CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
その男、取扱注意!
その男、取扱注意! (角川ルビー文庫)
その男、取扱注意! (角川ルビー文庫)
成宮 ゆり

最初に申し上げますが、JAR〇に訴えるぞゴルァ!ってくらいにはあらすじに偽りアリです。
どこをどう読んだら…仲間由〇恵か!っつーくらいまとめすぎだよ。

面白かったのに勿体ない!!

成宮さんは本はぼちぼち読んでいたのに、こう悪くはないけどとくにひっかかるところもないといった風で、気付けば前の記事から2年半も経っていたのでした…。

そんでもってよっしゃあ!きたー!と思ったのがやっぱり男前受に丁寧語攻なんですねー。受はそれまでタチだったのが攻の前でだけは可愛くなっちゃう♪みたいな?

…成宮さんの作品がどうとかってより、自分のわかりやす過ぎる好みをどうにかしたらいいと思います。いまさら無理っぽいけど。

【あらすじ】
工事現場で働く佐伯は、気が向いたら男女問わず寝てしまう節操なし。
隣に引っ越してきた真面目そうな公務員の緒方に、男同士の恋愛相談を持ちかけられた佐伯は遊び半分で「男の抱き方を教えてあげますよ」と緒方を誘う。
けれど一転、優しそうにみえた緒方に組み敷かれてしまった佐伯は、なぜかそのまま気持ちよくされてしまい――!?
「遊んでそうにみえて…ここは、初心なんですね。本当に可愛らしい」
策略上手な公務員×哀れなヒツジのトラップラブ!

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 成宮ゆり | comments(0) | trackbacks(0) |
酒は飲んでものまれるな〜(T∇T)
純情な恋人
純情な恋人
成宮 ゆり

急に寒くなりましたがみなさん風邪などひいてませんか?

寒い季節はあったかおこたでHOTなBLなど読みたいものですが、うちは居間にしかコタツはないので家族の前では読めません(T-T)

しかも人数多いので全員コタツには入れません。
ダイニングテーブルが定位置です…寒い(┰_┰)

今日のご紹介本は以前感想を書きました「野蛮な恋人」の秋人のお騒がせ兄、春樹メインですよー♪

ルビー文庫 成宮ゆり 「純情な恋人」


不器用なエリート×淫らで奔放な大学生のイマドキ純情ラブ・ストーリー!
別れた恋人に監禁まがいの事をされ、ようやく逃げ出してきた所を、高そうな犬を連れた男・上総に家へと誘われる。
「俺を思い出さないのか?」と聞いてくる上総に全く覚えがない春樹ですが…!?
イマドキ純情ラブ登場♪


どーでもいいことですがドルチェとピアチェのワンココンビがなんて種類の犬なのか気になります(笑)

前回萌えに萌えた作品のリンク作ですが、「野蛮な恋人」のあとがきを読んで

「わー次回作は私はダメかも!」

…と思ったよりはダメじゃなかったです。

攻の遊び人は全然オッケーなんですが(デキたあとまで浮気しなければ)誰とでも寝るみたいな受は苦手設定。

春樹にーちゃんも前の本では相当なお気楽極楽タイプだと思っていたのですが…あれ?なんか違う?

なんだか前に感じたイメージと今回書かれている春樹には結構ギャップを感じちゃったのは私だけ?
この手のタイプがもとより智也と付き合ってたとは思えないなぁ。

逆に私的には読みやすかったんですが。
あのまんまののほほん受なら途中で本投げたかもしれません(笑)

見た目に寄らず意地っ張りで気の強い受が一見エリートのくせにちょっとガキっぽい攻にいつの間にか初めての本気の恋をしちゃってどうしよう!アイツには本命がいるのに!やっぱり俺のことはカラダだけが目当てなの!?…な、話。

最初に春樹は同棲してた恋人に別れ話を切り出したことで逆上され、監禁されていたところを逃げ出して行く宛もなく公園であわや野宿か?というところで上総に拾われるのですが、どう考えても元恋人のとこにいた時よりヒドイ目に会ってる気が…。

上総は4年も片思いしてたのに春樹に綺麗さっぱり忘れられていたことにムカついてかなり手酷く抱いたりしちゃうんですが(4年分の欲求不満もあっただろうしね)、どっちかというと「忘れられた」のではなく「最初から記憶されてなかった」に近いよね…。お酒って怖い(≧д≦)!

