CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
<< あなたはゴーインにマイウェイ♪ | main | ちょい萌えしました♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
やさしい、Vanilla.
君の心を眠らせないで
君の心を眠らせないで
鳩村 衣杏

みなさんはアイスクリームを食べるとき、いつでもバニラですか?それともイチゴ?チョコ?

必ず新製品、もしくは期間限定季節のフルーツという方もいらっしゃいますよね。
ちなみに私はこのタイプです。チャレンジャーですので失敗もします。最近ではチャレンジャー通り越してボウケンジャー(笑)を自称してもいいような気もします。

対するうちのダーリンは本人いわく「生涯テリヤキバーガー」だそうです。
「つまんねー人生だな、おい」とか思う私が間違ってますでしょうか?

挿入を伴わない性的接触のことを、ゲイの世界では“バニラ”というらしいです。

“バニラ”という単語に「標準的、オーソドックスな」という意味があることから、軽めのセックスを意味するのだということを、この本で初めて知りました。

リンクスロマンス 鳩村衣杏 「君の心を眠らせないで」


大手飲料メーカーに勤める吉永諒一は、宅配便の誤送がきっかけで同じマンションに住む税理士の沖野司と知りあう。
穏やかで芯が強い沖野に好感を持ち親しくなるが、ある日、彼が同性愛者だと知る。
戸惑ったものの沖野への好意は変わらず、友人関係を続ける諒一はいつしか友情以上の想いを沖野に抱いている自分に気づき始める。
けれど、無難な人生を望む諒一には認めがたくて―。

拍手する
最近私的にずっとヒットしている作家さんであります、鳩村さんです。
今回もすっごくよかった!泣かされました。

あらすじからは全然わかりませんでしたが実は記憶喪失ものなんですね。

プロローグを読んでもしかして、と嫌な予感を覚えたのはまあそれこそBL界ではバニラアイスクリームほどにみなさんがよく選ぶ題材であり、また好んでいただきますけどもいつもいつもオーソドックスじゃ飽きもするよな、と思っていたからです。

私は失念していました。
基本のバニラだからこそ、トッピング次第でいくらでも美味しく食べられるということを。

これはひとつのストーリィなのですが、実は二部構成と言ってもいいと思います。

同じマンションの同じ階に住んでいた吉永と沖野が宅配ミスのおかげで友人になり、二人が恋人同志になるまでと、事故で沖野が記憶を無くし、二人が最終的に新たな関係を結ぶまで。

こうして簡潔に書いてしまうといかにもありがちじゃん、という印象になってしまうのですが、鳩村さんは安易なチョコやイチゴのソースをかけてはいませんのでご注意ください。

例えるならちょっと大人のリキュールか、もしくはアフォガートでしょうか。

香りたかくほろ苦く、あとくちは甘く。

そんな気持ちを味わえた気がします。

二人は初対面から気があって吉永は最初は自分の姉にどうだろう?などと考えるほど沖野に懐いてしまうのですが、ある日沖野がゲイだと知りショックを受けます。
この時の吉永の気持ちの描写がほんとに普通のノンケの男の反応らしくてよいです。

そうか、性的嗜好は人それぞれだから、なんて一般の男性にはなかなか受け入れがたいですよね。

今まで気軽な男同士の友人だったのが実は性的対象として見られてるってのは。
吉永の脅えを見ているとゲイにそんなに理解ある男ばっかりが普通、というBLを読んでいるのがやっぱりファンタジーなんだ、と思います。

でもこの時、友人としてのお互いを失いたくないというのも本心で吉永は自分がゲイに対して持っていた偏見を、沖野は自分がゲイだと気付いてここにいたるまでの葛藤を正直に話し合い互いに友人でいたいと思っていることを確認します。

ついでに沖野には彼がいて吉永はタイプじゃないことも。

しかし友人関係を続けていくうちにお互い相手に惹かれていくのですが。

吉永がね、すっごく男前なんです。
一見優しげでヘタレたイメージなのですが、一途で正直なんです。
男同士の場合プライドなんて厄介なものが絡んでくるから正直でいることってすごく難しいと思うのですが、沖野いわく吉永は繊細だからこうと決めるまではぐらぐら迷うんですが、一度決意したらぶれない。
芯が通ってるんです。沖野もそこに惚れちゃったんですね。

