CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
毎日が会社デート♪
夢見る星座 (ビーボーイコミックス)
夢見る星座 (ビーボーイコミックス)
草間 さかえ

ちゃんと感想書こうと思って後回しにしていた草間さんですが、翌日とかに書けばいいのにまたほったらかして出遅れ班長(ハスイさん命名)になってしまいました。
まあ最近いつもですけど。

そして番長の場合は人数も定かでない軍団を率いている、もしくは一匹オオカミ的なイメージがありますが、班長ってことは『出遅れ班』てのがあって5人とか班員がいるわけだ。
というわけで班員絶賛募集中!

…今気付いたけど軍団なら団長ですよね。
番長が率いる番てなんなの!?

ビーボーイコミックス 草間さかえ 「夢見る星座」

うなじ、手首の内側、君のほくろはスーツに隠れそうな場所にある。
それを線でつないだら、綺麗な星座になるだろう…。
男たちが日常で抱える秘密の妄想が、ある日美しい恋になった。
誰かに話したくなるような、5つのロマンチック・ストーリーズ★


「夢見る星座」
偶然道を教えてくれた人が、偶然上司になった。
…次の偶然てなに?

素朴なオッサン系セクハラ上司(笑)×一見クールなデキる新入社員。
新入社員・久世は就活の面接にきた時に道に迷い、たまたま道を尋ねたのが後に上司となる柳沼だったわけですが、この時遅刻寸前の久世と一緒に社まで走ってくれた柳沼を好きになってたんでしょうね。

もともとゲイだったらしい久世はホントは柳沼の同僚が言ってた通りメッカ(笑)に詣でるつもりがあったのかもしれませんが、結局まだ誰にもその背中は見せていなかった模様。

柳沼はゲイではなかったのですが、ある日気付いた久世のうなじや耳の後ろのほくろに妙にセクシャルなものを感じてしまいます。
スーツを脱がせて、白い背中のほくろを辿れば綺麗な星座が出来るだろう…。
いやあ、エロいわおっさん!(≧∀≦)
年の功というべきかエロティックでありながら美しい妄想ですよ。
でも妄想だけなら美しい楽しい脳内劇場の一幕かもしれませんが、実際なぞっちゃうとセクハラですからね、気をつけましょう。

短編、すごく短いながらもドラマがありますよ。
直接的な言葉は一つもないのに確かに恋の始まりの初々しさを見せ付けられました。「ハツ〇レ」に匹敵するわ♪
しかし「ハ〇カレ」と違ってアダルトサラリーマンラブですからキスシーンはエロいです。
スーツの足元だけが絡んだコマとか…(≧∀≦)

久世も可愛いしカップルとして文句ないんですが、私としては草間さんの描かれるオッサンにはみんな受けてもらいたくて仕方ないです(笑)
多分外見の少々くたびれかけた乾き具合とか、真面目で素朴でちょっぴりヘタレテイストなところまで、私の好みの受オッサンのどストライクなんでしょう(笑)

「白昼白夜」
メガネ先輩×ストレスフルな後輩。
感想書こうと思って読み返して、「あれれ?」と思ってあとがきみたらやはり名無しでした、この先輩…。

母のいない西野は高2男子でありながらかわりに家事をこなし、食べ盛りの弟、幼い双子の妹、父の面倒を見ていましたが、そこへ嫁いでいた姉までが赤ん坊を連れて出戻ってしまい、不眠の日々を過ごしていました。
そして寝不足でフラフラのところを医務室のヌシと呼ばれる先輩に何故か気に掛けられるようになり、寝場所を提供してもらうことに。
ギリギリだった心とカラダを慰めてもらっちゃいます。

医務室のヌシはいい感じのメガネ攻です(笑)
メガネをかけてると優等生っぽく見える人と頭はいいけど変人ぽい人にわかれるのはなぜだろう…。

全くの余談ですが、ちゃらちゃらしてみえて実はすっごく賢い人はよく見るパターンだと思うのですが、あんなに見た目が鬼畜エリート優等生なのにすっげバカってのは「フラワー・オブ・ライフ」の真島が初めてです。
彼の場合は多分興味のベクトルが完全にあさっての方向をみてるだけだろうと思いたいのですがね…。