余談ですが私なんか泥酔して人格変わってんのに翌日全ての醜態を覚えてますから!それもす〜んごく、いたたまれないです…(T-T)

なんだか八つ当たりに近い理由で冷たい態度を取られているのに気付けばどんどん惹かれてしまっている…ズバリ、ただの面食いだな!(笑)

…と言うのもさすがに言い過ぎだろうと思い、どっかでこう、春樹が思わず恋に落ちちゃうようなきゅーん♪ななにかがあったやろ、と思いパラパラと見返してみましたが、見当たりませんよ!?
マジでだめ〇ず・うぉ〜か〜なんだね、春樹…(T∇T)
一途に春樹に片思いしていた点だけは評価してもいいのかもしれませんが、これはこれでツッコミどころ多数です。

前作がすっごくよかっただけに見方が厳しくなってしまってる点もあると思うんですが、遊び人が本気の恋に落ちる、というところは共通してるんですよね。

顔が好み、とかいうだけじゃなく上総がもっと人間的に魅力ある人物だったらなーとちょっと残念。

春樹は前作読んで覚悟してたほどアホの子ではなくて、けっこう好感もてました。

今回上総にもまた兄が出て来て従兄弟も出て来て、この二人はそれぞれ結局春樹と上総にフラれたことになるんですが。

案外この二人でデキちゃったりして!次回作はそれだったりして!!

上総兄の安曇(親は地理マニアか)はなかなか食えない感じのオトナで、上総がちょっと子供っぽさが目についてしまうので兄のほうが好みかもしれません。

いろいろセンスも弟よりは良さそうだし、ピアチェとドルチェの名付け親はこの人なのかなー(笑)

脇にばっかりときめく嗜好は今日も遺憾なく発揮されてしまいました(≧∀≦)!

まあ顔とカラダで陥落されちゃった春樹ですが、曲がりなりにも初恋らしいので上手くいけばいいなー、と願っております。

春樹自身が構われるばっかじゃなくて相手をかわいいと思えるようになってきたみたいだから大丈夫でしょうけどね!
ゆちゅらぶ♪ | 成宮ゆり | comments(8) | trackbacks(3) |
あなたにおとこのこのいちばん大切なものをアゲル♪
野蛮な恋人
野蛮な恋人
成宮 ゆり, 紺野 けい子

うふふ〜、ここ最近の新刊はかなり私好みが多くてうれしいです〜♪

ルビー文庫 成宮ゆり「野蛮な恋人」を読みました。
またしても素敵なオトコマエ受でございます。いや、オトコマエつーかワイルドつーかバイオレンスつーか。
そのうえノンケ年下攻♪
「あんた+敬語」も萌え要素ですな!

いままでバリタチだったのに年下攻にめろめろなんですよ?
またこの人セリフがかわいーんです♪

「やだ、秋人。俺がんばるから、だからやだ」

「してって言わなきゃ、ダメなのか…?」

いやー言って〜!普段怖い人にうるうるでこんなコト言われたら、そらオチるっちゅーねん!

作者の成宮さんはこれがデビューだそうなので私としては今後に期待大♪

でも次回作はいままで恋人取っ替え引っ替えの春樹兄ちゃんなんですよねー?
うーん。なにせ無類の初モノ好きなので(←それもどうよ?w)経験豊富な受ってあんまり好きじゃなくて…。
とりあえず次の本はどなたかに感想を聞いてからにしようと思います!

ゆちゅらぶ♪ | 成宮ゆり | comments(2) | trackbacks(1) |
/ 1/1PAGES /