CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
たまにはおねだり♪
ANSWER
ANSWER
崎谷 はるひ

今月、ルチル文庫から崎谷さんの「ANSWER」が新装で出るとチラシで見てびっくりしています〜!

どう考えてもルチル文庫の装丁にそぐわないわ…と思いつつ、懐かしいので今更なんだかフライングなんだかな感想を。
だいっっすきだったんですよこの話ー!ヾ(≧∇≦)ノ♪

ラキアS.EX 崎谷はるひ 「ANSWER」


同情みたいな優しさ。
それが気に入らないと、秦野は真芝に強姦されてしまう。
脅迫まがいの強引さで、さらなる関係を迫ってきた真芝に性欲の捌け口にされる日々。
快楽と羞恥の狭間で、体はすっかり陥落してしまい、心までも引きずられていく。それが怖い。
時折見せる欲望以外の顔に、次第に強く熱くなる抱擁に、何か意味を見つけてしまいそうで…。
支配の様なエゴと激情の様な愛が交錯するセクシャルノベル。


発行前なのでサラっといきます。
ちゅーか、チョコレート本が私あんまりな記事だったのでこれはホメます。大プッシュしますよ!

確かこの本は黒ラキの創刊第一弾だったと思いますが、当時まだいわゆるエロレーベルみたいなのは他になかった気がするのでけっこう衝撃だったかも。

崎谷さんはそれまでもけっこうグッとくるエッチをお書きになる方だなぁ、と思っていたのですがやまねさんの美しいイラストとのベストマッチもあってなんちゅーエロい本なのさ!と読みながら恥ずかしくて身悶えしちゃいましたわ〜(//△//)

まああくまでも当時は、ということで黒いレーベルも出始めだし、今ほど凌辱系の話も多くなかった気がするし、なにより現在の崎谷さんは職人のようにエロを書いてらっしゃるので既に慣れた読者さまには「たいしたことないじゃない」って言われちゃうかもしれないんですけど。

攻の真芝はヘタレ電波系なんですが、受の秦野は自分が心に負った酷い傷から立ち直ったことで身につけた優しさや包容力、強くしなやかな精神をもった男前な人で、自分だけが不幸だと思い込む真芝の身勝手な欲情を憤慨しつつも受け止めて包みこんであげちゃうんですね。

とても強くて優しい人で私は大好きなんです〜♪

対する真芝は最初は電波でヘタレで身勝手でプライドばっかりに縛られた勘違いエリートな人なんですが、酷いことをしてる相手(秦野)に抱きながら抱かれているように包まれて徐々に癒され、同時に秦野の辛い過去を知ることで衝撃を受け、それを乗り越えてきた強さや優しさに惹かれるとともに強引に関係を強要し続けていることへの罪悪感を持つのです。

秦野の方も真芝の態度がだんだん軟化していき、その不器用な優しさに触れるようになってくるといつしか情が芽生え…といった感じでヘタレ電波犬攻×過去を背負った男前受なのですが、切なさもありエロもありで私が今まで読み返した回数では5本の指に入ると思います。

今回改稿されてたとしても↑のストーリィから大幅にズレることはないと思いますが、書き下ろしとかどうなのかな〜?

挿絵なども当時のまま入るのか、あるいは書き下ろしたりされるのかは気になるところです。

今日ちらっと見たところではプラチナの「タイムリミット」はやまねさん表紙描き直されてましたよね?
ちゃんと確認はしてませんが。

「ANSWER」の場合もあのエロい装丁だからこそのエロ麗しい表紙だったと思いますが、ルチルのシンプルで清楚なイメージの装丁ではかなり印象が変わりそうな気がします。

今のところ書き下ろしがあるかどうかで購入を迷ってしまう私が言うのもなんですが、未読の方は一度ぜひお試しください〜♪
つまりこれは特に感想でもなく、大好きな本を他の方にも読んでいただいてやっぱり「大好き!」って言わせたい私のおねだりなのですよ♪

私とご同様に男前な受に目がない方、ツンデレなら攻の方でもかまわない方、電波やヘタレに反応する方、実はオヤジカプ(脇カプ)でも萌えられる方には一読をおススメいたします♪(^-^)
ゆちゅらぶ♪ | 崎谷はるひ | comments(12) | trackbacks(3) |
好きってかわいく言ってみな
チョコレート密度
チョコレート密度
崎谷 はるひ

先生!ここに頭のおかしい人がいますー!!