「されど美しき日々」
優等生委員長×いじめられっこ。

不細工特集に載ってた話ですね。これすごい好き♪

大好きな子をたとえ傷付けても自分だけのものにしておきたい独占欲は多かれ少なかれ誰にもあるような気がしますが、子供ゆえの残酷さで傷付けあい、自分を勝手に捨てていったと思っていた相手が記憶喪失になっていたなんて。がーん!Σ( ̄□ ̄;

二人だけの閉ざされた幸福の記憶は失われても、人の好みはそうそう変わるもんじゃないのかな。
委員長は再会してまたほぼ一目惚れの勢いで山口くんにめろめろのようです。
…げっ歯類好きなんだね、やっぱり(笑)
私もヤマケンはすごーく可愛いと思う。メガネ姿もツボでした。そしてやはり腹黒優等生はイイですね…ふふふ★

「夏のみちしるべ」
謎の探偵×受験生。

「会いたい人の居るとこに足は引かれて行くもんだ」
亡くなった祖父との秘密のつまった空き家で受験勉強しようとやってきた稔は、謎の不法侵入者と出会いますが、ゲイの稔にとっては好みのタイプだったため強く出られず、謎の男往彦の職業が探偵であったことから口うるさい祖母の差し向けた監視ではないかと疑います。

しかし往彦が枕にして寝てた稔の本…「ゲイのためのお役立ちマップ」←乙女ガイドみたいなものか!?「実録:兄貴と俺」←ベタすぎる!「世界の男祭!!」←私が読みたい…(笑)
すごいラインナップだなー!

すみません、私最初はおじいちゃんの片思い相手だったヤエさんは、実は年季の入った女装ゲイかと思ってました…(T∇T)

稔が熱射病で倒れたあとの二人のやり取りが笑えます♪
元はノンケみたいですが、往彦って色気のあるタイプですよね〜。
男相手でもためらいがなさそうなあたりは百戦錬磨っぽいですね(笑)

メガネで流し目にヤラれました(*´▽`*)
ほのぼのしてたけど、この本では一番ちゃんとエロがあったのかも。
今回のコミックスは全体的にエロは少なめで、でもたかがキスシーン一つでもすごく色っぽかったりエロかったり(笑)するのであまり不満はないです。
いや、もちろんあればあっただけもちろんウハウハ喜ぶんですけどね。

「恋愛恐怖症」
大学の同期生同士。

受の坂本はゲイですが、好きだった(多分)相手にセフレ扱いされたトラウマ持ち。
それ以来真剣な付き合いはせず、自分が言われて傷付いたセリフを相手に叩きつけることで更に傷付くことの繰り返し。
天野はソレを言うときの坂本が苦しそうで見ていられません。

客観的に見て坂本って後ろ向きだし利己的でちっともいい子じゃないんですが。でもかわいそうで可愛いんですよね。

天野もステキメガネ攻です♪変人だけど度量が広そうなので、ちゃんと坂本のことみてて、傷付いた部分を癒してあげられるだろうな、と思います。

「おまけの翌週金曜日」
「夢見る星座」の続き書き下ろしです。

オッサンやっぱりヘタレですね(笑)
久世は初々しくて可愛いし♪

なにげに過ごす毎日も好きな人がそこにいるだけで特別で幸せな日々ですよね〜。
この本唯一のオッサン、年齢的には一番アダルトなのに一番初々しいんじゃなかろうか…(笑)

全体的に見て学生モノが多くてエロが少なめなので大変爽やか系の短編集でした♪

うまく言えないんですが、草間さんのまんがってどこかノスタルジックな雰囲気もありつつ、ふとしたパーツにさえエロさを感じてしまう不思議な作品を描かれますよね〜(^-^)
大好きだ♪
私などはまだまだ草間歴も浅いんですけども、最近続けて草間作品にお目に描かれて嬉しいかぎりです♪

願わくば一度、愛らしいヘタレの受オッサンを描いてくださいますように♪
ゆちゅらぶ♪ | 草間さかえ | comments(18) | trackbacks(8) |
頑丈なのはよいことです
肉食獣のテーブルマナー
肉食獣のテーブルマナー
草間 さかえ

ようやく買ってきました〜。
今日はゆちゅぴんの家庭訪問があるので先生にお菓子を出さなきゃ!…というのを口実に、急にすごーくダコワーズが食べたくなって必死で川越えして本屋&その裏のケーキ屋に来たのですよ。

なのに…ケーキ屋臨時休業だった…そして仕方なく入った別のケーキ屋にはダコワーズはありませんでした(T∇T)

でもいーもん、草間さんのコミックスとリンクスロマンス買えたもん!

drapコミックス 草間さかえ 「肉食獣のテーブルマナー」


安藤はゼミの先輩・水沢が苦手だ。
しかしある日、水沢が双子の兄に秘めた欲望を持っていることを知ってしまう。
秘密を共有した二人の関係は?
その他、兄・亮司のラブストーリーも同時収録!!


