CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMENDED
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
犠牲獣〜このうえなく甘美で完全な復讐譚〜
 皆様 ご無沙汰しております。生きてます。(毎回第一声がこれってどうなのよ

本当に更新が滞っておりまして、人の噂も七十五日どころか記憶の角にも引っかからなくなった頃にひょっこりと戻ってきたりしているわけですが、そんな辺境過疎ブログにも足を運んでくださってるみなさま、時折拍手などしてくださるみなさま、誠にありがとうございます!!
だいたい拍手いただいた記事は何書いたか本人もいい具合に忘れてるので(おい、)ついでに読み返してはニヨニヨすると同時に私こんなにちゃんと文章書いてたんだ…とやや落ち込んだりもしておるわけです……。いえっ、拍手ありがたいです!!

すべてにおいてサボリ気味…じゃなくて、明確にサボっている私ですが、久々に感想を書かせていただきますよ。
桑原さんはもともとミラージュ大好きでハァハァしながら読んでいたものですが、途中で挫折しましてね…。
なんだか痛々しすぎて見てると辛くて。
そして離脱しっぱなしで今日に至るわけですが、BBNの初BL(えっ!?)の帯と古代マヤをイメージして書かれたということ、そして挿絵の佐々木さんに釣られて久しぶりに水菜さんの本を読みました。

……泣いた…(。´Д⊂) ウワァァァン!

まさに水菜ワールド炸裂な感じの、峻烈な物語でありました。

1冊の本に3話構成になっていて、メインとなる話でも120Pそこそこの短い作品です。
作中での日数も、祭が始まって終わるまでのたったの7日間。
しかも二人が顔を合わすのは太陽が姿を隠し、月に照らされている間だけ。空が白むまでの短い逢瀬です。

なんかこう書くととても甘い、ロマンティックな二人を想像してしまうかもしれませんが、実際には命を狙うものと狙われるもの、そして己の身代わりとして相手の心臓を抉り出す王と、生贄に選ばれた奴隷。
そんな殺伐とした間柄です。

この二人がいったいどんな7日間を過ごすのか…その結末は?

このあとは盛大にネタバレするので続きへどうぞ♪

【あらすじ】
「憎むべき敵に抱かれる気分はどうだ」最強王国の暴虐王バフラム。
彼に祖国を滅ぼされた王子・サクは復讐のため、祭祀の生贄としてバフラムに近づく。
しかしその思いを遂げる前に、サクはバフラムに捕まってしまい、屈辱のうちに犯される。
生贄として心臓を捧げられるまで七日毎晩続く陵辱…。
だがサクはバフラムの孤独に気付いてしまい!?
桑原水菜の描く圧巻のBL世界、ついにノベルズで登場。この単行本のための書き下ろしも収録。


web拍手 by FC2


続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | BL 小説 | comments(0) | - |
優しい芥子の花〜BL読んでアハたいけーん♪〜
JUGEMテーマ:読書
 
こんばんにゃー!
またもお久しぶりの感想です!というか今大阪オフの記事も後半戦書きかけ放置プレイなんだが!!
しかしこのままでは一ヶ月のうちに読書感想文がいっこもないという情けない状態に…だって一応うちはBL読書感想ブログ…。(もうみなさん忘れてらっしゃるかもしれませんが!)
ちうわけで急遽先にこちらの感想を。いや、でもこの本ほんとにご紹介したかったんですよ!?

こちらは花丸の新人作家さまです。
なんとなく上級腐女子のみなさまにはお子ちゃま向けとして敬遠されてる印象もあるレーベルですが、私は文庫創刊当時から読んでたこともあるし、古巣的な意味合いでも今も好きなレーベルなんですよね〜。
たまにこれは!っちゅー新人さんが出てくるのもこのレーベルからが多いような気がします。

そんな中でこちらは私的今月のイチオシ!
いや、あくまで私が読了した中で、になりますが、今月はシャレの海野さんも面白かったんですよ…。
でもあっちはけっこう話題になってて私の周りの方はいっぱい読んでるから…わたしじゃなくてもオススメ記事がいっぱい上がってるはずだ…。

