CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
熱砂の花嫁〜皇子殿下は今日もご機嫌♪〜
熱砂の花嫁 (クロスノベルス)
熱砂の花嫁 (クロスノベルス)
弓月 あや

アラブで花嫁ときたよ!

店頭で目にした時「これはゆちゅさんのための本じゃないの!?」とお友達の何人かには確実に思われたような気がします。

ええ、もちろん私自身「弓月センセーったら、ありがとうございます私のために!」と思いましたとも!(笑)←図々しいにも程が…すみませんすみません(-_-ι)

いや、ホントは次は雅な平安男色絵巻のつもりだったんですけど…うっかり読んだアラブでテンション上がっちゃったんだもーん★

【あらすじ】
「覚えておけ。お前は俺の――太陽の花嫁だ」

心から慕う兄の窮地を救う為、砂漠の小国の皇子ラシードに身を捧げたましろ。
太陽の化身と称されるほどの輝きを持つラシードは強引で傲慢だが、決してましろを傷つけることはなかった。
宝物を扱うような優しい手も、灼けるような愛撫も、妾腹の子として疎まれていた自分には、すべてが初めて与えられるもの。
孤独だったましろは次第に彼に惹かれていく。
だが、ましろなは果たさなければいけない使命があり!?

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 弓月あや | comments(2) | trackbacks(0) |
甘い蜜の記憶〜およしになって、旦那様!〜
甘い蜜の記憶 (CROSS NOVELS)
甘い蜜の記憶 (CROSS NOVELS)
弓月 あや
JUGEMテーマ:読書


甘い蜜の褥の感想はコチラ

前作から二年後、18歳になった瑞葉ちゃんと秋良にいさまは相変わらずラブラブ・・・だけどコレはまだ有効だったんですかっ!?

「褥の中では、私を旦那様と呼びなさい」

前の作品でも瑞葉を愛するあまりいろいろとやらかしてくれたおもろいおにいさまですが、さすがにご無体が過ぎてたまげましたwww

ちょっとちょっと旦那様!?
それはさすがにやりすぎなんじゃ?

…と思いましたが、前作の感想を読み返したら前もろくなことしてなかったよ!(≧∀≦)

【あらすじ】
目覚めた時、平凡な瑞葉の暮らしは一変した。
事故で失った記憶の中で自分は、義兄となる人・秋良と生涯の誓いを交わしたというのだ。
密かに恋い焦がれた彼と結ばれていたことに混乱した瑞葉は拒絶するが、以前の瑞葉を呼び戻そうとした秋良に凌辱されてしまう!?

「きみは私の妻だ。夫が妻を抱いて何がおかしい?」

無垢な筈の体は、彼の愛撫に素直に反応してしまう。
だが過ぎる快感に泣く瑞葉を見つめる秋良の瞳は何故か苦しそうで……。


拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 弓月あや | comments(0) | trackbacks(1) |
執事はヒツジかオオカミか?
i.jpg
執事の誘惑 (CROSS NOVELS)
弓月 あや
JUGEMテーマ:読書


うち意外と検索ワード上位なのが弓月あやさんだったりするんですよね…。

デビュー本から全てのレビューがあるブログというのがあまりない…のでしょうか?
そうなると新刊が出たら紹介しなくてはいけないような(多分に間違った)義務感にかられてしまいます(笑)
すみません、ご本人にとってはかなりの確率で余計なお世話ですよね…。

クロスノベルス 弓月あや 「執事は誘惑する」

「もっと奥まで、私を受け入れてください」

下校途中で攫われた蒼は、見知らぬ屋敷で目覚めた時、少女の服を纏わされていた。
動揺する蒼に、後見人を自称する男は財産相続のために、淑女教育を受けろと強要する。
監禁される日々の中、唯一の味方は美貌の執事・伊織だけ。
だがある夜、蒼は突然部屋を訪れた伊織からの甘い誘惑に抗えず、淫らな恥辱に溺れてしまう。
巧みな愛撫に、無垢な体は翻弄されながらも次第に開花し……。

拍手する

続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 弓月あや | comments(2) | - |
君が素直になれるまで
天使の贖罪 (ショコラノベルスHyper)
天使の贖罪 (ショコラノベルスHyper)
弓月 あや

ヘタレ攻 おあずけプレイ…(≧〜≦))ププッ

お昼のメロドラマなんかもそうなんですけど、行き過ぎるともはや笑いが取れるレベルに突入。

本日はツッコミ満載でお届けしたいと思います♪
あ、誤解のないよう申し上げますが、弓月さん、好きなんですよ?
でも書いてるうちにどんどん辛口になってしまったのでお嫌な方はお気をつけくださいね。

ショコラノベルスハイパー 弓月あや 「天使の贖罪」


孤児の久住優希は、10年間援助をしてくれた『足長おじさん』クリストファー・ロイドのもとで暮らすため渡英した。
クリストファーは秀麗な美貌をもつ伯爵で、優希は優しい彼に、いつしか恋心を抱くようになる。
十六歳の誕生日の夜、想いをとめられない優希は、クリストファーに告白し、受け入れられて彼に抱かれる。
激しく求められ幸せを感じる優希だったが、自分がクリストファーの復讐のために育てられていたという絶望的な事実を知り――。
無垢な少年と冷酷な英国貴族のセンシティブ・ラブ。

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 弓月あや | comments(0) | trackbacks(0) |
旦那様の言うとおりっ♪
甘い蜜の褥
甘い蜜の褥
弓月 あや

世間で書き尽くされたベタなネタをあえて書くことの方が勇気も根性も必要なものですよね。

その点弓月あやさんは称賛に値すると言ってもよいのではないかと。

デビューが花嫁、次がアラブ、そして今作が花嫁で監禁で座敷牢で幼妻だそうです。盛りだくさんです。しかも姉の身代わりとゆーベタ中のベタ。
うーんお腹いっぱい。でもおかわりっ!

『花嫁は別腹』

なるほど、言い得て妙でございます。ごちそうさまでした♪

クロスノベルズ 弓月あや 「甘い蜜の褥」


「褥の中では、私を旦那様と呼びなさい」

家族に愛されて暮らしていた瑞葉は、倒れた姉の代わりに男の元に嫁いだ。
そして、挙式の夜に媚薬を盛られ、夫・秋良から妻の務めだと抱かれてしまう。
昔から兄のように慕っていた彼からの突然の行為に戸惑った瑞葉は、その手を拒み、座敷牢に監禁されて――!?
囚われ抱かれる日々の中で、時折見える彼の優しさに触れる度、姉ではなく自分が愛されているのかもと哀しい錯覚をしてしまうが。

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 弓月あや | comments(6) | trackbacks(0) |
/ 1/2PAGES / >>