「キス、シロップ」
双子兄・亮司編。実はこちらをコミックスタイトルにしたかったみたいな草間さん。
いや、でもかわいすぎるでしょ!今の方が断然しっくりきて草間さんらしいかと…担当さんナイス判断ですね(笑)

最初の方では弟の聡司がまともに顔だししてなかったものですからカップリング(?)をまんまと間違えてました。草間さんにしてやられちゃいましたね。
厳密に言えばタイトルは「キス、コンデンスミルク」なのかも?あからさまでイヤラシイですね!
かき氷つくりながら欲情しちゃう亮司は可愛かったです。

「肉食獣のテーブルマナー」
弟・聡司編。この人には前作のラストで「ぐはっ!そんなオチがっ…!」とまたしてもやってくれたわね草間さん、なのですよ。
短編ですが終止淡々としてる聡司の秘密を知って代わりに泣いちゃう安藤がかわいいですね。
前はイヤだったけど最近受にヒゲがあるのも気にならなくなってきました。そりゃデブとハゲと加齢臭がイケるならヒゲだろーとモミアゲだろーとどんと来いだろうよ。

カップル二組がメシを食うシーンが好きです。安藤ってどこまでもかわいそう…(笑)

「ここだけのハナシ」
爽やかなモテゲイ×接触嫌悪症のネコ耳フェチ。ひそかに人気上昇中なのでしょうか、オタとの恋愛。でも三田は隠れオタなのでそんなに笑えるほどマニアックでもない感じです。単に接触嫌悪があるために恋愛にオクテでうぶな感じ。
いずれ二人でネコミミ美少女エロゲをプレイしているうちに大河内の方がコスプレとかに目覚めちゃうんじゃないの?(笑)

「春の指先」
ピアノ教室で知り合った幼馴染み同士。
ほのぼの…か?子供の時ピアノ教室の試験前に緊張して冷たい手を握って温めてくれた達也をずっと好きな真琴。
生温い関係を終わらせる覚悟で達也が売りに来た布団(どうみてもマルチ商法・笑)の上で自分から乗っかってしまいます。この本唯一のまともなエロ。


帯のアオリの下には『男たちの緻密な愛を描いた珠玉の短編集!』とありますが、どこが緻密…?(笑)
いえ、草間さんに文句があるわけではなく編集部にどーにも用法間違ってんじゃないかって一言言いたいだけです。
アバウトだろ。アバウトだよね!?
でもそこが草間さんの魅力だとも思うんですが。

草間さんの絵柄からするとちょっとびっくりするほど色気のあるエロが正直に言って大好きなので、レーベル的な制約なのか全体にエロがあっさりなのが不満といえば不満ですが。
でもやっぱり面白かったです♪
最後のカバー折り返しの4コマの岸田の脅える様子が(笑)
聡司の鬼畜なセリフがドS好きにはたまらないんじゃないでしょうか?
引き合いに出して申し訳ありませんが、某ハスイさんあたりがとっても喜んでらっしゃるのでは、と推測しております。

どうですかね?ハスイさん♪(笑)
ゆちゅらぶ♪ | 草間さかえ | comments(18) | trackbacks(7) |
まんが甘いかしょっぱいか?
三浦しをんさんのエッセイに感銘を受け、本日より怒涛のまんが道を歩むことにいたしました!

…とゆーわけにもいかないんですが、簡単には。
なにしろまんがは場所をとるからねぇ(T-T)

でもちょっとたくさんまんがを仕入れてきましたので(珍しく!)いくつかご紹介を。

コイイケ
コイイケ
志々藤 からり

ディアプラスコミックス 志々藤からり 「コイイケ」

ディアプラスってまんがも文庫も私的にはハイレベル作家さんが多いです。
この方も初読みなんですが、なんつーの?似たり寄ったりというのとはまた違ってここのまんが家さんはテイストが揃ってますよねー。
小説ではもうあまり若すぎる人たちにときめかなくなって久しいのですが(小説は最近学園モノが不作なせいもある)まんがではこういった初々しい高校生男子たちが学校のジンクスに振り回されたりしちゃうよーなベタなお話も大変美味しくいただいております。

