとこに気を取られているのは私だけ?
でもでもホントにそうなんだもーん!(≧д≦)
カズさんもよかったら数えてみてくださいよ(笑)
記事タイトルは「アレにもイロイロありまして」にするべきでしたか?(≧∀≦)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/02/20 3:18 PM

comment_area
>エロを書くときの×××の表現方法

わはは。ゆちゅさん数えたんですね!
最高ですわ〜爆笑しました。
是非ともゆちゅさんに例の辞典(BL版)編纂してもらいたいものですよ(>▽<)
後ろの蕾と一緒に…

あすまさんエロ濃厚なのか…気になるなぁ。
comment_area
(..)φ okapi
2007/02/20 7:04 PM

comment_area
ゆちゅ♪さん、今日は。

エンドレス・エロはチェックをした癖に、割と真っ当な作品に限って読んでいない私ですが(毎度のことながらすみません)、こちらの作品もめくるめくエロだったのですね。(笑)

あすまさんがエロに特化した作品をお書きになると、回数と表現とプレイはワンダフルなのに、エロはえろでもジットリ系の濃厚さを覚えないのは、あくまでも「ボーイズラブ」の域からは、ドロップアウトをしないからかも知れませんね。

それにしてもまあ、「アレ」の表現方法へと着目をするゆちゅ♪さんが素敵です。エンドレス・エロを読んだ際には、乗馬中の「本物の騎乗位」に気を取られてしまって、他の部分にまで気が回りませんでした。(苦笑)

今後また、あすまさんの作品を読む際には、注目をしつつ読んでみようと思います。
comment_area
(..)φ ハスイ
2007/02/20 8:12 PM

comment_area
ゆちゅ♪さん、こんばんは。

エンドレスエロというか、あすまさんって結構エロな本書くお方ですよね。
なんか途中で毎回エロに食傷気味になってしまって…
いや、エロ好きですよ…大好きです。
でも鈴木○みさんより(←何故か昔の印象が強くて…)同じエロでもエロさを感じないと言うか。
回数多いと食傷気味になるんでしょうかね…

途中からその名前のバリエーションを数えてしまったというゆちゅ♪さんに激しく同意。
あとふと思ったのが物書きさんだと同じ用語のリピートは凄く嫌なことだからじゃないか、ということ。
純文学でも結構同じ言葉を言葉を変えて表現しますよね。
感情とか、風景とか。
なんか同じ単語が続くと表現変えたくなるんですよ、因果なことに。
それも関連するかな…と思ってみたりしました。
comment_area
(..)φ 真琴
2007/02/20 9:28 PM

comment_area
>okapiさん こんばんは♪

基本的には××棒という表現をされているようですが、××部分が肉だったり剛だったりなんつーかけっこう直接的ですよね!
辞典のBL版については気になるところではありますが、私程度ではまだまだ(笑)
未知の世界も多くございますので♪これからも常に探究心だけは持ち続けたいと思います(^-^)!

あと、回数はたっぷりですが濃厚かと言うとまたちょっと違うような…。
こそっと言わせていただくとエロはあるけど萌えはさほど、って感じです…(T∇T)

>ハスイさん こんばんは♪

>回数と表現とプレイはワンダフルなのに、エロはえろでもジットリ系の濃厚さを覚えない

あ、そうそう、そんな風ですね!
がっつりヤッてるなあ、とは思うけどあんまりドキドキしないんですよー。
今同じBBNの藤森さんを読み始めたとこなんですが、まだ話もエロも冒頭でしかないのになにかやらしげ(笑)
うん、回数じゃないですね♪

「本物騎乗位」には確かに度肝を抜かれる(笑)かと思いますが、私多分「これって可能なのかな〜」って気になって萌えどころじゃなくなると思います(T∇T)
けっこう因果な性質ですね…しかも着目点がひとさまとズレまくってますね…!(≧д≦)

>真琴さん こんばんは♪

わかりますー!やはりエロはドキドキあってこそだと思うんですが、直接表現全くナシでもすごく萌えるエッチとかありますもんね!まんがでも小説でも。
私すぐに思い浮かぶのが「あふれそうなプール」の木津と入谷のエッチで、対照的なのがDr.天さんのまんがかなー。

あと小説だと鷹守諌也さんの「夜の声瞑々たり」とかすごく好きでした。
読んでる時の気分にもよりますが、確かに萌えがないエロには食傷してしまいますね。

あとご指摘の純文学における言葉を変えてのリピートはなるほどな〜、と思います(^-^)♪
ただ純文学の場合ってうつくしい言葉を連ねての強調表現じゃないですか〜?
あんまり×××を強調されても困ってしまうというか…正直××棒って言い方は苦手なのでトホホ気分をごまかすためについ数えちゃったようなものですよ(T∇T)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/02/20 10:12 PM

It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback