CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
<< ゆちゅぴんと見えないお友達♪ | main | 月下に咲いた恋 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
君はたしかに天使だった
愚直スタイリッシュ
愚直スタイリッシュ
花川戸 菖蒲, 角田 緑

モンブランの如くピュアなエロなし本が積み上がった中からようやく手にとることができました。

シャレード文庫 花川戸菖蒲 「愚直スタイリッシュ」

以前好き嫌いがわかれるかも、といったご指摘も受けました花川戸さん、確かに文章など多少の癖はあるかと思います。

それでもエロもない、オチもない、今の所続きが出るかもわからないこの本をできるだけ多くの人に読んで欲しいです。そしてぜひとも続きを出して欲しい。
多分ご本人はすごくすごく続きを書きたいでしょうし私もすごくすごく続きを読みたいのです。


熱い親切青年・朋野と元エリートサラリーマンの翠。
性格正反対の二人が営む「便利屋朋野」はその名の通りティッシュ配りから経営コンサルタントまで、なんでも請け負う庶民の味方。
役割分担は、締まり屋の翠が内勤と経理で、朋野が主に肉体労働――だが、そこには翠が心に大きな傷を抱えているという理由が。
苦しみを分かち合い、一人では社会に適応できなくなってしまった翠を支える朋野の愛が、じわりと胸を熱くする珠玉の名作。
書き下ろしは年末編。
朋野ついに過労で倒れる!
お世話になった沈着冷静な朋野宅のお隣、左近司さんの正体とは?

拍手する
ここ最近はたーくさん本を買いまして、お蔭様で?ヒット作品に恵まれましてあれもこれもレビューも書きたいし本も読みたいし、とあわあわしておりました。

花川戸さんは数少ない内容確認無しで本を購入する作家さんなのですが、家に帰ってあとがきを先に読んで(笑)

「わー!チューもなければエッチもないとか書いてあるよー!」

といささかならずガックリしてつい後回し本認定してしまっていたのです。

そんなわけで今更のレビューになりますが、ゆきさーん!やっと読みましたよー!(笑)

ホントにここしばらく社会派とゆーか、BL要素ぬきにしても充分楽しめる内容の濃い作品にいくつも出会いましたが、これもそのうちの一冊。

前述の私の悲鳴(笑)からもおわかりのように二人の間には性的な接触は一切ありません。

朋野は実は「内縁の人がいる」と言って憚らないくらい翠を愛しているし、一生を翠のために使い、翠より一日だけ長生きしようと決めています。

しかし翠は、過去に受けた心の傷が大きすぎて未だにふとしたきっかけでパニック障害を起こし、到底ひとりきりで生きてはいけない状況にあるため自分を過去の地獄から助け出してくれた朋野は拾った犬を最後まで面倒みるようなつもりで一緒にいてくれるのだと思い込んでいます。

どれだけ朋野が言葉を尽くしても翠が信じられないのは朋野ではなく自分自身。

一度人としての全てを否定され他者に虐げられ、踏みにじられた記憶が自己の価値を認められない今の翠を作り上げてしまいました。
翠は朋野に依存しなければ生きていけない自分を知っています。
そして朋野だけに依存し続けたい自分に気付いている。まだその理由には怖くて目をむけられませんが。

でも本当は翠も朋野を深く強く愛しています。失ったら生きていけないほどに。

朋野は翠が受けていた虐待を目の当たりにし、一時は壊れかけていた翠を慎重に注意深く元に戻るように手助けをし続けてきました。それこそ一生を費やす覚悟です。
その過程で自分が翠に惚れていることに気付いても、一生手出しもできないのを承知で、時には悶々として11月の真夜中に冷たいシャワーで滝行に勤しんだりもします(笑)

それは中にはね、愛し合っててもセックスしないカップルもいるだろうしいてもいいと思う。

この本の中にはとりあえずホントにチューすらありませんし、この二人が一生セックスレスの道を選んでもそれはいいかもしれません。
愛を確かめ合った二人のそれが決断ならば。

でも今の所二人はお互いを深く愛し合っているのにまだそれは二人の間で恋愛には到っていません。

朋野は翠に深く愛されていることに気付いたけど、翠本人はまだ自分が朋野を愛していることも朋野に愛されていることも理解していません。

この先朋野は一生翠に触れられないかもしれないしそうじゃないかもしれません。

でも二人は一緒に暮らし始めてまだ二年と経っていないし、つまり二年余りでは心に負った傷も癒えはしないでしょう。

でもこの先10年経ったら?20年経ったら?

