CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
love、as a dog
ご主人様と犬
ご主人様と犬
鬼塚 ツヤコ

エロとじになかなか手を出せず、先にこちらを読んでみました。

なんてゆーか、いろいろ言いたいことはある。
鬼塚さん、文庫で読んでるのはみんなかなり好きなんですよ〜?

やり場のないこの思いを一言で言い表すならばやはりこれしかないのだろうか。

リブレめ〜!(≧д≦)

八つ当たりかもしれませんけどね★
今回厳しいので折りたたみます。
お嫌な方はスルーして下さい〜。

ビーボーイスラッシュ 鬼塚ツヤコ 「ご主人様と犬」


大の人嫌いな超人気No.1ホストの上総は、ある朝見知らぬ青年と裸で寝ていた!
地味でショボい見てくれの平は、外見の割に妙にやらしい色気があって、しかも上総を好きだという。
けれど彼の正体は何と――!?
「なんだよ、このぬるぬるは」
傲慢で淫らなHに震えてるのに、絶対に拒まない健気な平。
カラダの奥まで捧げるように、平の粘膜(なか)は上総を迎え潤っていく。
仕事も休んで貪り合う淫微な同居♪
これってもうケダモノ!?
主従ラブ、超大量書き下ろし!!
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 鬼塚ツヤコ | comments(6) | trackbacks(0) |
どこ触ってんのよー!!(表紙・笑)
濡れた吐息で奪われて
濡れた吐息で奪われて
鬼塚 ツヤコ


今度から予告はやめよう…絶対!
誰が待っててくれるわけでもなし別にいっかなーと思わないでもないんですが、なんか宿題ずっと抱えてる気分で落ち着かないんですよ…。もーこの記事書いたら予告はやめます〜!

ルビー文庫 鬼塚ツヤコ 「濡れた吐息で奪われて」

鬼塚さんの作品を読んだ中では一番好きです♪

この話の攻・辻堂はぜーったい小学校の時学級会で女子に吊し上げ喰らったクチだと思います。

「せんせぇー!辻堂くんが人の話を聞きませーん!」

「先生!辻堂くん勝手なことばかりするんです!」

あるいは好きな女の子につい照れ隠しでキツイこと言っちゃって泣かせたりしてね…。
イメージ的に不器用・ぶっきらぼう・無愛想の3Bって感じです(笑)

対する受の香原夏は他人に嫌われたくないがために、美人のくせに愛想で世渡りするお人よしです。ハッキリ言ってこの人も不器用さんですね。

そんな不器用さん同士が一目会ってお互い自分でも気付かないまま恋の花を咲かせちゃってるわけですが、ある誤解から次の瞬間には夏は辻堂に目の敵にされてしまいます。

二人は役者としてドラマで共演するのですが、最初辻堂の友人がやるはずだった役を、事務所のコネとカラダで取り入って夏が奪ったと思い込んでいるのです。
事務所のコネはともかく、いくら美形でもカラダを使ったとか思う方がおかしいだろ…辻堂。それとも芸能界ってそんなに恐ろしいとこなんですか!?恐っ!
将来娘がアイドルになりたいとか言っても断固反対を決意しました(笑)

しかもねー、最初に押し倒したときに夏は違う、って言ってんのにこの人聞く耳持ちゃしねーの。
学級会吊し上げ決定(笑)
もーその後も好きな子イジメの連続です。
ヤキモチ妬いては押し倒すの繰り返し…。

また夏がね〜子犬のよーに健気ですよ。
辻堂に誤解されてるのが悲しくて、酷くされてもどうしても嫌いになれなくてキュンキュン言いながらついてっちゃうの。…そんでまた犯られるという(笑)
てな感じでエロは多いです。そしてエロいです。
門地かおりさんの挿絵もエロさ爆裂です。この人は漫画も大好きなのですが、挿絵のエロさはまた格別ですね。
いやっ!門地さんについて書いていると挿絵などとゆー単語すらエロに思えてきます…挿(入してる)絵…きゃ〜!自分のバカバカ!恥ずかち〜!(笑)

