CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
飼うか飼われるか!?
龍を飼う男
龍を飼う男
ふゆの 仁子
龍の後継者
龍の後継者
ふゆの 仁子

昨年からおよそのブログさまでそのレビューを見掛けるたび、気になって気になって気になっていたふゆのさんの龍の本。
読みましたよ、やっと!!
しかし残念ながら私の萌えとは合致せず、かなり辛口です…(T-T)

【龍を飼う男】
高柳は今、一世一代の決心を胸に香港の超高級マンションの前に立っていた。
目的の相手は、大学時代の同級生、ティエン・ライ。
香港での仕事をマフィアに邪魔され、失敗しそうな高柳は、最後の手段でティエンに交渉を持ちかけに来たのだ。
交渉金のない高柳は、自分自身の身体をティエンに売るから、それでマフィアを何とかしてほしいと頼む。
必死な高柳に、香港でも有名なマフィアの血を引くティエンは、妖しい取引を持ちかけてきた。
「お前の身体だけで報酬が足りない場合は、俺に一生飼われる覚悟はあるか」
危険な魅力を放つティエンの目の中に茫然と頷く自分の姿を高柳は見た…。

【龍の後継者】
世界でも超のつく優良企業ウェルネス社。
高柳はそこで大手スーパーの香港出店を任されている。
立ち上げ当初はマフィアに邪魔され困難をきたしていたが、高柳の大学の同期であり香港最大のマフィアのトップ、ティエンに助けられた。
その時に交わした「代償は肉体関係」の条件のせいでティエンとは恋人同士だが、香港を治める「龍」であるティエンの力を利用しようといくつもの影が動き始めている事も、自分がティエンの弱点である事も高柳は気がついていなかった。
ティエンの忠告もむなしく、巧みに近づいてきた相手に高柳は翻弄され…。
香港VS上海、その中にただひとり置かれた日本人高柳の運命の龍が動き出す …。


ティエン――!!(笑)
ご多分にもれずティエン萌えです、はい。

とゆーかそこしか萌える要素がなかったのです…(T∇T)
ふゆのさんは昔はかなり好きな作家さんだったハズなのに、実際BBNのパイロットものあたりはすごく好きなシリーズだったのに最近はどうも好みのツボがことごとくズレてしまっております…。

『龍を飼う男』でもティエンはメガネ攻だしすごく好みのタイプだったんですが、高柳が…(┰_┰)
私にはどーにもこの人は受け入れがたいです。

設定だけで見るともっと自分でもぐッときてもおかしくないんではないかと思えるのに、どーにも話の練り上げが足らんとゆーかぺらっとした薄い印象なのです。

やはり原因は高柳。

学生の時に自分を好きだったと思われる相手に、自分の身体を売り込んでその代金で相手を雇おうというのですが、ホントにこの人はエリートサラリーマンなんでしょうか…。
話の冒頭にこの駆け引きがあるのはインパクト勝負ということで「なんでなんで!?」と興味を引き付けられるのですが、しばらく読んでいくとやはり「…なんで?」と思わざるを得ませんでした。

多分高柳が頑張って仕事をしてる場面が全然ないからじゃないかと。
なにをやっても無駄で、自分の力ではどうにもならない現実に打ちのめされ、あがいて葛藤した末の苦渋の決断であったならもっと共感して思い入れもできたと思うのですが、そこらあたりはまるきり省かれていますので高柳の仕事ぶりは全く伝わってこず、やりかけの仕事が行き詰まってただの他力本願な甘ったれ野郎みたいです。

それならそれでもっとこう、

「俺の魅力でめろめろにして、ティエンを手玉に取ってやるぜ!」

くらいの気概を持ってればまだしも、危機感とか緊張感とかもあまり感じてないようなのんきなご様子。そんなにフカヒレが好きか、そうか。

設定はね、大好きなんですよー。なにより香港が。
もう大昔なんですが唯一私が行ったことのある海外なので、もう、ホントに大好き!

しかし『飼う男』の方ではあまり香港らしさも感じられず、ティエンとか先生とか素材は極上なのにかなりもったいない気がしました。
いや、こんなこと言うと先生ファンのみなさまには怒られるかもしれませんが、この人って「男ばあや」ですよね(笑)
「目付役」とか「守役」とか言うより男なのにばあや!(≧∀≦)
実際ティエンにも次代の龍の乳母扱いされてました。いくらなんでも乳は出ないと思いますが!
しかも名前「光良」…グォンリョンとお読みになるのが正しいようですが、ついテルヨシと読んで笑ってしまいましたw
先生大好きなのにこの仕打ち…私ってば(T∇T)
すみません先生ファンの方〜!

