CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
キレイな愛じゃなくても〜楽園追放〜
楽園追放 楽園追放 かのえ なぎさ

うわお、JUGEMも新管理画面に移行ですってよ!
とりあえずいつでも戻せるらしいので使ってみてますが、使いにくいのか使いやすいのかさっぱりわかりません。
でも心配だから今日帰る前には旧画面に戻しておこう・・・。←ヘタレ。

以前に沙野さんの本でもオムライスが重要アイテムになっていたことがありますが、やはり子供にとって郷愁をそそるというか、ママの味(いや、義兄ですが)というかなんとなく懐かしい気持ちになってしまう食べ物なんでしょうかねえ。かくいう私も大好きですが。

しかし。作り手側から物申すぜ!

けっこうBLなんかじゃ幼いころママの代わりに作ってやったり作ってもらったりするお手軽ごはんとして登場するけどさぁ、オムライスって、めんどくさいんだよ!!!
そんなのいたいけな子供におねだりするなよ。

材料同じなんだから卵チャーハンにしとけ!!

なーんて思うめんどくさがりは私だけですか?
BLに卵チャーハン。新しくてたまにはイイじゃんww

【あらすじ】
青年実業家として成功した奏の前に、10年間、消息不明だった義弟・恭也が現れた。
突然の再会を喜ぶ奏だったけれど、その唐突な恭也の出現を不審に思う友人・三輪から「気をつけろ」と忠告を受ける。
そんな時、奏は恭也と三輪を招待した席で、暗闇の中、どちらかわからない男に襲われてしまった。
漂うコロンは三輪のもの。
けれど抗う奏をきつく抱きしめ、荒々しく奪う口づけは恭也を連想させて……。

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | かのえなぎさ | comments(2) | trackbacks(0) |
君に届けメロディ
i.jpg
アイノコトノハ (リーフノベルズ)
かのえ なぎさ

ただいま絶賛積ん読消化中です。
この本、発行年月日は2007年2月5日になっています。
今は亡きリーフの発行ってことは実際出たのは1月15日ってことだ。
私は新品で発売日に購入したはずです。
…発行日からいちねん醗酵してたってことか(T∇T)

他の本たちも推して知るべし、で今ざくざく発掘作業を繰り返しながらどーして俺はこの本を出た時に読まんかったんやー、と意味のない後悔テンコ盛りですよ。

なんで積んであった本がどれもこれも面白いんだ…!
片っ端から消化しているのでとても感想が追い付きませんが、手軽に読めそうな本から手をつける癖はあらためるべきだな…。

とゆーくらい、すごくよかったです、これ!
ビバ!ツンデレ!ヾ(≧∇≦)ノ

ツンとデレの加減の絶妙さがたまりません♪
かのえさんはツンデレを書くのが本当にお上手。
もっと男っぽい対等なカップルの話も好きなのですけど、年下攻、身分違い、幼馴染み、病気ネタ、ヘタレ×ツンデレと萌え要素テンコ盛りですよ!

実は昨日にゃんこさんと作家さんにとって担当のアドバイスっていうのがいかに重要かって話をしてたんですが、この本のあとがきを読むとそれは全く真実だな、と納得できますよ。
担当さん、いい仕事してますね!

いまさらリーフのレビューかよ!と思われちゃうかもしれませんが、すごくよかったんだもん…。
それにアマゾンでもbk-1でもまだ取り扱いがあるようです。

ご興味ある方はぜひ♪

【あらすじ】
子供の頃、住み込みで働く母とともに大和が暮らした屋敷には、一つ年上の少年・明樹がいた。
でも彼に憧れ、呼びかけても、美しく冷たい明樹が応えてくれることはなかった。
やがてサックスプレイヤーとなった大和はライブの客席に明樹を見つける。
相変わらず高飛車で勝手な彼に振り回されながらも、どこか危なっかしい明樹に強く惹かれていく大和。
けれど明樹が病に冒され、聴覚を失いつつあると知り――。

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | かのえなぎさ | comments(10) | trackbacks(1) |
僕のアニキに手を出すな
髪に触れる愛しい手
髪に触れる愛しい手
かのえ なぎさ, 海老原 由里

前にも書きましたように、私にとってけして作家買い対象ではなかったハズのかのえなぎささん。
なぜかこのレーベルで続けて萌え作品を発表してくださいました。

ゲンキノベルズ かのえなぎさ 「髪に触れる愛しい手」

内容はとくにひねりもなくタイトルまんまの売れっ子美容師(…今もうカリスマとか言わないんだろうか)と偏屈映画監督のじれじれラブでございます♪


「お前の指は……きれいだな」
人懐こい美容師の明良は、編集者・宏樹の紹介で人嫌いの映画監督・正己の髪を切ることに。
気難しい正己は一度は逃げ出すが、明良の指だけは気に入ったよう。
無防備に情を注ぐ明良に次第に心を開き始めるが、酔ったはずみでキスしたことに互いに驚き、意識し始める。
そんな緊張感の中、怪我をした明良は正己の所に転がり込み…!?
猫のようなしなやかさで、頑なな正己の心に触れる明良の優しい指先は、いつしか眠っていた情愛までも呼び覚まし――。

