CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
控えめでお願い…(T∇T)
紅蓮の華
紅蓮の華
あすま 理彩

「英国紳士」での多彩な棒表現(←ヤな言い方…)を検証すべく、前から熟成させてあったあすまさんを読んでみました。
ちょっと辛口になりそう…(T∇T)

ガッシュ文庫 あすま理彩 「紅蓮の華」


『裏切り者としての制裁』
それが、恥辱に貶められる始まりだった。
友禅工房の絵師・重は父を殺された過去を持つ。
父の仇を探るため極道の組長・不動の元にいるが、いつしかそれは淡い恋へと変わり、忠誠を誓っていた。
だが、不動が狙撃され、重が犯人と疑われたことから、重の立場は変わった。
「てめえが誰のもんか、じっくりと分からせてやる」
麻紐で縛り付けられた滑らかな白い肌に友禅をまとわされ、その日本人形のような姿を視姦される。
蜜口を練り香で塞がれ、絵筆で嬲られる。
紅蓮の炎に身を焦がし、心は痛みにむせび泣く…。


結論から言いますと、確かにこちらも豊富な語彙を駆使してめくるめくエロをこれでもか!とお書きになっておられましたがこちらのほうは他のことに気を取られてしまうのでさほど気にならないというか…。

組長、これほどのマニアックプレイに凝られるのはもはや極道だからっていうのは理由になりませんよね?(笑)

前回読んだのが乙女ちっくラブ(…)だったからか、シチュエーション的にはこちらの方がうんと萌えます!
極道×友禅作家という和モノ設定もツボでしたし、最近多い所謂ヤクザものとは違う任侠の香漂う作品でホントに設定的には大好きなんですが。

すみません、この散漫な文章にかなりの苦痛を覚えてしまいました…(T∇T)

なにかいちいち大事な部分がすっぽ抜けてる印象を受けてしまうんですよ。
これだけ厚みのある文庫なのにあまり小説を読んだ気がせず、ストーリィ部分はみんなプロットみたいでした。

エロ頑張りすぎー!!(≧д≦)

もう、ものすごくものすごく勿体なくて仕方ありません。

受の重は性格もプライド高くて一本芯の通った男気があり、不動に対する忠義と愛に溢れています。

組長の不動も最初の出会いは重を男娼と間違えて買い上げるといったものでしたが、強がって慣れた振りをしていた重が初めてだと気付くと優しく体を開いてやり、重が実は未成年で病気の妹の入院費のために体を売っているとわかってからは一切手は出さず「いつか返せばいい」と言って援助するのです。
うーん侠気だわっ♪

更に重が成人したのちは友禅作家の傍ら不動に付き従い、周りからも組長補佐候補として一目置かれる存在となり重自身も不動に対する恩義といつしか芽生えた愛のため盃を受ける日を待っているのですが不動は重を構成員にしようとはしません。

不動に敵対する組が重の父を謀殺した疑いもある中、重の美貌に目を付けた敵の組の若頭の策略によって重は不動を裏切ったことにされてしまい6年もの間誰の手もついてなかった身体を散々凌辱されることに。

まあ、結局は不動も重を極道の世界に関わらせずに真っ当な道を歩かせたくて我慢してただけで、敵の若頭に手を出されて(未遂です)嫉妬のあまりブチ切れたというのも丸判りではあるんですが。

なんかもう萌え要素はすっごくあるんですが、これでエロの分量減らしてもうちょっと話の重要な部分をわかりやすく書き込んでいただけたらものすごく好きな作品になったんじゃないかと思って…(T∇T)

やっぱり組長がマニアックプレイにこだわりすぎなんだよ!
針とか麻縄とか練り香とかさ〜。

ただエロはエロで英国紳士よりはよかったです。
ほんとに気合い入ってます、な感じなので思い切って「この話のメインはエロなのよ!」と思い定めておけばその他の部分がプロットみたいでも気にせず読めるかもしれません。