とゆーわけで、これからに期待する意味もこめて!特に年下攻・メガネ・オッサン受・ギャップ萌えなどのキーワードにピピっとくる方にはこそっとオススメしてみたい一冊でございます♪

あ、サブタイにいれたアハ体験は、みなさますでにご存知の方が多かろうとは思いますが、あらためて意味を見ると

今までわからなかったことがわかるようになったときの体験

だそうですよん♪
なんでこんなサブタイが付いてるかは…続きを読んでのお楽しみ♪
でもでもほんとーに「あはぁ〜んww」となりたい方は予備知識なしで本文読んでもらったほうがいいような気がしますよ?www

【あらすじ】
昔の遊びが過ぎた名残で、派手なピアスと二の腕に芥子の花のタトゥーを入れている大学生の政文は、バイト先の常連客で公務員の戸井田に密かに思いを寄せていた。
不良から足を洗ったばかりの政文にとって、優しく大人びた禁欲的な雰囲気の彼は憧れの対象で、大事にしたい存在だった。
しかしある日、めずらしく酩酊状態で店にやってきた戸井田を介抱するために自宅マンションに連れて行った政文は、彼を介抱するうちに我慢しきれなくなり、つい昔の癖で彼を激しく蹂躪してしまい…。

web拍手 by FC2
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | BL 小説 | comments(2) | trackbacks(0) |
立ち読み禁止!〜バカなワンコほどかわいい♪〜
JUGEMテーマ:BL小説
 
すごーく久しぶりに読んだ音理さんです!!
なにか久々読んだら面白かったよー♪ここ最近の既刊をちょっと漁ってこようと思うくらい!!
お仕事もの、特に書店好き・ヘタレわんこ系などがお好きな方には楽しく読めると思いますww

あの…最近感想自体がもはや瀕死の感じの更新になっているんですが、それならそれでがつん!と人気作品とか読んでおりゃー!!と感想書けよたまには、と自分でも思ったり思わなかったりなんですが、それどころかとみにマイナー作品ばかりアップしているような気が…でもいっそみんなが知ってる人気作よりあまり知られてなくてもこれは面白いんだよ!!というのを地味に追い求める路線を極めるのもアリかと思ったり…。

てことはなにかい?私が感想書いてたらマイナー作品認定なのかい?ギャッ★ 

すみません、そんな失礼な!!…でも私が読んでる本、読書メーターでみるとユーザーひとけた、とか多いんだよね…。そしてユーザー一桁でもすっごく面白かった本もあるからもったいないと思っちゃうんですよね…。
誰かさくさく感想かける魔法をかけてください…(T▽T)

あっ、こちらはヒトケタではないですよっ?そ、そりゃ大ブレイクしてるわけでもないけどさ…。
でもこちらの作品もすごく好きなんですよ〜!?オススメ♪

【あらすじ】
通称『エプロン王子』の美形ブックアドバイザー・柚木瑛久。
彼の勤める書店には、不思議な常連客がいる。毎日やってきてはマニアックな本ばかり注文していく、職業不明の男、日比野駆…。
そんな日比野にある日、「男の人とも恋愛できますか」と突然迫られてしまう!
その頃、瑛久が前々から企画していた人気マンガ家・天道カケルのサイン会が実現することに。
しかしどうやら作者はあまり人前に出ることのない、謎の人物のようで…。
 
web拍手
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | BL 小説 | comments(0) | trackbacks(0) |
Home,sweet home.〜素直に愛して、愛されて〜
吉田 ナツ
アスキーメディアワークス
(2010-03-08)

JUGEMテーマ:BL小説
 
ひっさびさの感想です!!
本はいま読みやすさのためまんがばっかり読んでしまい、小説はたまる一方です…。

いや、読んではいるんだけども感想書こう!と思い立ってから実行にうつすまでにぐずぐずしすぎて、そのうちに気持ちの上で新鮮さが失われてしまうという…やっぱなんでも鮮度は重要ですよね。
鉄は熱い内に打て!!萌えはアツイうちに叩きつけろ!!

