CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
美しいのは罪ですか?
i~01.jpg
それは罪なアナタのせい (B-PRINCE文庫 は 1-1)
萩野 シロ

某Tさまの薫陶の賜物ですっかり萩野さんを作家買い認定してしまった私ですが、今回はまた違った意味で読みづら…げふんげふん、萩野さんの違う側面に遭遇しちゃいました。
や、受が無駄に思い切りいいとこなんかやっぱ萩野さんだわ、と思うんですけど。

初出は今は亡き雑誌LAQIAだそうでしかも高校生モノとくれば、なるほどこのコメディちっくなピンクのオーラはそのせいですか。
こう、何か懐かしいような、昔はこんな話けっこうあったあった!(笑)

書き下ろしは(えっちシーンだけ)黒ラキだったけどね…( ̄ー ̄)★

【あらすじ】
ナルシストでちょっとおバカな高校生・斉賀。
自分よりも恰好イイ下級生・夏木の存在を知り偵察に向かうが、その顔を見る前に階段から転げ落ちてしまう。
助けてくれたのは、王子様のように綺麗でキラキラきらめく笑顔の持ち主……こ、これが夏木!?
優しく指が触れる感触さえイイと感じて、動悸息切れ目眩に襲われ、眩い笑顔に見惚れてしまうばかりか、愛しいなんて思ってしまった。
これってまさか……恋!?

……あらすじだけ読んだら昔のアイスノベルズってこんなの多かったよなあ、と妙にデジャブったよ…(笑)

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 萩野シロ | comments(6) | trackbacks(3) |
ガテン系パッショネイト☆ラブ!(笑)
i.jpg
埃まみれの甘いキス甘いからだ (プラチナ文庫)
萩野 シロ
JUGEMテーマ:読書


今週ようやく確定申告に行ってまいりました。
どーせ死ぬほど待たされるだろうと思い、市役所へ行く前に是が非でも時間つぶし用の本を購入しなくては!と高○屋の書籍コーナーへ行くも空振り。
この本が発売されていることはtatsukiさんの例の如くの萌えメールw(いつもありがとうございます♪)で確認していたので出てないハズはない、いくらここが辺境の地でも!メイトなら一日前に入るんだ!

仕方なく前述の書籍売り場の本店の方へ足を運びましたが、ないないない〜!
仮にも本店でしょ!?絶対今日は萩野さんのガテンエロを読むと決めていた私の決意をどうしてくれる〜!!と憤懣やるかたなく店内をうろついていた私の目にとまった一台のワゴン・・・。

プラチナ、各一冊しか入荷しないのか・・・。

お高くとまりやがって、自○書房め!

それとも高○屋でエロ本買おうとしてた私の方が間違ってましたか?
ともあれ無事に萩野さんのプラチナ新刊をゲットして、
読みましたとも、確定申告会場で!!(笑)

【あらすじ】
いわゆる、ゴーカンだ。と矢倉は思う。たとえ、村川の熱い体と唇から蜜のような快楽を注がれ、あまりの愉悦にいやらしくのたうち、濡れた体であさましいほど続きをねだったとしても、だ!!
ガテン系職人のくせにキレイな顔と体の矢倉は、建築業界の零細会社の社長。
微妙かつ歴然とした商売敵である中堅会社の若社長、村川と飲み屋で意気投合をして――。
だが、曖昧な関係を追い詰めるように、二人の仕事も心も揺るがす事件が起きる!?

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 萩野シロ | comments(10) | trackbacks(3) |
きみのそばで泣きたい
甘い棘の在処 (B-BOY SLASH NOVELS)
甘い棘の在処 (B-BOY SLASH NOVELS)
萩野 シロ

今回はリブレなんだけど珍しく期待値が高かった作品です♪
萩野さんは最初あれほど読みにくかった文章に目が慣れてきたというか、少なくとも行きつ戻りつしなくてもよくなってきました(笑)

ネタ的に記憶喪失って料理しだいで陳腐にもなりかねないし、逆に定番ならではのよさもあるかと思いますが、今回は見事に設定を逆手に取ってけっこうBL的に驚愕のオチが!(笑)

実をいうとかなり突っ込みたいところも満載なのですが、読後はかなり満足感を味わえました。
いや、落ち着いて考え出すとアラがみえてくるのですが円陣さんのイラストも綺麗ですし(ちょっとだけ裸ネクタイの気分を味わえますね・笑)、ちょっと切なくなって泣いちゃったし、うん、やっぱり面白かったです!

