CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
愛讐の虜 〜ぴよぴよも頑張ってます〜
愛讐の虜 (ラヴァーズ文庫)
愛讐の虜 (ラヴァーズ文庫)
バーバラ片桐
JUGEMテーマ:読書


えー普段の私をよくご存知の方にはなんでこんな地雷炸裂本をゆちゅが買ってんだ?と疑問に思われるかもしれません。

まあ最大の理由は「うっかり」と「気の迷い」だったんですが(←ひでえ!)でもね、でもねっ、よかったんですよこの本!!

思った以上にラブが、というか深い縁に結ばれた二人でまあバーバラさんですからね、基本的には甘い二人ですよ♪

監禁で凌辱で4Pだけどな!(笑)

【あらすじ】
「殺し屋のお前を、容易く快楽に溺れるような淫らな奴隷に躾けてやる」。

元外国人部隊の精鋭、酒井祥貴は、家族を殺された恨みをはらすため、投資会社を経営する長殿俊臣の暗殺を謀る。
しかし、その命を奪うことはできず、逆に捕らえられてしまった。
闇社会とも精通していると噂される長殿の会社に監禁され、拷問を受けても口を割らない祥貴に、ついには長殿自らの手で『凌辱拷問』が施され…。
大手企業の社長室で、淫らに飼われることになった祥貴の運命は――…。
憎しみと快楽の中で生まれるハードコアラブ。

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | バーバラ片桐 | comments(6) | trackbacks(2) |
愛の誓いは三々九度で♪
i.jpg
極道の花嫁 (ガッシュ文庫)
バーバラ片桐

今回のバーバラさんは萌えの三題話なんだそうです。すなわち

「極道」+「花嫁」+「バカップル」。

いいねえ!(笑)
極道ってあまり私の萌えツボではないのですが、プラス花嫁、さらにバカップルとなるとこのトンデモな弾け具合がたまらんデスよ★

読み始めたあたりは「はぁ!?」と常軌を逸した設定に思わず奇声があがりますが、いつまでも気にしちゃノンノン♪
トンデモワールドは楽しんだもん勝ちなのだ!(笑)

ところで萌えの三題話、私なら差し詰め

「アラブ」+「花嫁」+「ヘタレおっさん」

か?…一体どんな話になるんだよ…(-_-ι)
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
     ・
考えてみた( ̄‥ ̄;)
     ↓
一人娘がアラブの王族の花嫁になることが決まり、婚礼のためにはるばる砂漠の国へとやってきたら招待客だった隣国の王子に見初められて誘拐&拉致監禁される冴えないヤモメおやじってどうだろう?

もちろん初夜は揺れるラクダの鞍上で♪(≧∀≦)

【あらすじ】
「てめえは家に来てもらう、俺の嫁としてな」

高校生の鈴本尚弥は、由緒正しい極道の御曹司。
でも、運営難の鈴本組には逮捕された組長の保釈金が払えない…!
突如、保釈金の肩代わりを申し出たお隣のライバル極道・渡瀬伊織に攫われた尚弥。
いやいやながらも鈴本組存続をかけて、伊織の豪邸で花嫁修業をすることに!
寝食のお世話や、いってらっしゃいのキスに挑戦しても、ドキドキして失敗ばかり。
なのに、夜のお勤めで身体だけ淫らになっちゃって…?
ラブで純真・極妻修業!!

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | バーバラ片桐 | comments(2) | trackbacks(1) |
愛してるって、言わせてよ。
i.jpg
愛してるって言われても (白泉社花丸文庫 は 2-12)
バーバラ片桐
JUGEMテーマ:読書


攻が電波じゃない!!!受にもヘンな性癖がない!!(笑)

バーバラさんにしてはすごく普通なカップル、いやむしろ攻がイイヤツすぎる!
リーマンもののラブストーリィだとすれば至極マトモに恋愛してラブラブハッピーエンドだと思うのに、書いたのがバーバラさんだとどうにもインパクトが足りないと思えてしまうのはなぜでしょうか。
多分、最初から求めるものが違うからよね。
バーバラさんにはきっと誰もが濃い目のイロモノ臭漂う作品を期待してるんだと思う。
これはこれで面白かったというか、悪くはないんだがパンチが足りん〜!
あとがきで年取って人間が丸くなったからラブ度高めの話を書く、というようなことをおっしゃってましたが、それはモチロン、ラブは重要です。子犬攻OK!
しかしやはり他の追随を許さないインパクトで勝負して欲しいのですよ。

ラブ&パンチ!

これだね♪

【あらすじ】
大手ディベロッパー勤務のエリートで、遊びもスマート。
何事にもソツのない武井は、専務じきじきに社の裏金の調査を命じられ、同期の経理・篠崎に接近した。
地味な身なりと仕事への厳しさから周囲に敬遠される篠崎が、実はダイヤの原石のような美貌とうぶな性格を隠し持っていると知り、興味を覚えて篠崎を「変身」させる武井。
やがて本気で惹かれるようになるが、篠崎にはある秘密があった…。
対照的な二人が手探りで進める恋の結末は?

