CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
接吻のナイフ〜君の全てを奪いたい〜
接吻のナイフ (CITRUS NOVELS) (シトラスノベルズ)
接吻のナイフ (CITRUS NOVELS) (シトラスノベルズ)
五百香 ノエル
JUGEMテーマ:読書


予告通り新年一発目は黒髪攻×金髪受のファンタジーBLです〜。
大好きだったアリとルビーのお話と世界を共有する物語。

これ、新作かと思ったら書かれたのは10年前、雑誌掲載だったんですね。

最近の五百香さんはハジケすぎてなんとも言いようがないのですが、この頃は大好きだったんですよね〜。

この世界観の原点であるゴルチア皇帝の覇王道はすごくすごーく気になるけど、今の五百香さんが続きを書いたらどういう感じなんだろうな…読んでみたい反面、怖くもあり…ジレンマですよ〜(-_-ι)

【あらすじ】
森にひそむ愛のたくらみ・・・。

「森がお前を呼んだんだ。お前は俺にさらわれたがっている」

それ以上森に入ったら危険だ。
モーダ・ゴルチア帝国神聖騎士の小姓リオンは、辺境の森でイァイエン族のユーナイフに助けられ、一夜の契りを結んだ。五年後、よそよそしい再会を果たした彼らは、辺境にひそむ謀略にいやおうなく巻き込まれてゆく・・・。
ユーナイフは囚われたリオンの元に潜入し、二人は激しく求め合うが・・・・・・。
「KISSと海賊」と同時代、別の国の愛の物語。
謎多きモーダ・ゴルチア皇帝と、その側近三人の出自が明らかになる短編「血と紅蓮」も収録。

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 五百香ノエル | comments(0) | trackbacks(0) |
ぷりくらって、プリンス・クラブのことなんだって(笑)
ぷりくら・ろまんす
ぷりくら・ろまんす
五百香 ノエル, 杉原 チャコ

庶民vsセレブ、下町vs山の手、ヘタレ金持ち攻×やんちゃ一般人受でございます。
五百香さんほんっと〜に、このネタ大好きなんですね・・・。もうデビューからしてこれですし、この手のネタと両性具有はこの方のデフォルトだと思われます。

それにしてもこのネタはパ○ットむきだろ・・・と思わないでもない。今までの傾向からして、かの「優・等・生」や「天国までもうすぐ」を出したレーベルからなんでこーゆー本を出すかな〜。
いえ、五百香さんは大好きだし、この方の作品は痛いのからエロまで読みますがショコラではあんまり・・・。アイスがなくなっちゃったから?

本自体はまた楽しく読ませていただきましたよ♪タイトル見たときは買おうかどうしようか迷いましたけど(笑)あらすじを見ただけでもう最後まで読んだような気にもなりましたけど・・・。

まあBL界にはほんとによくある設定ですが、四方院さんちは兄弟三人みんなホモなんですねー。攻三兄弟。ここのうちはもう断絶です。おじいちゃんが現役時代相当がんばったようですから一族の跡継ぎがなくなるわけじゃない。だからホモでもOKなんですねー、おじいちゃん?

読めば読むほど

「BLってファンタジーだなあ!」

と感じないではいられませんが、特にもうなんといってもファンタジックなのはエッチですわ、この人たちの。

いつもの王子様系攻の衣珠人(イシュト、と読みます。ありえねえ・・・笑)から珍しい鬼畜系ワイルドちびっこ攻の幹人まで、揃いもそろってよくしゃべること!やりながらあんだけしゃべったら息切れするじゃん・・・。
受は受で最初からAV女優も顔負けのあえぎっぷり。いくらプレイでもあそこまでウルサイビデオは売れないですよ、きっと。知らんけど。
最近エロに関してはほんとハジけてますね、イオカさん。
ごめんなさい、文句ばっか言ってますが嫌いじゃないです、こんなの(笑)
きっと来月発売のパ○ットの王子様本も買ってしまいます。
あの顔に似合わずちょっと品性に問題のあるエロ王子がエッチの最中またどんなエロい言葉攻めをしてくれるのか、今からとても楽しみです♪

五百香さんの作品で私が1、2を争う大好きな本に

木犀荘に棲む永遠〈1〉
木犀荘に棲む永遠〈1〉
五百香 ノエル

↑こちらがあるんですが、(新書版はなかったので画像は文庫バージョン)
上下巻と二冊も出しておきながら寸止めなんですよ!!
今のイオカさんからは考えられないですよね・・・。
もうこの話が大好きで大好きで大好きだったので二人のえっちが読みたくて悶えましたよ、当時・・・。買ってないけど文庫が出たとき書下ろしでエッチしてないか確かめましたもん。・・・なかった。
えっちなしといってもまるでないわけではなく、まあアレ以外はいろいろともう入っちゃってるみたいですが。あー、読みたかったな〜。

これと、デビュー作の「神様はイジワルじゃない」にはそれぞれ女の子同士のカップルも出ていて、昔えみくりさんとか読んでた方にはそれも楽しかろうと思います。あきらかにえっちなことしてるのはパ○ットのりぼんシリーズくらいでしょうが、この人は百合もお好きなのですね・・・。

「木犀荘〜」と「神様〜」はすごーく前の本なので新書は手に入りにくいと思いますが、どちらも文庫で出ています。(神様は画像なかったけど)
未読の方も多いかと思うのですが、イオカさんの原点だなー、と思える作品ですのでよかったら読んでみてくださいね〜♪
ゆちゅらぶ♪ | 五百香ノエル | comments(2) | trackbacks(0) |
/ 1/1PAGES /