【あらすじ】
事故で記憶を失った達也。
唯一執着を憶えたのは、従兄弟の敦だけだった。
だが、敦は達也を冷たくあしらう。
寂しくて悲しくて――でも側にいたくて、縋るように同居を続ける達也に、敦が告げた残酷な過去。

「無理矢理犯った。ハメ撮りの写真一枚でおまえを従えた」

組み敷かれ、繋がったそこから熟れていく身体。
蕩けるように甘い愉悦を貪り、疼いた身体も心もただ敦だけに纏わり付く――。
拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 萩野シロ | comments(8) | trackbacks(4) |
召しませ、美味しい〇〇〇♪
くちびるを濡らす恋の雫 (プラチナ文庫)
くちびるを濡らす恋の雫 (プラチナ文庫)
萩野 シロ

すみません、実は少し前にリクエストいただいてたのですがすっかり遅くなってしまいました(T∇T)
しかしこの本は更にその前に某ブロガーさまの「おいしいお酒が飲みたくなる」という感想を読んで購入済みだったんですけどね♪

日本酒、いいですねぇ♪
私はこの本の攻とは逆にお酒の味わいは好きなのに体質的にたくさん飲めないのが口惜しいです…。

プラチナ文庫 萩野シロ 「くちびるを濡らす恋の雫」

偶然の再会。
逢いたかった!けど、遭いたくなかった?
だって今の自分の生き方を決めた、忘れられない男だったのだ!!
テキトーに要領のいい聡は、高校時代に一方的に知っていた堅物の蔵元の息子、四條と専門学校で親友に。
四條の真っすぐさが煩くて、大好きだった。
卒業の夜、獣じみた慾情で日本酒の芳醇な匂いの唇を舐め噛みそして...! あの時の陶酔も熱も衝撃も落胆も消化されないのに、男前に磨きがかかった四條はムカつくほど爽やかだ。
だが四條にも内緒事が......。

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 萩野シロ | comments(7) | trackbacks(1) |
バイオレンスでイキな
浸食 (B-BOY SLASH NOVELS)
浸食 (B-BOY SLASH NOVELS)
萩野 シロ

最近どうにも筆が乗らないというか、書きかけで放り出すクセがついてしまったようで…しかも鳥頭なので放置してるとどんどん忘れちゃって感想など書けたものではありません。

ホントは砂原さんのシャイの新刊途中まで書いてたんですが、私…健気受苦手なのかも。

いやいや徳馬はめちゃめちゃ健気じゃん!
多分、健気な受がかわいそうなのが耐えられないんだと思います。
そんなわけで「恋雪」はお蔵入り決定。

かわりにまたちょっと毛色の変わったのいきますよ!(笑)

ビーボーイノベルズスラッシュ 萩野シロ 「浸食」


「そそられるって言ったろ。やりたくてたまらない」

幸村会の西垣は、雄の魅力を持った御曹司・槙野から人捜しを依頼される。
その裏に潜む厄介さを理由に無下にあしらう西垣を、槙野は無理やり凌辱した。
情欲の笑みを湛えながら身体の奥を暴く男から与えられる、溶けてしまいそうな愉悦と陶酔。
はしたなく蠢き悦ぶ身体は熱を孕み、槙野が欲しい、ただそれだけの本能に喰われていく――。
御曹司×ヤクザのリスキーラブ、オール書き下ろしで登場!


えっと、受の西垣がちょっと他では見ないくらいバイオレンスなにーさんでビックリしました(笑)

初読みの作家さんだと思うんですがすみません、正直言うと文章とか読みづらかった…。
読むのにとっても時間が掛かってしまって、だからすごくおススメかというとそうでもないのですが〜。
ストーリィ自体とは別のところをいろいろピンポイントで楽しんでました。

幸村会で若頭の補佐的な立場として一目置かれる西垣のもとに、個人的な依頼としてある人物を探して欲しいと企業の社長の御曹司である槙野がやってきます。

捜索して欲しい人物とは西垣が死ぬほど嫌いな男の一人息子。
財閥系企業体トップである外川の御曹司で、西垣にとっては何の情動も湧かない相手なのですが実はどうしても生きていてもらわなければならない理由があります。

それでも最初は断るつもりだったのが、バリバリのヤクザの西垣を恐れもせずに口説いてきた槙野に力尽くで気を失うまで凌辱されてしまいます。

ところがこの西垣、目が覚めた途端シャワー中の槙野のところに乱入して、取り乱すでもなくナイフで腕を切り付けます。

ヤラれるくらいたいしたことないがヤクザに手出しした分は痛い目みてもらう、みたいな冷静さがたまりません。

スラッシュだし、あらすじとか帯をみる限りヤクザがボンボンに身体で落とされちゃってエロエロだけどラブラブでー!みたいに思うじゃないですか?