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | バーバラ片桐 | comments(4) | trackbacks(1) |
ラブ イズ キャッシュ!
華麗なる香主、愛の誤算
華麗なる香主、愛の誤算
バーバラ片桐

上海の次は香港です。
といっても攻が香港マフィアというだけで舞台はずっと日本なのです。
でもお祭りで金魚すくいもしていたなあ…だからって記事タイトル、「香港金魚すくい」はあんまりよね?
何かいいのを考えなければ〜(笑)

プラチナ文庫 バーバラ片桐 「華麗なる香主、愛の誤算」


捜査中に貞操の危機に陥り、香港マフィアの香主・黎に助けられた偽造通貨Gメンの一樹。
優しく淫らに唇を奪われ、艶やかな存在感を放つ黎に魅了された。
だが、彼が持つ札束に疑念を抱いた一樹はそれを押し殺して捜査に当たり──

「飼い慣らして、身も心も俺のものにしたい」

拉致され、残酷なまでの悦楽に堕とされた。
それでも、孤独を吐露した黎が見せた安らいだ顔、愛おしむような眼差しに心が騒ぐ。
職務と黎への想いの狭間で惑う一樹は、つらい決断を迫られ...! 裏切りに揺れる恋。


プラチナだし、バーバラさんだし、ちょっと息抜きに読むつもりだったのですが予想外に面白かったです。

「とにかくお金にからむ職業の人に萌える」
とおっしゃるバーバラさんの今回の話は

香港マフィアの香主×偽造通貨Gメン

だそうで。香主というのは系列組織の組長の一人みたいなものらしいです。
今回この攻の黎がマフィアのボスなのにすごく可愛いげのある人で〜♪
しかも電波じゃない!バーバラさんなのに!(笑)

ものすごくまともな愛情深いタイプでどうしよう!ですよ。
つか、いつもとタイプが違うことについうろたえましたがこれが普通ですよね!?
だって電波なマフィアのボスってイヤすぎるよ…。

そのかわりと言ってはなんですが、受が札束で顔撫でられてはう〜ん♪となっちゃうヘンタイです(笑)

一樹は仕事柄感触で本物の紙幣とニセ札を完璧に見分けなければならない、として先輩の實報寺と日夜訓練に励んでいるのですが、この訓練風景がステキすぎます(笑)

床にひざまづかされ、實報寺に札束で頬を撫で回される一樹。

「そんなに感じるか。淫らな男だ。最初の束と、新たな束と、どちらか選ばないといけないとしたら、おまえはどちらを選ぶ?」

間違えた一樹の身体にぶちまけられるひゃくまんえん…(の、ニセ札・笑)

そこに別の同僚が顔を出しますが驚きもせず

「またやってるのか」…ヾ(≧∇≦)ノ!

面白過ぎるぞ、きみたち!ばらまいた札は二人で拾ってるし。
だいたい何故に顔?現場で押収した札に毎度スリスリしてるんだろうか…(笑)

ムードを盛り上げるための身売りごっこだのお代官さまごっこだのは實報寺の趣味のようです。

この人と美形の室長はデキてんだろーなーと思うんですが、残念ながらこの本では一度もビジュアルでの登場はないのです。實報寺は絶対ステキメガネなのに〜。室長は名前すら出ませんしね。
でも電波系メガネ×ツンデレだと思います。
それはそれで読んでみたい(笑)

一樹は貞操の危機を二度も救われて黎という謎の男と知り合うんですが、この男が香港マフィアだと知り偽造通貨に関わりがあるのではないかと疑います。

しかも「これで今晩おまえをエスコートさせてくれないか」と頬を撫でた札束には違和感が…訓練、役に立ったじゃん!(笑)

この時ホテルのスイートで黎にベッドに紙幣を撒いてもらい、そこでニセ札であることをなんとか確認しようとするのですが、黎のテクと感じすぎる身体のせいでそれどころではありません。

散々気持ち良くなぶられてしまいますが、最後の一線を越える前になんとか逃げ出しあとを追っていた實報寺たちに保護されます。

一度は捜査から外されたものの、今度は黎に拉致されてしまい妹の身柄をタテに犯され、逆に検察側の情報を流すように強要される一樹。
検察にわざと黎が目をつけた香港マフィアの異母兄弟であるという情報を流し、ガイドを頼まれたという名目で行動を共にするのですが黎がやりたがるのは手をつないで歩いたり、公園でひざ枕したり…浴衣でお祭りに行って金魚すくいしたり?(笑)
デートだね、それ。浴衣デートのお約束、神社の裏で×××ももちろんございます♪

二人で過ごす間に一樹は黎の今までの命の危険に曝され続けた生活を知り、無防備に安らいだ様子を見せる黎に対して気持ちが揺らぎ始めます。

日本の暴力団と黎の異母兄の香港マフィアとの大きな取引に絡み、騙し騙されのスリリングな駆け引きを続ける一樹と黎。
騙すための言葉として真実の愛を告げる矛盾。

裏切られることを承知でそれでもなお信じたいと願った黎の涙…。

純愛ですね…バーバラさん!
日本人とのハーフで15歳まで日本で育ったというだけあって、黎はすごく(マフィアにしては)まともな感性の持ち主で、一樹を好きで仕方ないのに全てを信じきれずに苦悩してたりするのがもう、きゅん!て感じです(笑)

一樹は一樹でホントに好きなのに裏切らなきゃいけない辛さを抱えていて切ないです。

ラストはやはりそれでもマフィアだけあって一樹より一枚上手のしたたかさを持っていた黎にしてやられてるんですが、ま、これはお互い得して痛み分け(?)といったところ。

ラブは一樹の当たって砕けろが無事成就してこれからは香港⇔日本の遠距離恋愛になりそう。
一応黎も通貨偽造には関わっていないとはいえマフィアの香主ですからそれなりに違法行為もしてるんでしょうけど、香港のマフィアはある程度稼いだら足を洗って実業家に転身するんだそうです。

日本では悪さしないと一樹と約束してましたが、頑張って早く黎がカタギになれるのを応援してあげたいですね♪
ゆちゅらぶ♪ | バーバラ片桐 | comments(2) | trackbacks(0) |
/ 1/1PAGES /