人は弱くて強い生き物です。些細なことで立ち直れないくらいの傷をうけたりもしますが、身体の傷も心の傷も、致命傷でなければ少しずつでも癒えていきます。
翠の心の傷はとても深くて大きかったけど、翠の心は死にませんでした。
あのまま一人でいたらいずれは死んでいたかもしれないけど、朋野が気付いて救いました。翠の心が死なないように。

二人はまだ25歳です。
10年経って35歳の男盛り(笑)になった時、翠はひょっとしたら激し過ぎた昨夜のエッチに文句を言ってる可能性はないとは言えません。

またまた何をのーてんきな、と言われるかもしれないのですが実は今の所その可能性を私はカケラも疑ってはいないのです。

ある意味、翠の心が本当に癒されるのは心から深く愛する朋野に身体ごと抱いてもらった時なのでは、とすら思います。

自分が愛した朋野にこれだけの熱意を持って愛を受けられる自分というのを感じて、やっと自己の価値の再確認ができるんじゃないかなー。

なので何巻続いても、その間エロなしでも(そんなのは某シリーズとかで慣れたしね!)そして例えばそれが最終的に朝チュンだったとしても!
私はこのシリーズが読みたいのです。二人の心の行く先を見届けたい。

お話の一つ一つも本当にハートフルでぽかぽかとあたたかい物語でした。

私的にはとっても大好きな本です。どうぞ読んでみてください。
ゆちゅらぶ♪ | 花川戸菖蒲 | comments(13) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
comment_area
ゆちゅらぶ♪さん、こんにちは!

 『愚直〜』私も大好きだし、オススメだと思いました。“恋愛に発展させた続編を読みたい。”と出版社に添付のアンケートハガキで投函しましたよ〜。どうか願いが叶いますように!(ということで古本屋行きからハズして保管中)
comment_area
(..)φ カズ
2006/10/23 2:39 PM

comment_area
カズさん こんにちは♪

我ながら長くて面倒なので(笑)ゆちゅでいいですよ〜(^-^)

アンケートハガキ!ブラボー♪
ごめんなさい、めんどくさがりなのでアンケートって出したことないんですが、確かにストレートで一番確実ですよね。続編、ほんとにだして欲しいです。
ラストの様子を見ると10年待たなくても大丈夫なような気もしますけどね〜(≧∀≦)♪
でもまあ恋愛要素ヌキでもステキなヒューマンドラマでした!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2006/10/23 3:50 PM

comment_area
ゆちゅ♪さん こんばんは。
BLの中に於いては異色の部類に入るとは思うんですが、いいお話でしたよね。
二人の関係が絶望的でなく明るい未来を感じさせる終わり方も良かったと思います。
翠がいつの日か自分自信を愛せることができるようになれたら…そんな続編が私も読みたい!
なので、アンケートハガキを出そうと思います(笑)
comment_area
(..)φ ゆき
2006/10/24 1:13 AM

comment_area
字の間違いを発見!!
「自分自身」でしたね(→▽←) 失礼いたしました…。
comment_area
(..)φ ゆき
2006/10/24 1:17 AM

comment_area
ゆきさん こんばんは♪

これゆきさんがコメントくださらなかったら未だに積ん読に埋もれてたかもしれません(笑)

もう、すごく朋がいいヤツでティッシュ片手に読んでましたよ(T-T)
普段はティッシュ配りで小金を稼いで頑張ってまたお金にならない仕事をして欲しい…(笑)
のんびりと亀さんペースで構わないので寄り添って恋を育んでいく二人を見守りたいです♪
やはりここはアンケートですか!(笑)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2006/10/24 1:46 AM

comment_area
ゆちゅ♪さん、こんにちは。

・・・えええ、積読にされていらっしゃったんですか?
ビスクドール・シンドロームのレビューを書かれていたので、当然のごとく読んでいるものだと思っておりました。

よかったですよね、心がふわふわとあったかくなるようないい作品でした。
comment_area
(..)φ 真琴
2006/10/24 11:43 AM

comment_area
真琴さん こんばんは!