としか言いようがないです、この攻様。
なまじねこ田さんのイラストがお美しいものだから、もっとワイルド系の外見なら「人の話聞きゃしねえ!」と憤る程度ですが、いっそサイコでしたよ。
もしくはエロの星からやってきたエイリアンですわ〜(T∇T)

ルビー文庫 崎谷はるひ 「チョコレート密度」


苦いけど甘い──逃(のが)れられない恋は、濃厚なチョコの味

大学生の城山が引き受けた、『犬の世話をするだけの超ワリのいいバイト』の雇い主・風見は、いっぱしの遊び人のつもりだった城山など太刀打ちできないような危険な男で──!? 
大人気「ハチミツ浸透圧」第三弾!


あろうことかブログ始めて10ヶ月経とうというのに崎谷さんまともに紹介するのはこれが一発目ですか。
…「ANSWER」先の方がよかったかしら。

以前にちらっとなら大昔の本のことを書いた気もしますが、そうなの。
大昔の崎谷さんが好きなの。
最近の崎谷さんはたまに読むのが辛い時がありますの…。

今回はハチミツのスピンオフと言うことでしたが実はカラメル未読な私…。
城山くんは「ああ!あの先輩!」とすぐわかりましたが、風見はカラメルの方から出演してたんですね〜。
それでも『ワン・アイド・マリア』や弥刀さんに反応するくらいには読んでますよ、崎谷さん(笑)

男前でデカくてモテモテな元攻がお初をいただかれちゃう♪なんて私のだーい好きな萌えパターンなのですが、そして攻がイケズな大人っちゅーのは普段ならもううきゃうきゃとはしゃぎまくってしまうハズなのですが、敗因の全ては風見さんです。
城山に何回「頭おかしい!」って言われてるか数えちゃおうか?
私も城山の倍くらいは呟いてます。
最初に城山をクスリ盛って縛り上げてゴーカンしたのを「電波女にムカついた八つ当たり」とか言ってますが、

電波は貴様だーっっ!!

なんちうか、ねこ田さんの風見が綺麗すぎて本文のイメージと違和感感じちゃって…この色っぽい綺麗な男が見るのもオソロシイビッグマグナムを所持。
少なくとも直径は三十六摺なんですね…。
あとで自分の口径を計ってみよう(笑)

もう城山がかわいそうでね〜。
いや、切なさはあんまり感じませんが。
エロオヤジに翻弄されまくって気の毒といえばそうなのかもしれませんが、わりと愛されてると思うよ・・・?
ひとりでくるくる悩んだりもういやだーっ!とかキレちゃったりしてんのはオトメっぽくてかわいかったですが相手が宇宙人ですからね。悩むだけソンですね。
しかもS。ドSエイリアン。
ハタチやそこらのおとこのこが太刀打ちできる相手ではありません。
その上ママ代わりに慕ってた究極の豹変リバ(笑)ミハルにまで狙われていたみたいですし。
ミハルさん、最強ですね(笑)ミハル受でも風見とのエッチなんて肉食獣の喰らい合いみたいで恐ろしすぎて見たくもないですね。

途中までは「もうなんなの〜、このエイリアン!」と文句たらたら読んでいた私ですが、風見の言葉攻めはちょっとよかったですw
エロいこととか言わせようとするより、一生懸命「好き」って言わせたがってたのがかわいいですよね♪
城山も「じゃあ俺にも好きって言ってみろよ」って、もっと早く言ってみればいいのに〜。しかしそれではこのドSにいじめる隙を見せるようなものだったでしょうか。

風見、エイリアンのうえ肉食獣だからなー、手元にいる間は爪で引っ掛けられてキズだらけになるまで弄ばれちゃうのはしかたないのかも。
逃げたら追うのも習性ですが、捕まって最後に息の根止められちゃったのは果たしてどっちだろう?
城山は割りと好きなタイプだし、結局はラブラブな追っかけっこですからね〜、あまり心配せずにさらっと読みました。
電波女やドラッグパーティーは・・・?とも思いましたがようはこの二人のラブには関係ないので省略ですか、そうですか。

うう、私ってばすっごい文句いいなようですがそれは言わずにいられないの(T▽T)
でも嫌いじゃないから困っちゃうんだよ・・・。最近素直に好き、っていえなくなっちゃったのはどうやら私もご同様なのでした。
ゆちゅらぶ♪ | 崎谷はるひ | comments(2) | trackbacks(1) |
/ 1/1PAGES /