…なんつーか、新鮮な萌えを今ついったで吐き出しちゃうからダメなのかも。読んですぐ手軽にうはぁぁぁっ!!とばかりにつぶやいて…いや、叫んでしまうからそこで満足しちゃうのかも。
おかげでそちら方面のお友達には某髭えろオヤジ受コミクスをまとめ買いさせるのに成功したりもしてるのですがww
ただ、そういう萌え叫びと感想はまた別物であるべきだよなぁ、とも思うのですが…。

今回の作品は見た目もポップな感じの装丁だし、あらすじも割りとトンチキ系なのでそっちを期待して読んだのですが思わず泣かされてしまいました…。
吉田ナツさんて今までも何冊か読んでるけど、自分的にそれほどしっくりくる作家さんではなかったのにこれは嬉しい誤算!!
あとがきを読むと、どうやら雑誌掲載作を大幅改稿ということで後半かなり書きなおされてるみたいなのですが、ほんとに本編後半から畳みかけるように引き込まれるよ!
いや、実際掲載時は読んでないのでどれだけよくなってるかはわからないんですけどもww

そして書下ろしがまた秀逸でした!!
これは雑誌で読まれたかたもぜひ読んでみるといいんじゃないかな〜?
全編とおして素直さがポイントだったように思います。
すごくかわいい、しみるおはなし。

むーん、ビープリってなにげにいい作品多いんだよね…まったく侮れん!!

【あらすじ】
「監禁されたんだよ、君」
目が覚めると瀬尾は、知らない部屋でにっこりと笑う自分好みの美人にそう告げられる。
猫っぽい雰囲気や目元の黒子が色っぽく、どこかで見たような――専務の安藤だ!と気づいた時には、瀬尾を鎖に繋いで出勤してしまった。
突然の監禁に憤っていた瀬尾だけど、その日から健気に自分の世話をやく安藤をみて、気持ちが傾き始めて…?
その後の甘い同棲生活 書き下ろしつき!

web拍手
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | BL 小説 | comments(0) | trackbacks(0) |
僕の悪魔-ディアブロ- (注:ショタではありませんでした)
これは発売されてすぐはスルーしてたんですが、なんとなく気になって。
いや、ヤクザとかマフィアとか本来そんなに好きでもないのですよ…。
ただ好きな作家さんがヤクザ書かれることも多いから仕方なく読むというカテゴリ?
仕方なくと言いつつ英田さんはDEADLOCKよりエスが好きだったりしますが…。沙野さんも子ヘビが好きだしなあ…チャイニーズマフィアのあの人も好きなんだよなあ…って、普通に読んでるじゃん!!(笑)

まあ言うなれば花嫁モノなんかはただ「花嫁だから。」という理由で節操なく手を出すこともあるけれど、マフィアに釣られて読んでみるってわけじゃない、ということですね。
しかしこれは読んでみてよかったですよ!!すごく面白かったー!!
最初挿絵だけパラ見したときりくがあんまりちっちゃい子に見えたんで、やべぇ!ショタ地雷!!と思いあやうく本を閉じかけましたが、りくくんは見た目はショタっぽいけど17歳でした。
自分的にはまあセーフだ。弓月さんちのみじゅと同じでこの子が男子高校生やってるとこは想像つきませんがね…。

ところでJUGEMに「BL小説」という投稿テーマがあることをいまさら知ったよ…。もう何年やってんの、自分…。

【あらすじ】
 目覚めたらそこは、見知らぬ異国の地だった。
憶えているのは、義父と飛行機に乗ったことだけ。
異国の言葉で話しかけてくる美しい男・クラウディオに、里玖(りく)は心を奪われる。
温かで強引な彼の家族にもてなされ、愛情に飢えていた里玖は束の間の幸せに浸る。
次第にクラウディオに惹かれていた里玖はある日、彼を想いながらした自慰で達してしまう。
彼を穢したことに落ち込む里玖。
だが、クラウディオがマフィアのドンで、自分は取引の為の生け贄だと知り!?

web拍手
続きを読む >>
ゆちゅらぶ♪ | BL 小説 | comments(2) | trackbacks(0) |
/ 1/9PAGES / >>