CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
何度でも愛してる
烙印の夜に逢う
烙印の夜に逢う
柊平 ハルモ

最近ホントに巷にステキな人外が溢れていてもうウハウハですね。
しかも滅多にお目にかかれないクラスのツンツンツンツンツンツン…(デレ)?くらいの高慢美人受!そして輪廻転生モノと美味しいとこ総取りな柊平さんの新刊です。
円陣さんの挿絵も美麗で大満足でございました♪

リンクスロマンス 柊平ハルモ 「烙印の夜に逢う」

ルーマニア人の血を引く誠一は、銀座の画廊でいつも夢に出てくる風景の画を見かける。
そこでニコラエという紫色の瞳に豪奢な金髪を持つ男と出逢い、自分にそっくりな肖像画を見せられた。
肖像画の秘密を知るため、何度もニコラエの滞在するホテルを訪れるうちに、誠一はすべてが謎に包まれた彼の不思議な魅力に惹かれていく。
しかし、己の牙で女性の血を啜るニコラエの姿を目撃してしまった誠一は彼に囚われ、彼と肖像画の人物の秘密を知らされるが…!?


いや、しかしこれはあんまりだ…時々あらすじは「間違っちゃいないけどもっと書きようがあるだろう!」という場合がありますが、これは…完成原稿読んだのか?と言いたくなります。


続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 柊平ハルモ | comments(8) | trackbacks(4) |
地元デートスポットで萌えてみる!(笑)
20060701_59798.JPG
大学生の時実は私も心理専攻でした。
といっても心理なんてちゃんと専門絞って勉強できるのはそれこそ院に進んでからなので、四大卒なんて心理専攻と名乗るのもおこがましいのですが。

ガッシュ文庫 柊平ハルモ 「純愛本能」を読みました。


で、ですね。私が行ってた私大は隣県にあるんですけども、この話に出てくる某モンキーパークは近くにありまして。

私が学生だった頃取ってた講義の先生がやはりサル…マニア…(笑)

当時の講義内容が、某モンキーパークのチンパンジーたちの写真をだーっと机に並べて、先生が最初に見せた三匹の写真を参考に20枚以上あるチンパンジーの名前をあてていくんです。

みんなで机を廻って、
「こんなんわかるわけないよね〜!」
「みんな同じサルに見えるんだけど…」
とか文句を言いながら。

一体私達に何をやらせたかったのか…。

そしてそんなほぼあてずっぽう状態の学生たちのなか、なんと名前の9割ヒットという驚異の確率をたたき出した人が一人だけ…!

「サル博士…?」

「サル博士だよ…!マニアだわ〜!」

そんなんじゃない〜!私だってテキトーだったんだよー!

こうして私はクラス中からサルマニアに認定。

ひょっとして講義が一年続けば助手として引きがあったかもしれません(笑)

しかしその先生はサル研究では権威であったらしく、アメリカの大学からお呼びがかかり旅立ってしまいました。

たった3回だけの講義の後に。そして「メーワクかけてごめんね?」ってことでその講義を選択していた学生は全員優をいただきました(笑)

しかしあの実験はなんのために行われたのか未だに謎なんですが…。


てか前フリ長すぎ!
お話は地元のことなのでわかる場所ばっかりで(某モンキーパークは5月に娘の遠足で行ったばっかww)すごくイメージしやすかったんですが…私どっちかとゆーと受が振り回されてうじうじ悩む話って苦手なんですよね…。

「俺って都合のいいセフレなのか…?」

みたく悩むくらいならそんな男は捨てちまえ〜!とか読みながらコブシを握ってしまうので(笑)

最後はお互いの気持ちが通じてよかったね♪なのですが、文中の受のセリフ

「…なんだったんだ、俺らの八年間」

には謹んでこう叫ばせていただきます。


「こっちが聞きてェよ!!」


振り回してると思われながらこの攻もいろいろガマンしていたようです。

二人手を握って片方を振り回そうとすれば、結局軸になってるほうもくるくるまわってるってことですよね!

あとは飛んでいかないようにしっかり手を繋いでいないとねー。

ところで二人が泊まったホテルって、昔私がB'zの出待ち(笑)したホテルで合ってるのかな〜。
その後山ちゃんにも行きましたよ、手羽先食べに♪

しまった、検索ひっかかって間違って来てしまったB'zファンのかたはごめんなさい!

でも私も18年来のファンなので許してね♪


写真は某パーク内のベンチです。ゴリラ素敵でしょ♪
ゆちゅらぶ♪ | 柊平ハルモ | comments(0) | trackbacks(0) |
/ 1/1PAGES /