こんなお話ならエロ控え目でも別に構わないんですが、逆にちょっとだけあるエロ展開に異様にドキドキしちゃいますよね♪

ただ一つ不満なのは表題作が一番短くてメガネ率が低かったことだ!
かきおろしのポコちゃんは楽しかったんですけど。
ちなみにうちの娘は不〇家で見知らぬおばちゃん達から

「あらーペコちゃんソックリねー♪」

と言われたことがあります。多分アタリです(笑)

コイノイロ
コイノイロ
上田 規代

ミリオンコミックス 上田規代 「コイノイロ」

またしても初読み。しかし前回メガネ不足に嘆いた私、山田ユギさんにオビでここまでメガネ天国をエサにされちゃあ、手に取らない訳にいかんでしょう!
VIVA!素敵メガネ!
私の中のおっさんも大層ご満悦でございました。

本当にユギさんの解説にあるとおり、きゅ――ん!でつ――ん!でした♪

エロ打率6割5分くらいか?とかなり高めにも関わらず、恋の複雑な妙みたいなものをじんじん感じてしまう、オトメ心を刺激してくれる一冊です。

メインの男の子たちも(子…じゃない人も)初恋同級生もいればクラブのトイレでヤっちゃうビッチくんもいればの豊富なカラーバリエーション。
受けメガネも攻めメガネもいて、なかにはメガネが恋の重要ポイントになってる話もあり、メガネスキーにもおススメです。

まさに色とりどりのパステルボックスって感じなので、皆様にもお気に召すイロがおありですよ、きっと♪

災厄のてびき
災厄のてびき
草間 さかえ

マーブルコミック 草間さかえ 「災厄のてびき」

ハスイさんのところでレビューを読んでから、そして二作めにあたる「はつこいの死霊」を読んでから心待ちにしておりました!新装改訂版!
昼行った本屋で見当たらなかったので、夜また別の本屋に探しに行きましたよ、もう!

ご本人がお書きになっているとおり、たしかに線は太い!すぐ潰れるよねー、ペン先。一作あげるのに何本使うんだろう(笑)

木原さんの本の挿絵からは想像もつかない、絵も内容も!
相当エロいです、でも面白い〜♪

表題作、作家である平尾が火を見ると欲情しちゃう宮沢少年に手出ししちゃった時は、まだ中学生だったんですね!きゃー(≧∀≦)!
じつはカバー下のまんがを読んで宮沢兄×平尾もいいな…なんて思ってしまいました…。
マイブームなんだな、オヤジ受。
熱が覚めるまで生温かく見守ってやってください(T-T)

あとはやっぱり床屋の話が好きです。

そうかー、よくドSな歯医者の話なんかありますけど、考えようによっては床屋って更に上をいきますよねえ?

あのイスに座ってる間は頭やら喉やら急所になる部分を無防備に他人のもつ刃物にさらしてるわけですからね〜。うん、あるイミ淫靡ですね♪
縛られちゃったりしたらもうなすがままですもんね!

男性はなかなか内診台なんかに括りつけられちゃうようなシチュエーションはありえませんが、歯医者と、床屋はアリだよね!

ほんとは床屋は俯いて頭洗うんだと思うけどさ。
見た目は床屋だけど、きっとそれはじいちゃんの代から立ち退きもせんと続けてきた店がそうなんであって、彼は理容師免許持った美容師さんなんですねー。そんで代替わりのときにシャンプー台は入れ換えたんだよ…。

草間さんは絵はどっか昔懐かしな少年まんがちっくなのに、何描いても色気があるのですよ!つーかエロい!(笑)
これもマニア受けなのかしら…と思わないでもないんですが、もっと作品読んでみたいです。


ふー、結局日にちをまたいでしまいました…更新記録途切れちゃったな(T-T)
というほどたいした記録でもないんですが!(笑)

ちょっと寝不足と疲れがたまってか、歯が疼きます〜。
寝ればいいってわかってるんだけど…今夜こそはホモエロ小説を読むのだ!

3連休昼間はどうせなにもできませんからね…(T-T)
休みも幼稚園行ってくんないかなぁ(笑)
ゆちゅらぶ♪ | 草間さかえ | comments(8) | trackbacks(2) |
/ 1/1PAGES /