鳩村さんは男前受を書くのがほんっと〜に上手い!
職業モノという観点からもいつも面白いものを書かれてますが、今回も仕事は重要アイテムです。
やはり普通の男たちの恋愛をなるべく嘘臭くならないように書こうと思ったら仕事って欠かせないファクターですものね。

そう、この二人がゲイとノンケで恋に落ちてしまう様や、戸惑いながら段階をふんでセックスしたりする描写がリアルなんです。セックスシーンが、というのじゃなくそこに至るまでの心の動きとかが生々しい。

読んでてものすごくドキドキしたり感情が高ぶって泣けてきたりしてしまいます。

吉永がね、まだ二人がバニラなセックスだけだった時後ろへの挿入には怯えて踏み切れないのにそこをまさぐられて、恐怖を覚えながらもそんなにそこを欲しがられてるのかと思ってうっとりしちゃうんですが、なんか愛される側の陶酔がリアルに伝わってきていいんですよー(≧∀≦)!

もうこの二人がラブラブになるまでだけでもごちそうさまですっ!て感じなんですが、この後に波乱がやってくるのです。

沖野、記憶喪失になるの巻〜!(ドラ〇もん調でお願いします)

記憶喪失ものって最後は記憶が戻ってハッピーになる、ていうのと記憶が戻ってハッピーだけど記憶喪失中の記憶は消えちゃって切ない…というパターンがほとんどだと思いますけどね…沖野はね、記憶戻らないんですよ!!

結局は二人が最初に恋人になるまでに知らずに吉永が沖野に与えていた見えない傷を、今度はなぞるように沖野から与えられながらも二人の心は近づいていき、ラストは記憶が戻らないままでもまた二人恋に落ちるハッピーエンドとなっておりますが。

家族にカミングアウトしていなかった沖野がもしもの時は、と吉永に頼んでいた荷物の中に日記があり、今まであまり前面に出ていなかった沖野の心の動きが今度は明かされるわけです。

これがまた切ないですよ…初対面から仲良くなり、やがて恋になってそれが成就する過程を沖野の側から辿るのですが、どうやら最初はマジでタイプじゃなかったらしい(笑)
もちろん友人としての好意はあったのですが、全然タイプでもないし、ノンケだし、最初から失恋決定の恋なんかしたくないとあがいても落っこちちゃうのが恋なのです。

絶対に叶わないと思っていたものが手に入った時の喜び、初めて吉永を本当に抱けたときの言葉にならない歓喜。
生々しくてダイレクトで切ないです。

まだ付き合う前、吉永が合コンで知り合った子とデートしてる最中にメール送ってみたり、沖野ってかわいい奴なのです。

難を言えば後半の記憶喪失部分はあっさりしすぎでしたが。
二段組にしてもっと書き込んで欲しかったのが正直なところでしょうか。
時間がなかったのか頁数の問題なのか、いささか後半駆け足だったことは否めません。

それでも十分よかったし前半後半ともに泣かされたし、私は大好きです、この話!

鳩村さんは人気のある作家さんですし、もう読まれたという方も少なくないと思いますが、未読の方はぜひどうぞ♪

ああ、最後にこれだけ言って置かないと〜!

私は普通のバニラアイスは滅多に食べない冒険野郎ですが、アッチの嗜好はいたってノーマルです。以上!
ゆちゅらぶ♪ | 鳩村衣杏 | comments(10) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
comment_area
ゆちゅ♪さん、こんにちは。

