CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
性悪子猫は手に負えない!
肌に落ちる甘い痛み (リンクスロマンス)
肌に落ちる甘い痛み (リンクスロマンス)
高槻 かのこ

変わりネタにはもれなく手を出すぜ!ゆちゅらぶ♪です。←笑点の自己紹介みたい…。

先日ご紹介のいつきさんとは方言BLであることと攻がヤクザあがりなのが被っておりますが、こちらは刺青の彫師のお話です。

刺青!彫師!いいねえ!萌えネタだねっ♪

とまあ、飛び付きはしたものの内容的には微妙なところ…特に愛らしい子猫ちゃん受が苦手な方は避けた方がよろしいかも。
かくいう私もそれほど得意ジャンルではありませんので普段は敬遠しがち…ここまで全開なにゃんこぶりには久々に遭遇したな。
いっそ女子高生のティーンズラブだと思って読めば楽しめる…かもしれませんよ?

リンクスロマンス 高槻かのこ 「肌に落ちる甘い痛み」


憧れの彫師に弟子入りした雛見秋良。
可憐な見た目に反して気が強く、その容姿をからかう兄弟子の坂江将吾とは事あるごとに衝突していた。
そんな中、修業の一環として、互いの体に刺青を彫ることになる。
はじめは痛みに対する恐怖があるうえ、将吾との信頼関係も築けず、身を任せることができずにいたが、男の彫物に対する姿勢や、時折見せる優しさを知り、秋良はしだいに心を許していく。
しかしある出来事がきっかけで将吾とぎくしゃくしてしまい――!?


秋良は子供の頃父といった銭湯で見たおじちゃんの背中の彫り物の美しさに一目で心を奪われ、それ以来刺青の写真集を見たり、美大で日本画の勉強をしていつか和彫の刺青を自分の手で彫りたいと願っていました。

両親を説得し憧れの彫師である彫里に弟子入り志願しますが、本人にさえ取り次いでもらえず追い返されそうに。
しかし愛らしい人形のような見た目にそぐわぬ気の強さで先に彫里の元で修業していた将吾に食ってかかります。

その勢いに面食らう将吾でしたが、結局強面の将吾にも怯まない気の強さを彫里に気に入られ、弟子入りを許されます。

そこでまあ気の強い子猫ちゃんが歯がたたないのをわかっていながら、細いツメやらちっちゃいキバを剥いて向かっていくような愛らしい攻防がヤクザあがりの彫師のタマゴとの間に繰り広げられるわけですが、片や向かって来られる将吾の方はうぜーうぜーと思いながらもこの子猫ちゃんにはめろめろな訳ですよ。

それはそれで可愛かったと言えんこともないが、私が『彫師モノ』に求めていた硬派かつアンダーグラウンドな雰囲気とは掛け離れているのですよ(T∇T)
若しくはこう苦痛をこらえきれずに喘いじゃう、その時に見せる快感を堪えるにも似た表情に滲み出る大人の色気とか〜。
すみません妄想全開で。でも期待しますよね?
一応それらしきシーンもあるにはありましたが…。

それと舞台が大阪ということで主要人物はみなさん関西弁なんですが、将吾はともかく受の秋良や師匠の環さんなんかはずいぶん言葉が柔らかくて驚きました。

おかげでなにやらはんなりしていて、また秋良が意地らしくも可愛いげ過剰なもんだからあまり男の子という気がしなくて困りましたよ…。

私ならここで喧嘩して背を向けられたらターンッと襖開けてスパーンと後ろ手に閉めて足音高く歩み去ってやるわ!と思うようなシーンで布団に潜り込んで背中に寄り添われちゃった日にはなにやらあまりの素直さ、かわいらしさにうろたえました(-_-ι)

なんていうか…ティーンズラブ?
初々しさが眩しすぎるよ(笑)

私的にはこのメインカップルの二人よりも弁天背負った美しいお師匠さまが気になります♪
普段はんなりおっとりだけど怒ると怖い環さん、関西最大組織の会長にも可愛がられている凄腕の彫師なんですが、絶対激烈男前などこかの組長とデキてるハズ!と妄想しています★( ̄ー ̄)

なので、彫師とか刺青ネタで萌える!という方にはかなり物足りないような気がしてしまいますが、咬み癖のある大型犬×愛らしいふわふわにゃんこカップルがお好みの方にはかなり楽しめるのではないでしょうか。

私的にはアダルトエロスな師匠のスピンオフを期待したいところであります♪
ゆちゅらぶ♪ | 高槻かのこ | comments(0) | trackbacks(0) |
/ 1/1PAGES /