そして大本命ティエンです。
この人すごくかわいいっ♪
スターフェリーのシーンでは高柳もはしゃいでましたがそれよりティエンがご機嫌で、ああ高柳とデートできて嬉しいんだなー、と(笑)
高柳を好きな気持ちが全編から溢れてますよね♪
ラブラブです。

実際香港てわりと男性同士のスキンシップ過剰なお国柄らしく、肩組んでたりとか手を繋いでたりとかもそれほど珍しくない…と昔聞いたんですが。
自分が行ったときは一組くらいしかそんな仲良しさんは見掛けなかったです。
しかし男同士の友情は熱いだろうと勝手に思い込んでます。
「男達の挽歌」のおかげで。
おっさんメインの香港ノアールですが名作です♪

…すみません脱線気味で。

『後継者』の方では私が続けて二作読んだせいでかティエンの人格に違和感が…こんなにワイルドで自信満々な人だっけ?
言葉遣いも舞台設定に合わせてかやや乱暴になってます。
前巻のクールぶってて繊細なティエンが好きだったのにー!!(≧д≦)

リアルタイムで間を空けて読まれた方には気にならないものでしょうか?
下町でおっさんに混じって麻雀するティエンはイキイキしてて、別の人だと思えば魅力的なタイプではありましたが。

お話の方も自分のせいで捕われてしまったティエンを取り返すために高柳も奔走し、先生にもティエンの連れ合いとして認めてもらえてハッピー♪なんですが、その人知れず苦労してるとこを読みたいんですが。
舞台の裏側は見せたくないタイプなのか、高柳が自分で動いてるシーンがあまりないので…頑張ってると思えば上滑りして捕まってオークションにかけられてるし。

ホントにエリートなのか?
その後エリートらしく自分の人脈を使って交渉を有利に導くといった展開もあるにはあったのですが、それがどんなに大変なことかという実感は伝わってきません。

せっかくの白粉彫りも、こう身悶えつつ耐えてる様子なんかあればなまじなSEXよりエロティックでイイんじゃないかと(笑)←マニアックだな…。

まあ、ティエンいないとこでレオン相手に悶えてんのもマズイですね。

そんなわけで…けっこう期待して読んだのに個人的には萌えたりなかった作品です。
素材は好きなものが多いのに、詰めの甘いところが気になってしまって残念というほかありません。

すみません…今回読みながらもう感想もあまりいいこと書けないのわかってたのでかなり迷いましたが、一応正直に書いてみたところ、かなり取り留めなくすっきりしないものになってしまいました。
次はなにか楽しい本で書きたいものです。

ああ、最後に…いろんな食べ物プレイは見たり読んだりしましたが、フカヒレプレイは映画「たんぽぽ」の生タマゴの次に萎えました…(T∇T)
ちっともエロさを感じませんでしたよ!


ゆちゅらぶ♪ | ふゆの仁子 | comments(11) | trackbacks(2) |
あんたの夢を叶えたろかスペシャル♪
愛の罪 恋の罰
愛の罪 恋の罰
ふゆの 仁子

謀った訳ではないのですがうまいこと意地っ張り健気受ちゃんの3連発となりました。

ビーボーイスラッシュ ふゆの仁子 「愛の罪 恋の罰」


美貌で高慢な須磨は、イギリス貴族の末裔で財閥御曹司のアルフレッドに求婚されていた。
「10年お前の気持ちが変わらなかったら、プロポーズを受けてやってもいい」
濃く濃密な夜をいくつ過ごしても、心だけは許さない須磨。
男の色気と強烈な魅力を放つアルフレッドが捧げてくる、薔薇もキスも快楽も、愛しているからこそ手放さなければ…!


えーと、実をいうと短編集みたいなのは好きじゃありません。この本は短編2本と書き下ろし中編かな?