いっそダメダメなら投げて終わりにできるのですが、私的に残念な思いが強くていつも以上に辛めの感想になってしまいました。
こーゆーの書くと自分でもちょっとブルーになってしまうんですが、今日はこれから木原さんの「WELL」を読む予定。
明日浮上できないかもしれません…(T∇T)
ゆちゅらぶ♪ | あすま理彩 | comments(6) | trackbacks(0) |
ベッドでお茶を
英国紳士
英国紳士
あすま 理彩

あすまさんはプラチナのエンドレス・エロには手を出し損ねたのですが紅茶につられてこちらを読んでみました。

ビーボーイノベルズ あすま理彩 「英国紳士」

「他の男には抵抗しなさい、いいね」

新米社員の菜生が英国で出会ったアイスグレイの瞳の公爵エドワード。
クールな貌に反して強引で情熱的な彼から紅茶のレッスンを受けることになった菜生は、完璧なマナーだけでなく、熱いキスまで教えられてしまって…!
練習室、ベッド、夜のティーガーデン…あらゆる場所で与えられる彼の愛は菜生を紅茶色に染め上げ、甘く激しいエッチは恥ずかしいほど熱く…♪憧れの公爵と一生の恋♪


いや、こちらもなんとゆーか十分めくるめくエロでした。ごちそうさま。お腹いっぱい。

各社のレーベルによってそれぞれ得意分野ってありますよねー。
例えばプラチナならエロとかショコラならアラブと貴族がやたらに多いとか。あ、オークションネタも多いな。
そうしてみるとBBNはやはり元祖BL、正統派乙女心をくすぐるシンデレラストーリィが多いな、と感じます。

この本も仕事や家族との関係に苦労しながらも一生懸命がんばる健気な受ちゃんが、英国貴族の公爵さまに見初められて教育を受けるマイフェアボーイなラブストーリィですね。

失礼ながらあすまさんと言えば凌辱っ!と答えてしまうくらい私の中では無理矢理イメージの強い方なのですが、今回は一切ナシ!
あまあまに蕩かされて毎回毎回メロメロエッチなのですよ。
つーか公爵さま、少しお控えください…(T∇T)

内容的にはこれといって指摘すべき点も特にないのですが、正統派乙女ちっくラブなわりにエロがっつりで二度美味しいといえばそうなのかも。

私としてはもう少しエロを抑え目にして菜生とお祖父さんの関係を書き込んでくださるとストーリィ的にも落ち着いて印象深い話になったのでは、と少々残念な気もします。
けして私がジジイフェチとかそういう訳じゃなく。

あと今回読んでてすごく気になったことがあるんです!
最近の作品をあまり読んでなかったあすまさんなのですが、久しぶりに読んでみて「あれ?こんな書き方される人だっけ?」と疑問に思ったことが。

それはエロを書くときの×××の表現方法なのですが。
フツーは作家さまによってだいたい決まった表現がありません?
ファ〇スとかぺ〇スとか。お腰の剣なんてのもありましたが(笑)

あすまさんて、ものすごーく表現方法多くない…?
普通の方は一つの作品なら多くても2種類くらいの表現で書かれるんじゃないかと思うのですが、読みながら「あれっ?」と思って数えてみたらあるエッチシーンでは2ページで5種類もの違う表現でソレを表していらっしゃるのですよ!
さらにその次の2ページと合わせた連続する4ページ中では合計で7つに!

すごい!すごいです、あすまさん!(笑)
いっそ本一冊で何種類の×××表現がでてくるのか数えてみたい気がします。やりませんが。
やはりこれはokapiさんも購入されたという例の辞典は必携なのでしょうか。
てか、あすまさんていつもこんなにいろんな×××を書かれる方でしたっけ?プラチナの方はもっとスゴイのかな〜、気になるな〜(笑)

しかしうっかりこれが気になりだすとつい数えちゃったりして肝心のエロに集中できず困りましたよ(T∇T)

そして今回はあまり出番がなかったんですが、執事のヒューさんのストーリィも予定されてるとか。
どちらかというと一筋縄ではいかなさそうな執事攻、けっこう楽しみかもしれません♪
ゆちゅらぶ♪ | あすま理彩 | comments(6) | trackbacks(0) |
/ 1/1PAGES /