全然違います。
真面目な話、もうちょっとあらすじとかアオリとか考えようよ、リブレさん。

もうこの西垣という人は確かにカラダはエロいらしいんですが、メンタル面でウェットな部分が少なくて始めは槙野のことも本気でウザがってるしとにかく男前というよりバイオレンスな人だった…。

槙野は初めての時に切り付けられても全く懲りなかったらしく、その後も手を出しては殴られたり殴られたり殴られたりしてます(笑)

そして西垣に殴られたの は子猫が撫でた程度だったのかしら?と錯覚する程西垣の親友であり若頭の幸村や補佐の比佐野には殴る蹴るされて痛い目見てるし、最後は鉛弾も食らってるし…あの、ホントに御曹司なの?(笑)

作家さんご本人もあとがきで「なんちゃって御曹司×なんちゃってヤクザ」とおっしゃってますが、どちらかというと幸村会の企業舎弟っぽい西垣がなんちゃってヤクザかはともかく、槙野は初対面で、しかも財閥トップとなんらかの繋がりがあると思われるヤクザを強姦するわ素人のクセにチャイニーズマフィアの頭吹っ飛ばそうとするわ、無鉄砲というか既に電波と言っても差し支えない感じ?

ラスト槙野が探してたハズの弟分ともいえる外川の息子を助け出すため、西垣が危ない橋を渡ろうとした時には、西垣大事のあまり「(外川が死ぬのは)自己責任」とか言い出すにおよび、いい具合に人でなしだよな〜、と笑ってしまいました。
いや、受至上主義っていいじゃない(笑)

でもこの本でホントに私が萌え萌えしたのは西垣の親友、幸村です♪

西垣とはベッタリな仲じゃないんですけどお互いを特別な位置に置いていて、それは恋愛感情ではないんですが槙野が西垣に手を出したことがバレたら一番マズイ相手が誰か?ってのに西垣は自分で幸村の名前を出してるんですよ。

実際槙野の依頼絡みで西垣がチャイニーズマフィアに拉致監禁され、暴行を受けたときの怒りは凄まじかったようで、槙野は容赦なくボロボロにされてます(笑)
恋愛感情はなくともお互い若気のいたりで肉体関係はあったらしいし…(≧∀≦)♪
こういう親友以上の関係って萌えますよね!

そして幸村がオイシイのはそれだけじゃなく、補佐の比佐野との微妙な関係がまたたまらんのですよ!

幸村は弱冠二十歳のときに幸村会の会長だった父親の仇を討ち果たし、名目上は若頭ですが実質会を任されたのですが、実はこの仇討ちは比佐野のためだったんですよね。

比佐野は義理堅く真面目で忠義に篤い男で、先代が殺されたとき幸村が先にやらなければ比佐野が仇討ちに行ったものと思われます。
しかし、実子である幸村なら大義名分がありますがただの組員がそんなことをしたら必ず粛清されてしまう。

そこまで読んで、幸村はなんとも思っていなかった父親の仇討ちに行ったわけですよ。
比佐野を死なせないためだけに!キャ〜(≧∀≦)

私はてっきり実直な比佐野攻×ドS受幸村だと思っていたのですが、比佐野受なんですって!
34歳、年上のいかちー受、28歳美形ヤクザ・ドS攻。

ええ、受でも攻でも幸村は美形なドSです。
予定があるかどうかはわかりませんが、ぜひこちらのカップルで続きを読ませていただきたいものですね(*´▽`*)

かなりドライに槙野に対して振る舞っていた西垣ですが、やはり自分自身気付かないうちに槙野に身体ばかりか心まで浸食されて憎まれ口叩きながらもラブラブでいい感じです♪

ちと幸村萌えを語っていたら長くなってしまいストーリィそのものにはほとんど触れられませんでしたが、そんなにエロばっかな感じでもなかったと…(笑)

気になった方はどうぞ読んでみてくださいね♪
ゆちゅらぶ♪ | 萩野シロ | comments(10) | trackbacks(2) |
/ 1/1PAGES /