短編って難しくて、上手いとか面白いとかってあんまりないですよね…?
本編終了後のおまけ的なものなら別にいいんですが、BL小説において短編というとどうしてもエロオンリーになりがちで…最近の短編でおおっ!と思わされたのはやはり三浦しをんさんのジジイ受ー!ヾ(≧∇≦)ノ♪
これは年齢的に相当際どい設定にも関わらず、お話自体はとても秀逸なよいお話でした。

残念ながらふゆのさんの短編は掲載がビーストだったこともあるんでしょうがやはりただのエロ短編だったので、これは感想は見送りだなーと思っていましたが。
書き下ろしの中編にウケたのでご紹介することにしました(笑)

あとがきの中でふゆのさんが

>プロット段階で「思いつく恥ずかしいことのすべてを攻にさせる」と息巻いていたのですが、ただのギャグになっている気がしてなりません。

とおっしゃっていますが、大正解です(笑)笑わせていただきました。

なんでしょうか、ハーレクイン属性ですよねとっても!
受の望みを知り尽くし、常にその要求するところの一歩先を叶えてみせるゴージャスかつアンビリーバボーの数々!!

々盖薀曠謄襪離┘鵐肇薀鵐垢鯤匹篥薫罎忙蠅襪泙膿森箸礼薇で覆い尽くす。

もちろん歩く度に足元で薔薇が踏み潰されています。最上級スイートのベッドルームも同様です。
ここまでされたらうっとりするよりげっそりするけどなぁ…。
もはや視覚の暴力、嗅覚に至っては殺人的な破壊力を有するのではないでしょうか?

△靴も汐留の超高級なこのホテルを一週間貸し切り。

受ちゃんも薔薇の香に酔っ払っていたらしくホテルのエントランスというこの上ないパブリックスペースで散々エロキスに溺れたあとそれに気付くという…。

レストランで夜景を見ながらの食事中、バースデイソングが流れ向かいのビルの窓に巨大メッセージが映し出される。

しかもmy sweet TAKATOMOへyour darling ALFREDより。これを見ていた一般人の驚きはいかばかりか。
「ホモ…?」「ホモよ!」「ホモだぜ、おい!」
ローカルニュースで流れても不思議じゃないです(笑)

ぅ疋鵐撻螢蹈爾破たしたプールに薔薇の花びらを浮かべる。

プールですよ…?風呂とちゃいますよ?
かかった金額よりも作業人数が気になります。
ホテルを貸し切られちゃったので他にやることなくなった従業員たちが総出でプールに集まり

「じゃフロント、バンケット、ベル、ドアマンのみんなはプールにドンペリ開けて!時間との勝負だから急いでね!」
「レストランとルームキーパーは片っ端から薔薇むしって!あ、そんな乱暴にしちゃだめだよ、キレイにね!」

多分全員一致で「こんなことやらすヤツはアホだ…」と心の中で呟いてるに違いないです。

普通酒風呂とかワイン風呂、ミルク風呂でもお湯に対して何割か混ぜるものだと思うけど、このプールは全部ドンペリなんだろーなー。
受の須磨はこのプールで溺れかけた上中でヤッちゃってましたが100%シャンパンの中でそんなことしたら粘膜からの過剰摂取で急性アル中間違いないかと思うのですよ…二日酔いで済んでよかったね♪

やはりゴージャス設定もここまでされるとなんか下手に想像できちゃうぶん笑うしかなくなりますね。

「プリンの風呂に入りたい」とか「巨大クレープで巻かれたい」とか「イクラで満たしたプールでイクラ飲み飲み溺れてみたい」とかと同レベル?
さ〇まや玉〇では叶えられないハイグレードにゴージャスな望みも、大財閥の一人息子の手にかかればハイ、このとーり♪

誰か止めてやれよ…(T∇T)
あら?私今日は健気受を紹介するハズでしたのに…(笑)

あの、でも確かに受の須磨は一見高慢チキな我が儘タイプに見えて、その実織り姫彦星のよーに年に一度しか会えないアルフレッドを10年変わらずめろめろに愛しちゃってる健気なツンデレなんですよー(≧∀≦)!

まあ綺月さん、砂原さんときたあとではかなり分が悪かったんですけどね…。
私は慣れないものでゴージャスすぎるとつい笑ってしまいますが、このセレブリティな世界にうっとりできる方なら素直に二人の10年愛をお楽しみいただけるのではないかと思います(^-^)♪
ゆちゅらぶ♪ | ふゆの仁子 | comments(4) | trackbacks(1) |
/ 1/1PAGES /