きゃー、ごめんなさーい!(≧д≦)
つい欲望に忠実にエロばっかり先に読んじゃいました(笑)

努力の甲斐あって?積ん読も少しずつ減らしつつありますがこれからエスの4冊一気+シナプス上下巻が〜(≧ロ≦)!
レビューあげたい本も残ってます…。

花川戸さんはこのままシャレードで連載になるといいのになー、と思ってます♪ほんとにこれは皆様に広くおススメの一冊でした(^-^)
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2006/10/24 9:57 PM

comment_area
こんにちは、ゆちゅらぶ♪さん。

これ、花川戸さん以外の作家さんが書いたら、とてつもなく暗くて痛いお話になっていたと思います。
花川戸さんだから、こんなに幸せなお話になったんですよね。
それがまた切なくて〜!
翠には是非、人肌の温かさ、安心というものを知ってもらいたいと思います。
ホント、続編希望ですね。

こちらからもTBさせていただきました!
comment_area
(..)φ
2006/11/07 4:50 PM

comment_area
桃さん こんばんは♪

コメント&TBありがとうございます!
そう言われると確かにそうですよね〜。
こんな悲惨な体験をした人がこんなにほのぼのと暖かい日々を送っていられるのは花川戸さんだからこそなんですよね!
えっちなしでもこういった本の出版に踏み切ったシャレードに感謝です♪

ほんとうに絶対続きが読みたいです!
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2006/11/07 7:27 PM

comment_area
本は買ったものの、ゆちゅさんのお勧めがなければ読むのがもっと遅れた気がします。BLなのにキスもエロもない不思議なお話でした。

心って大切ですよね。翠の精神状態を一番気にして明るくケアしてくれる朋野は、セラピードックと似たようなの役割なのでしょうか(笑)
こういう形の心のつながりだけのカプの姿というのもあってもいいのかもしれませんね(朋はちょっと可哀想ですが)

TBお願いします!
comment_area
(..)φ okapi
2007/01/16 7:25 PM

comment_area
okapiさん こんばんは♪

セラピードッグ!いい得て妙ですね!
犬系かもしれませんが大型で安心感のあるタイプ?仕事相手を殴り倒したあたり、頼もしい災害救助犬でもいいかも(笑)

私もかなり長いこと放置してたので全く人のことは言えませんが、ほんと読まないのが勿体ないです!

まだこれからの行く末を見続けたいカップルなので続編熱烈希望です!

コメント&TBありがとうございました♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/01/16 10:31 PM

comment_area
ゆちゅ♪さんこんばんは♪
遅ればせながら、感想書きました・・・。
TBも遅らせていていただきましたので、よろしくお願いします♪

今更感無きにしもあらずなんですが、ここ一週間のひとり花川戸菖蒲さん祭り(年中なにかしら祭りをしている/笑)をしていたら、そろそろいいかな〜と思いまして。
本当に、花川戸菖蒲さんにハマるきっかけ作ってもらったのって、ゆちゅ♪さんのこの作品の、この感想読んでからなんですよΣヾ(≧□≦*)ノ
本当に、すすめてくださって、ありがとうございます〜。

私も、この作品続編があれば、是非とも読みたいです。
ぜひ、シャレードさんには、がんばっていただきたいです。
それにしても、アンケートハガキって、こういう時、使うものなんですね・・・。
失念しておりました。


comment_area
(..)φ
2007/03/11 9:49 PM

comment_area
棗さん こんばんは♪

コメント&TBありがとうございます!
うわー、そういっていただくとなにやら恐縮でございます〜。
でもこの本はできるだけたくさんの方に読んでいただけたらいいな、と思ったのでお一人仲間が増えたのが大変喜ばしいですよ♪

棗さんの一人祭(笑)もそろそろ大詰めですか?
私も朱鷺色本を買ったものの未読になってるんですが、なるべく早いうちに読みますね〜(^-^)♪
comment_area
(..)φ ゆちゅらぶ♪
2007/03/12 12:01 AM

It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
愚直スタイリッシュ
愚直スタイリッシュ 花川戸菖蒲著。シャレード文庫   エッチ、ありません。 キス、ありません。 抱擁もありません。   手を握るのが限界の二人、朋野と翠、25歳。 それでもこのカップルは同居していてほのぼのと幸せなのです。 それはもう羨ましい
(^ー゚)ノ 桃の楽園 | 2006/11/07 4:46 PM
愚直スタイリッシュ 花川戸菖蒲
愚直スタイリッシュ花川戸 菖蒲 (2006/09/28)二見書房 この商品の詳細を見る便利屋2人組 花川戸さんといえば、某本屋さんの話しにハマった時期がありました。それ以降手に取っていませんでしたが、先日ゆちゅさんのランキン
(^ー゚)ノ 備忘録 | 2007/01/16 7:21 PM
愚直スタイリッシュ:花川戸菖蒲
愚直スタイリッシュposted with 簡単リンクくん at 2007. 3.11花川戸 菖蒲著二見書房 (2006.10)ISBN : 4576061526価格 : \580通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る <あらすじ> 「便利屋朋野」を営むのは、朋野航平と羽根田翠。 外回
(^ー゚)ノ 雪月花 | 2007/03/11 9:38 PM