CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
qrcode
<< 愛を受け継ぐひと | main | 私、ひとでなしでしょうか? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
見よ!現代サラリーマンの心意気♪
おたわむれをプリンス!?
おたわむれをプリンス!?
安芸 まくら

アラブは食傷気味〜、とかいいつつ藤村裕香さんの「砂漠の花婿は金融王」を読んでしまったので(笑)アラブものについての考察および私のこころのバイブル(いや、アラブものなら心のコーランにしておくべきか・・・)について語ってみたいと思います。

アラブものの原点といっても差し支えないかと思う「おたわむれ〜」ですが、初めて読んだ時は衝撃でしたよ!

「金髪!アラブの王族が金髪!」

私は普段は友人みきちんほどブロンド萌えするたちではありませんが、どうも異色の組み合わせに弱いらしく、褐色の肌にブロンドだったりアジア系なのにブルーアイズだったりとかだとメロメロです。
そしてこの作品は私にとってアラブの原点であると同時にリーマンものの原点でもあるのです。
サラリーマンが体を張って営業!相手は年下のゴーマンプリンス!あれやこれやのご無体にこれでもかとばかり注がれる愛!(とエッチww)

これ以降様々なアラブものを読んでまいりましたが、正直どれも二番煎じっぽいな〜と感じてしまいます。それぞれの作家さんの個性がありますからそれなりに読めば面白いのですが、あまりにステレオタイプな気がして・・・。

パターンとしてよくあるのは
・仕事のカタに体を求められる
・受は拉致監禁されてハレムにつながれる
・逃げるが捕まる
・盗賊に拉致られる
・プリンスが直接助けにくる
・アラブ人なのに金髪
・アラブ人なのに碧眼
・・・こんなかんじでしょうかね?あ、アラブ人なのにヒゲがない、とゆー項目もいれるべきか!その点では前述の藤村さんは珍しいですよね。

先程アマゾンを覗いてみたら文庫版しか画像がなかったのでそちらを載せてありますが、私は左崎なおみさんの挿絵が好きでした♪そして驚いたことに初版にはさんぜんえん以上の値がついているじゃーありませんか!!幻のノベルズですな。仮にさんまんえんついても売らないけどね!

作者の安芸まくらさんは一発で終わりの方かと思っていたので、相当年数経ってから本が出た時は嬉しかったんですけどね・・・。そちらはあんまり面白くなかったです。幼馴染ものだったと思うけど・・・。
雑誌掲載で主従ものかなんかですごくいいのがあった、とみきちんに聞いているんですが、今更本にはならないよね、がくり。

この人に限らず大好きな作家さんで寡作なかたはけっこういますよ、水森しずくさんとか篠崎一夜さんとか。とくに水森さんて、もうやめちゃったんですか?
雑誌読まないから情報がないんですよねー。もし消息をご存知の方がいらしたら教えてくださ〜い!

拍手する
ゆちゅらぶ♪ | 安芸まくら | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
http://yuchu-love.jugem.jp/trackback/15
Trackback