CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
欲望と純潔のオマージュ〜美しき亡骸〜
 華藤さん、実はダリアの前作はあまり好きじゃなかったのですけど(攻があまりに身勝手ゴーマン野郎で)今回はお友達2人が大絶賛してたので、積んである「アマンテ」とばしてこちらを(笑)

んもう、カレルが可愛いったらっ!(≧▽≦)
受でも攻でも金髪王子タイプにはさほど惹かれないのですけど、カレルはめちゃめちゃ可愛いかったんです!
ああ、彼に実直で懐が広くてヘタレで報われない片想いとかしてる親友とかいたらよかったのにw

ちょっと…どんどんマニアックな萌えの底無し沼に落っこちていきますよ、この人(笑)

のっけから超★迷走の予感ですが、そんなのはいまさらだ!
気にせずレッツゴー!!

【あらすじ】
京都にある芸術大学の職員・八幡蒼史は著名な陶芸家の母の私生児という境遇から、目立たぬように生きてきた。
だが、チェコからの留学生で若き天才彫刻家のカレル・バロシュと恋に落ち、新たな生き方を模索しはじめた蒼史はカレルとプラハへ行く決心をする。
だが、ある事件が起きて…。
みずから諦めたはずの恋。
しかし病に蝕まれ、先の見えない体になった蒼史は一路プラハへと―!?

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 華藤えれな | comments(4) | trackbacks(1) |
冥愛の鎖〜萌え足りませんでした・・・
冥愛の鎖 (SHYノベルズ)
冥愛の鎖 (SHYノベルズ)
華藤 えれな
JUGEMテーマ:読書


すみません、おみみちゃんあてのコメントレスでもゆーてましたが今回は萌えきれませんでした・・・。

歯切れの悪い感想になることは間違いありませんが、原因を探るため自分探しの旅をしようかと思います〜。

【あらすじ】
「胸にSPバッジをつけているとき、その命はこの世で最も軽くなる──」

警視庁警備局警護課SPの三神文弥は、来日するタハリール共和国大統領の警護にあたることになった。
その打ち合わせの場で、かつて自分を利用し裏切った男・近衛諒一郎と再会し、彼が公安幹部だったことを知る。
公安部と警備部けして相容れることのない存在。
だが、その心の冥く深い闇に触れ、近衛に惹かれていく自分を止めることができなくなり…
追うものと追われる者、危険を孕んだ男たちの攻防が始まる!!

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 華藤えれな | comments(6) | trackbacks(1) |
スレイヴァーズ★プレミアム
Image43111.jpg

私が実家に旅立ったあとで届いてるらしいということで最初はやきもきし、後には誰に見られようともうどうにもならねえや、と達観しつつ無我の境地で邂逅をお待ちしておりました柊一さま、もといスレイヴァーズの全サプレミアムブックです♪

先に手元に届いた木原さんとはまた趣が違い、フルカラーカバー付き豪華小冊子でございますが、それはそれ、これはこれ。
どっちも嬉しいものデスよ♪

こちらはキャラ紹介&年表つきで10年越しの二人の足跡もバッチリ確認できます★

それにしても二人の出会いからは10年ですけど、初出から完結までが9年てことは初期からの読者さまはほとんどリアルタイムで二人の愛の成就を待ち続けていたようなものですね…。

私はノベルズになってからだから7年ですけど、やっぱり感慨深いよなあ(*´▽`*)

今度こそ、最後の最後の感想いってみます♪

拍手する

続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 華藤えれな | comments(4) | trackbacks(2) |
主よ、人の望みの喜びよ
スレイヴァーズグレイス (リンクスロマンス)
スレイヴァーズグレイス (リンクスロマンス)
華藤 えれな
JUGEMテーマ:読書


いやぁぁぁ〜っっ!柊一さまあぁぁ〜っ!!(TДT)ノシ

のっけから絶叫。前巻ラストでヤな予感はしてましたがてっきりまた冴木がマフィアに狙撃でもされるのかと思っていました。
まさか柊一さまがあんな目にあうとはー!!

この巻でいったいどんな酷い目に〜、とハラハラドキドキしていましたが、可憐な見掛けに寄らず案外柊一さまは頑丈にできていました(笑)

えっと、タイトルはラストの教会シーンのイメージで。二人の幸せを願って。

【あらすじ】
使用人である冴木に会社を奪われ、隷属を強いられた柊一。
だが凌辱された憎しみを経て、冴木の狂おしい愛を知り、新たなふたりの関係を築こうとする。
そして自らの想いを冴木に告げようとするが、事故で生死の境を彷徨ってしまう。
ようやく目覚めた時、会社は買収の危機に陥っていた。
自分を助けるため、冴木が会社の命運を分ける会議を欠席したせいで…。
彼と対等な関係になりたいと願う柊一は、会社を取り戻すため闘う決意をするが――。
シリーズ完結!

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 華藤えれな | comments(10) | trackbacks(3) |
心は歌の翼に乗せて
エルミタージュ (リンクスロマンス)
エルミタージュ (リンクスロマンス)
華藤 えれな
JUGEMテーマ:モブログ


華藤えれなさんの異国情緒シリーズ第4弾です。

正直スレイヴァーズの続きが待ち遠しくもあるのですが、エキゾチックロマンスも相変わらず切なく叙情的で美しかった〜♪(*´▽`*)

マスカレードは別として、アルゼンチン、上海、ロシアとどこも叙情的でマイナーな旋律の民族音楽を特徴とする国ですよね。
そしてそれは同じ特徴をもつ曲調を愛する私たち日本人にはどこか郷愁を誘う、心に沁みる音楽であることが言えると思います。

今回はその音楽が重要なキーワードになっていますが、最初はタイトルが「エルミタージュ」だし、美術館を舞台にした絵描きの卵と学芸員の話かと思っていたよ・・・。

リンクスロマンス 華藤えれな 「エルミタージュ」

声楽を学ぶため、モスクワを訪れている留学生の相澤和沙は、歌うことの重圧から、声楽家としての将来に行き詰まりを感じていた。
そんなある日、想いを寄せる音楽教師・セルゲイの亡命に協力したとして、和沙はスパイ容疑でKGBに囚われてしまう。
怜悧な眸をしたKGBの中佐・マクシムに厳しく尋問されるが、沈黙し続けた和沙は、屈辱的な拷問を受けることに。
それは官能的な美貌ゆえ、セルゲイとの肉体関係を疑うマクシムによる激しい凌辱で――。

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 華藤えれな | comments(8) | trackbacks(3) |
/ 1/2PAGES / >>