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | かのえなぎさ | comments(0) | trackbacks(0) |
意地を張るのもラブなのです
意地っ張りたちの都合
意地っ張りたちの都合
かのえ なぎさ, 小山田 あみ


なんだかんだでもうじき100個目の記事とゆーことになるんですが、このブログ。
実は3つほど非公開になってるのがありまして。

中身はまだない。
画像だけ用意して宿題になっております(T-T)

そのうち二つ(いっこはもうやめる…)をなんとかあげてしまわなくては、と今からちょっともがきます(笑)

…記念の100個目もなににしようか考えとかないと〜!
よければリクもお待ちしております♪

ゲンキノベルズ かのえなぎさ 「意地っ張りたちの都合」

31歳の若さで大学助教授を務める九条貴之は、恩師にあたる教授の葬儀の夜海外赴任中の同い年のイトコ紘夢からの電話を受けた。

紘夢にとっても恩師である教授の早過ぎる死を伝えると紘夢は泣き崩れ、貴之は二人が愛し合っていた事実を知ることに。

紘夢は教授からの最後のメールで自分への想いを綴った手紙があることを知り、アメリカにいて身動き取れない自分のかわりに手紙が挟まれた本を取って来てほしいと貴之に頼む。

係わり合いになることを嫌がった貴之だが、手紙が人目に触れて二人の仲が露見することを恐れ、渋々引き受けるハメになった。

ところが面倒を恐れ紘夢の名を騙って訪れた教授の家では、既に妻が蔵書を全て古書店に引き取らせた後だった。

慌てて古書店に向かった貴之だがそこで会った店主の息子、真壁は無愛想な上横柄で初対面から喧嘩してしまった貴之は本を手に入れられないまま店を出てしまう。

その次も気を取り直して出掛けたものの、プライドの高さを見抜かれいいようにあしらわれてまたしても手ぶらで帰ることに。

今度こそは!と出掛けた貴之は教授のラブレターを発見して中を読んでしまった真壁に対し、その手紙を

「恥知らずで迷惑だ」

と言い放つ。

これを聞いた真壁は貴之が紘夢の名を騙っていることを知らず

「…腹が立つんだ。人から向けられる愛情を軽く考えるような奴は」

と激昂して貴之を犯してしまう。

初めてで無理矢理だったにも関わらず、実は真壁に惹かれていた貴之は身体ばかりが素直に感じてしまうことに困惑する。

真壁は真壁で教授に抱かれていたであろう紘夢(=貴之)に嫉妬し、そこまで愛されてもその関係を迷惑がることに苛立っての行動だった。

お互い惹かれ合っているのに素直になれない意地っ張り同士の恋愛模様♪

正直言ってかのえなぎささんはいつも買う作家さんという訳ではありません。

がっ!これは萌えた!激萌えの一冊です。

もーこの受の貴之が高飛車なんですよ!いわゆるツンデレですよ!

一人称は「わたし」で喋りは常にえらそう、プライド高いくせに気が短い。

口では文句ばかり言ってるくせにエッチの時はめろめろになっちゃう…ってどれだけ可愛いひとなんだ!

この人が怒ってる姿は子猫がフーフー逆立ってカジカジ相手の指にかじりついてたり、ちっさな子供が癇癪起こしてジタジタしてるところに共通するものがあります。

相手側としては

「ふっ、おバカさんめ♪いくら逆らっても俺様にはかなわんのじゃ!」

と更に小突き回してやりたくなる愛らしさ!

…言葉を飾らなければ

「おまえみてるとイジメたくてうずうずしちゃう♪」

って感じですかね(笑)
つまりサド心を刺激される、とゆーか。

例えばこれは大学の助教授だからキザな学生に言い寄られたり意地悪な古本屋の若旦那に手込めにされる(笑)くらいで済んでますが、もし男子高の教師だったりしたら絶対放課後教室で輪姦されるタイプです。(ヒドイこと言ってるし…笑)

あんまり萌え萌えし過ぎて訳わからんこと言ってますね!

しかしこの二人は案外アッサリ誤解が解けてからもとにかく意地をはりまくり、会話だけなら初々しい中学生のように手探りラブとゆーか駆け引きラブ?
なかなかお互い『恋愛』とゆー言葉に行き着きませんが、カラダだけは素直に反応しちゃってエライことになってます(笑)

とりあえず研究室ではやめなよ…学生ビックリするからさ!(笑)

貴之があんまり可愛いんで特に言及してないんですが、真壁も稚気の残る意地悪っぷりがいいですよーあからさまで♪(`∀´)Ψ
まさに好きな子イジメ!

意地っ張り具合が似た者同士なカップルですが、喧嘩してない時はかなりラブっぽいですよ?
それに喧嘩するほど仲がいいって言いますしね!

どーにも感想まとまりませんでしたが、ツンデレ好きな方にはとーってもご満足いただけるのではないかと思います♪

拍手する
ゆちゅらぶ♪ | かのえなぎさ | comments(0) | trackbacks(0) |
/ 1/1PAGES /