CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
ネクタイはほどかせて♪
囚われの脅迫者 (キャラ文庫 あ 3-6)
囚われの脅迫者 (キャラ文庫 あ 3-6)


今日のご紹介は洸さんです。

先日感想を書いた義月さんとは同じサークルでいらっしゃるのでなんとなくタイプに共通点があるというのは納得できるんですけども、それで自分でも気付かなかった好みが判明してしまって、今ちょっとショックです。

自分でものすごく意外なんですけど、私ってもしかして自虐的な誘い受が好きだったんだ――!?
がーん!Σ( ̄□ ̄; (笑)

キャラ文庫 洸 「囚われの脅迫者」


芸能人の聞き込み取材のはずが、殺人事件のネタを掴んでしまった!?
有能な雑誌記者の日高に、スクープをもたらしたのは大学の同窓生・甲斐。
6年ぶりに会う甲斐は、精悍な容貌に妥協を赦さないエリート弁護士になっていた。
ところが、殺人事件の容疑者はなんと甲斐の依頼人だった!
そこで、かつて甲斐に片想いをしていた日高は、互いの情報交換を理由にセックスを持ち掛けて――!

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | | comments(2) | trackbacks(0) |
泳ぐ君が僕を魅せる
その声が僕を焦がす
その声が僕を焦がす


片割れ幽霊な双子ちゃん第二弾ですね♪何日もガッシュ文庫が発売されるのを待って本屋をうろついたのでようやく手に入って嬉しいです♪

ガッシュ文庫 洸 「その声が僕を焦がす」


「それ以上は期待するな。」

尾崎とこころが交わせたかと思った瞬間、冷たく突き放されてしまった右京。
けれど尾崎は、右京がそばにいるのは許してくれる。
その微妙な状態にさえ喜びを感じていた時、尾崎の親友・藤倉に右京の秘密がばれてしまう。
藤倉はより大胆に右京に迫り始め、尾崎は俺よりも藤倉の方が優しいと右京の気持ちを試すような言葉を投げかける。
そんな中、大学の先輩・柏田に災難が降りかかることを知った右京は彼を助けようと動き始めるのだが・・・。

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | | comments(2) | trackbacks(1) |
双子の僕とスイマーと その1
その声が僕を動かす
その声が僕を動かす


最近は買った本を熟成させる期間がだんだん長くなっております。
ワインなら寝かせれば寝かせただけ価値が上がるものを、新刊を定価で買ったのに実際読む頃に検索するとアマゾンで150円くらいになっていてちょっとブルーですよ(T∇T)
でもいいんだ〜面白かったから!

ガッシュ文庫 洸 「その声が僕を動かす」


「俺と一緒に帰ってほしい」

初対面に等しい相手、尾崎哲也にいきなりそんなことを言ったのには訳がある。
氷室右京はある理由から、他人の未来の危機がわかるのだ。
同じ大学の水泳部ホープ・尾崎が事故で再起不能になるかもしれないと知った右京はとにかく尾崎の傍で、彼を守ろうと考えるが、あまりの不器用なやり方に全く相手にされない。
それでも必死に尾崎を守ろうとするうちに、一見意地悪で冷たく見える尾崎の分かりにくい優しさに触れ、彼に惹かれ始めるが…。

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | | comments(4) | trackbacks(2) |
/ 1/1PAGES /