私はアイス(高いやつ)はバニラかクッキー&クリームと決めてる人です…(笑)。

鳩村さんは好きなので必ず読むと決めてます♪いつも挿絵は素敵な漫画家さんを付けてもらってて、グッドです♪

誤配をきっかけにノンケとゲイが友好を深め恋に落ちて恋人になって…映画みたいだと思いました。ジーンときながらしんみり読んでたら…なるか?記憶喪失になるかッ?あらすじには匂わす言葉ナシじゃねぇか!別に記憶喪失がダメとかじゃなく、ビックリしたよ〜。
華藤えれな『シナプスの柩』にしろ記憶喪失は最後戻ってハッピーエンドなのに、コレ、戻らない!
ノンケを引き込んだのに(別に私、責めてるわけではないんです)当の本人が記憶喪失って…辛いよ(泣)。涙ナシでは読めない作品ですね!記憶喪失のまま信頼を寄せて、また恋が始まる…素敵でした(泣)。鼻ズルズル…。
津田と幸央の小説出るかしら?
記憶が戻らないまま、また恋が始まる、で思い出したのは、子供の頃に大好きだった、
ジャンプC北条司『キャッツ・アイ』
です。絵画を狙う美人三姉妹怪盗とそれを追う刑事。子供のクセに最後のシーンでは泣いたなぁと記憶してます。

昨日、プラチナ橘かおる『皇帝は彼を〜』の亜樹良のりかず口絵がヤバいとコメントしましたが、今月の新刊はその続編。多分コレもヤバいんだろなと想像します(笑)。
comment_area
(..)φ カズ
2006/12/07 2:42 PM

comment_area
カズさん こんにちは♪

>ノンケを引き込んだのに(別に私、責めてるわけではないんです)当の本人が記憶喪失って…

そういえば、と「海よりも深く」とゆーまんがを思い出しましたよ!
あれは二人ともノンケだったけど、押して押して押しまくってその気にさせた癖に忘れるとはー!
受の子がとってもかわいそうでした(┰_┰)

確かにこの話、前面の二人の恋が叶うまでで十分いいのになにかもうひとつエピローグを入れるにしたってよりによって記憶喪失はねーだろ!?とガク然としました(≧ロ≦)
そしてここまで大きなネタを振るならもうちょっとみっちり書いて欲しかったかなー。
でも十分よいお話でしたけどね!

昨日今日と本屋に行ってないのでまだ橘さんの口絵見てません〜(笑)
明日は新刊チェックとともに見てこようと思います♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2006/12/07 3:51 PM

comment_area
ゆちゅ♪さん、こんにちは。

私もこの話大好きでした。
でも記憶喪失部分をもっとじっくり、かつ、も少しその後の話も含めて読みたかったな…と。

ちなみにバニラという用語はちょっと前から知ってました…ははは。
私もアイスは限定モノに弱いです。
というかアイスに限らず季節限定モノと新製品に弱いのですがね…。
comment_area
(..)φ 真琴
2006/12/07 5:23 PM

comment_area
真琴さん こんばんは!

ここにも冒険野郎がひとりーヾ(≧∇≦)ノ♪
いや、まあ限定好きとチャレンジャーはまた違いますよね(笑)

今回の話、ほんとにすごくよかっただけに勿体ないですよね〜、記憶喪失…とゆーかそれだけで一本いけちゃうネタをこんなにあっさり流して終わらせちゃうのもある意味豪気ですね(≧∀≦)!
せっかく読み応えのある話だしもっと分厚い本にしていただきたかったです(笑)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2006/12/07 9:19 PM

comment_area
ゆちゅ♪さんこんにちは♪

記事とは関係無いのですが、ちょこっとお知らせ致します。

ショコラNとディアプラス文庫が大阪では発売になってます♪
で、表紙&口絵がヤバいものをお知らせ♪購入時の参考になさって下さい。

/薫耄覆気鷓酩覆んべあきらさん/表紙は肌見えで口絵は「攻」が裸の「受」の乳首を吸ってます。
藤森ちひろさん表紙はオッケーだけど、口絵は「受」がガウン?が脱げ掛けて乳首と○○を弄られてます。汁が伝ってます…。

カバー掛け頼む時はご注意を。私は平気ですが。
comment_area
(..)φ カズ
2006/12/08 4:24 PM

comment_area
カズさん こんばんは♪

毎度エロ口絵情報ありがとうございますヾ(≧∇≦)ノ♪

私もね〜、時間のあるときはしっかりチェックしてカバーに挟むとか気をつけてるんですよー(T∇T)
でも慌ててる時に限ってレジでぎゃー!と思うような本に当たるのはなぜなんでしょうね…日頃の行いですか、そうですか(┰_┰)

