CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
唇にキス 舌の上に愛 ~愛と混乱のレストラン3~
唇にキス 舌の上に愛 ~愛と混乱のレストラン3~ (二見シャレード文庫)
唇にキス 舌の上に愛 ~愛と混乱のレストラン3~ (二見シャレード文庫)

多くの人には心に残る料理や、思い出のお店が存在すると思います。

それは必ずしも高級料理ではなく、お母さんが作ってくれた形の崩れたオムライスだったり、大好きな友達と食べた給食のメニューだったりするかもしれない。
大事なのは大好きな人と一緒に食べた記憶だったり、料理にこめられた自分への愛情が心の栄養になって消えない思い出を育てていくんですよね。

子供だった理人の心は“冬の城”の中で凍てついてしまいましたが、修司と出会った“春の庭”が彼を優しく温め、幸せの息吹をもたらしたように、美味しいものを食べて美味しいと感じる、そんな時にささやかで時に尊い幸せを誰もが手にできればいいのになぁ、と読後はとてもあたたかい気持ちになれました。

この本を読む前、TVでやってた番組の中で「人生最後の日に食べたい料理は?」というのを4択から選ぶというのを家族で見ていて、自分やったら何にするー?って話になりました。

ダーリンは「すき焼きかなあ。何と比べてもすき焼きやな」

「あんたは何やのん?」と義母。
「私やきにくー」「私も焼肉やな」

すみません、庶民丸出し肉食ファミリーで(-_-ι)
誰か一人くらい最高級フレンチとか言えんものか。人生最後なんだよ!?(笑)

そこでゆちゅぴんにも聞いてみました。

「ゆちゅぴんは何が食べたーい?」

「ゆちゅぴねー、たまごやきー♪ママの作ったたまごやき、ひとりでぜんぶ食べたいのー」

ぶわっっ!。゜(゜´Д`゜)゜。感涙!!!

「ゆちゅぴママのたまごやき大好きだからねー、いっぺんそのままぜんぶ食べたいのー♪」

ま、まるかじりか!?(笑)
ちくしょう、可愛いすぎるぜ娘!!゜+。:.゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+゜

そんな日が来たらたらふく食わせてやるとも!
いつまでもママのたまごやきが世界でいちばん♪て言ってもらえるように、ますます精進したいと思います(笑)

いつかゆちゅぴんの胸を暖める“幸福の食卓”が、たまごやきとママの笑顔ならこんなに嬉しいことはありません♪

以下は、できればあわせてお読みいただきたい前作の感想。
愛と混乱のレストラン
美女と野獣と紳士

【あらすじ】
君が好きだ。……嘘みたいだ

貪るように理人のすべてを奪った久我。だが、理人は叶に攫われるように久我の前から姿を消してしまい。シリーズ完結巻!

瀟洒な一軒家のフレンチレストラン「ル・ジャルダン・デ・レーヴ」。
支配人として出向してきた理人には、この店を足掛かりにフレンチの老舗「ゴルド」を買収するという目的があった。
上司の叶はよき理解者だが、父に遺棄された理人は当時の思い出に絡む叶の想いを受めることができない。
その理人の心をさらにかき乱すのは、シェフという立場を超え内面に迫ってくる久我の存在だった。怖いのに優しくて、出会ったときから自分を壊してしまうとわかっていた男――。
嵐のように奪われた一夜が明け、理人の目の前にいたのはしかし。

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 高遠琉加 | comments(6) | trackbacks(2) |
美女と野獣と紳士〜愛と混乱のレストラン2〜
美女と野獣と紳士~愛と混乱のレストラン2~ (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 た 2-12)
美女と野獣と紳士~愛と混乱のレストラン2~ (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 た 2-12)

前作の感想より抜粋。

>理人のかわいいところを知ってどんどんメロメロになるがいい…。(`∀´)Ψ

呪い、効き過ぎた(笑)

理人のあまりの可愛さに前回から既にめろめろだった私やきっと同じように思われた他の読者さま方の念が強力すぎたのか、急展開でエライことになっております〜。

ドSにロックオンされたびくびく野ウサギちゃんは酷い目に遭うってことよね…(T∇T)

しかし!腹ペコオオカミさんにはちゃんとしっぺ返しもあるものですw
作者さまの尻馬に乗っかって言わせてもらうぜ!

次巻が出るまで反省し続けるがいい…ふふふふふ★

今回タイトルが長いから表題にはしませんでしたが、ゆちゅ的にサブタイつけるなら

『野ウサギのレゾンデートル』

ってことで♪

【あらすじ】
久我をシェフに迎え、再スタートを切ったフレンチレストラン『ル・ジャルダン・デ・レーヴ』。
「君が必要なんだ」――そう言って店を辞めようとした修司をなりふり構わず慰留した理人だが、彼には老舗の『ゴルド』を手中にするという野望があった。
食への興味を持たず、上司の叶の助力を得てそれを成し遂げようとする理人。
久我はそんな理人に対して嗜虐心と、心から料理を美味いと言わせたいという相反する気持ちが芽生えてしまう。
お互いを意識し合う二人。
ところが久我のフランス修業時代の恋人が店に現れて――

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 高遠琉加 | comments(4) | trackbacks(2) |
You are salty,but make me delicious.
愛と混乱のレストラン (二見シャレード文庫 た 2-11)
愛と混乱のレストラン (二見シャレード文庫 た 2-11)
高遠 琉加

最近は外食産業ブームの波がBL界にも押し寄せてきてるんでしょうかね〜?

それでもイタリアンや定食屋と比較的リーズナブルで馴染みの深いジャンルが多かったと思いますが、ここへきてフレンチですよ!
フレンチはどうにも敷居が高い気がして私は行ったことないんですよね…うちは同じ値段払うなら中華か焼肉の家だからさ!(笑)

これの感想を書く、と言ったらtatsukiさんには「ゆちゅさんは高遠さんは苦手だと思ってた」と指摘されてしまったのですが、実は苦手もなにもデビューシリーズしか読んだことがないのでした。

麻生さんの挿絵とレストランものにつられたのは明白ですが、高遠さんは少しずつでも既刊を読みたいなーと思っております。

これもシリーズになりそうですが、続きが楽しみですよーん♪

【あらすじ】
赤字続きで休業に追い込まれたフレンチレストラン「ル・ジャルダン・デ・レーヴ」復活のため本社外食事業本部から出向してきた鷺沼理人は、若手シェフ・久我修司の引き抜きを試みる。
確かな腕を持ちながら暴力沙汰を起こし、今は実家に戻っているという久我は、理人の依頼を「あんたが気に入らない」と言下に拒否する。
それでも通い続けてくる理人に久我が提示した条件は「言うことをなんでも聞く」というとんでもないものだった。
しかし、ある理由から店の再興を失敗できない理人は、その崖っぷちの選択を呑むことに。
“夢の庭”の実現は果たして――。

拍手する
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | 高遠琉加 | comments(8) | trackbacks(4) |
/ 1/1PAGES /