しかしこの人たちこんだけやりまくってなんでお互いの気持ちとか気付かないの…?とツッコミいれたくもなりますが、しょーがないか。なんといっても不器用さん同士の恋物語なので!
辻堂の子供っぽい面も役者なら許されるでしょう(笑)あとはボクサーとかね。(鬼塚さんのボクサーものもすごく好き♪)
身一つで上って行ける職業についてる人ならば構わないかな〜。

でもエリートサラリーマンが子供っぽいのは私的にはやはりNGなんですけどね!
なお、この本は全編にわたり門地さんの素敵エロ画をお楽しみいただけますが、レジでは口絵を折り返しに挟み、裏返して差し出すことをおススメいたします(笑)
ゆちゅらぶ♪ | 鬼塚ツヤコ | comments(0) | trackbacks(0) |
いくらなんでも16号はヒドイです…
独占のエスキース
独占のエスキース
鬼塚 ツヤコ, みなみ 遥


16号って、指輪のサイズです。ちなみに。間違うか?9号と…。

最初読み始めたあたりは

「らしくないなぁ…」

と思ったのです。
大人でマトモでエリートで。優しくて寛容な上司?
鬼塚さん、カラー違うじゃーん!

しかし読み進むにつれやはり馬脚が現れ出しました。
ひょっとしたら私が今まで読んだ鬼塚作品の中でも一番子供っぽいかもしれません…。

BBN SLASH 鬼塚ツヤコ 「独占のエスキース」

たいがい、この方の作品では攻と受の間に意思の疎通がないか、あっても大変な誤解が生じていてお互いの気持ちがスレ違っている…というような状況であることが多いような気がしますが(ほとんど攻の思い込みの激しさが原因のような気が…)この本に関しては思い込みが強いあまり相手を振り回しているのはむしろ受の悟のほうですね。
攻の暮林は他人の話を聞かないタイプ…というより自己完結型なので多分他人に話を聞くことを思いつかないだろ、お前!とツッコミたい気持ちでいっぱいです。
デリカシーも皆無だし、顔がよくて仕事できて身長高くて御曹司なのにスマートさのカケラもないのは何故なんですかっ!?
この人の親は息子にワインの味なんか教える前に「気配りのすすめ」でも買ってやるべきだったのでは?

恋人(になったつもりの相手)の携帯ナンバー聞き忘れるとか、女性にプレゼントする指輪のサイズ聞き忘れるとか、わりとおとぼけエピソードっぽいのにこの人の場合ほのぼのしないどころか

「バカだろあんた…」

てほんと言いたくなりました。
やっぱりねー、エリート攻なら大人でスマートでないとなー。
その彼にチラリと見える子供っぽさ、少年のような一面に惹かれるんじゃないです?
仕事のできるカッコイイ上司として憧れていた相手が実は中味ほぼ子供だったら惹かれるどころか結構ひくけどな…。

暮林は二人の関係がバレても構わない、とか言ってますが、実はもう同じ設計室のメンバーや同僚の森尾あたりにはバレバレちゃうんかなー。

普段よくできた上司がバイトくんのために怒鳴るわ威嚇するわヤキモチまるわかりじゃあ絶対なんかあると思いますよ。
多分周りは見てみぬフリしてくれてるんじゃないの?大人だから(笑)

事務の山本さんなんかは
「また室長がヤキモチやいてる…」
とか
「井川くん今日は腰がつらそうね」
とかとか
「あらあら室長ったら給湯室のドア閉めてるわ、邪魔しないようにしなくちゃ♪」
とかとかとか、二人を温かく見守っていそうです。

「室長日記」

とかってブログを公開してたりして(笑)要チェックや!

鬼塚さんの攻の強引で嫉妬深くてエッチがしつこそうなところはたいていはワイルドな魅力として納得できるんですが、なんか今回は設定間違えちゃった感がありますね〜。

社会的に中味ガキでも許される人を書いてるときはすっごくハマれる作家さんだけにちょっと残念でした。
文句言って終わり?もちょっとアレなので近々私がとっても好きな作品のことも書きますね〜♪
ゆちゅらぶ♪ | 鬼塚ツヤコ | comments(2) | trackbacks(1) |
/ 1/1PAGES /