よっぽど経験を積んで何事にも動じない精神を養っているつもり(笑)ですが、最近はこちらの予想を遥かに上回る炸裂エロに時々瀕死に追い込まれてます…(T∇T)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2006/12/08 11:38 PM

comment_area
ゆちゅさん、こんばんは〜。

私もバニラっていう語はこれより先に知ってました。
何で読んだか忘れたんですが…、やっぱりBL本だったと思います(笑)
ちなみに私がよく食べるアイスはクッキー&チョコですかね。
バニラも食べるけど、これ以外であんまり冒険しないです(笑)

私もこの作品ではエッチシーンでドキドキしました。
初めてインサートした夜のことなんか、あんまりリアルでドッキドキ。

この本の分量だけでも私は満足でしたけど、確かに書き込みは足りない感ありますね。
津田先生と幸央の話が出るかと思ったんだけど…、だってこれ伏線張りまくりでしょ?
鳩村さんは忘れた頃にスピンオフが出るので要注意かな。でも出てほしい…。
そしたらちょっとくらい諒一と司のその後が見られないかな〜なんて。うふ。
comment_area
(..)φ 秋月
2008/08/17 9:56 PM

comment_area
秋月さん おはようございます♪

アイスネタに付き合ってくれてありがとう(笑)
最近は私モナカかパピコばっかりよ〜、アイス食べたがるゆちゅぴんに「半分にしなさーい!」って取り上げてるから(≧∀≦)

そうかー、そういえば鳩村さんはスピンオフが侮れない?かもしれないですねw
そしたら私もう一度読み返さないと…(T∇T)
この二人は記憶は戻っても戻らなくてもいいような気がするけど、その後幸せにしてるとこはみたいかなー♪

ところで記憶喪失ネタ、よそさまは批判的だったの?
全然知らなかった…(-_-ι)

コメント&TBありがとうございました♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/08/18 7:34 AM

comment_area
ゆちゅ♪さん、こんばんはー!

TBがうまくいかないんですが、今度はどうかな。3度目の正直!

記憶喪失もので記憶が戻らないのも珍しいし、また同じ恋をするという切ないお話なのに、しっかり現実的でお涙頂戴すぎないところがリアルで、だからこそ染み入るお話ですね。

後半の記憶喪失があまりにあっさりですが、逆にそこをしつこく書かれてしまうと、私はげんなりしたかもしれません。淡々とした中に諒一の諦観とか愛情が見えるチラリズムが好きです。

スピンオフでちょっぴり歩みが進んだ二人、見てみたいですよねー!
TBいただいていきまーす。
comment_area
(..)φ あねこ
2008/10/04 9:31 PM

comment_area
あねこさん こちらにもありがとうございます♪

お手数かけてしまったようですみません!TBがっしりキャッチしましたよ!(≧∀≦)

>淡々とした中に諒一の諦観とか愛情が見えるチラリズムが好きです。

失われた過去を大袈裟に嘆くでもなく、そこで恋を諦めてしまわずに相手の心の軌跡を辿るように新しい関係を築いて行こうとする前向きさも、淡々と書かれるからこそ味があるのでしょうかねぇ。
チラリズム!なるほどあのあっさり加減からチラリズムを見出だすあねこしゃんはやはりお師匠です♪

そうですね〜、続編となるとやっぱりちょっとシツコイかもしれませんが、スピンオフで今も幸せに暮らす二人を見られたら私も嬉しい〜♪

ではではコメント&TBありがとうございました〜!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2008/10/05 12:45 AM

It comments.









Trackback URL of This Entry
http://yuchu-love.jugem.jp/trackback/178
Trackback
『君の心を眠らせないで』
『君の心を眠らせないで』  鳩村衣杏/著 櫻井しゅしゅしゅ/絵  幻冬舎コミックスリンクスロマンス (2006.11)  Amazon / 楽天出版社あらすじからは予想もつかない展開をしている作品で、そこにふれずにはうまく感想をまとめることができないのでこの記事
(^ー゚)ノ 月と凌霄花 | 2008/08/17 9:44 PM
君の心を眠らせないで/鳩村衣杏
イイ歳してオタクゴトがますます楽しくて止まらない人生自由奔放すぎるあねこです。 さて、先日のキチガイ暴走素敵なチャットでおすすめい...
(^ー゚)ノ 日々是BL | 2008/10/04 9:23 PM